中編2
  • 表示切替
  • 使い方

ある夫婦の話。

結婚して五年。結婚当初は仲むつまじくやってきた私達だったが、ここ最近はからきしだ。

夫との仲は急速に冷えきり、会話もない。仕事が順調に波に乗ってる私とは違い、夫は事業に失敗して会社をクビになったことがそもそもの原因だった。

プライドの高い彼は、会社をクビになったことは勿論、私の仕事がうまくいってることが気に入らなかったらしい。

一週間前。夫と激しい口論をした。夫が私の家事について「いい加減だ」「大雑把過ぎる」とケチをつけてきたので、夫を口汚く罵ってしまった。

「あんたなんかマトモに働いてもいないクセに!社会から爪弾きにされたカスじゃないの!」

その言葉を聞いた夫は、しばらく沈黙した後、寝室に引っ込んだ。売り言葉に買い言葉とはいえ、ちょっと言い過ぎたかと思ったが、その時は素直に謝る気にはなれなかった。

それ以来、夫とはロクに顔を合わせていない。同じ寝室で一つのベットで寝ているけれど……生活リズムが違うため、顔を合わせることもない。

私は仕事上、朝は6時に起きて7時には出勤し、帰宅するのは午後11時。夫は会社勤めをしていないので、私が出勤する時間になっても起きてこないし、帰宅する頃には既にベットに入って寝ている。

夫婦の仲も生活リズムも、完全にスレ違ってしまっていた。

その日は仕事か早めに片付き、夜の8時前には帰宅することが出来た。リビングで一息ついていると、ふと壁に掛かっていたカレンダーに目が留まる。

「……そういえば今日は結婚記念日だったわね」

夫婦になって5回目の記念日。思えば色々あったけれど、やっぱり私には彼しかいない。彼を愛しているし、これからもずっと一緒にいたい。

一週間前はつまらないことで喧嘩してしまったけれど……今日こそ仲直りしよう。今日なら素直になれる気がした。

期待を胸に、寝室に向かう。既に電気は消され、真っ暗。彼は私に背中を向ける形で横を向いている。私はそっとベットに上がり、彼の横に寝転がった。

「この間はごめんね。あなたの気持ちを考えないで、酷いこと言って。ねえ……仲直りしましょうよ。今日はちょうど結婚記念日だし。今からでもお祝いしない?」

返事はない。熟睡してしまったのかと思ったが……どうも変だ。

時刻は午後8時を回った頃である。小学生でもあるまいし、大の大人がこんなに早くから熟睡するものだろうか。

「あなた……?ねえ、あなた!あなたったら!」

私は夫の体を揺さぶった。すると枕元に空の小瓶が転がっていることに気が付いた。

「あら、何かしら」

スタンドの明かりを付け、小瓶を拾う。

それは中身のなくなった睡眠薬の瓶だった。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
2,1178
2
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

uniまにゃ~さん☞まめのすけ。

コメント、ありがとうございます。

そして貴重な御指摘、感謝致します。睡眠薬一瓶程度では人は死なないのですね。

そして目の付けどころに驚かされました。確かに……。例え死に至らなくとも、何かしらの後遺症はに残りそうですね。その介護に終われることが、究極の「復讐」だったとしたら……。

筆者の私ですら、そんなオチは考えつきませんでした。むしろそちらのほうがリアルで恐ろしいですね。

あゆさん☞まめのすけ。

コメント、ありがとうございます。

あゆさんの仰る通りだと思います。好きな相手だからこそ、素直になれない時もある。でも先延ばしにしていると、取り返しのつかない事態をも招きますよね。

「たられば」

あの時、○○していたら。
あの時、○○していれば。

失って初めて気付く。それもまた、人間の特性なのかもしれませんね。

彩貫さん☞まめのすけ。

コメント、ありがとうございます。

人間関係の脆さ、儚さを描いてみたくて投稿させて頂きました。大切なパートナーのはずなのに、時々無性に疎ましく感じてしまったり……。日々の生活の中で、ふと感じたことを文に興してみました。

日常生活の中にふと潜む闇。生きている人間が引き起こすドラマというのは、時に切ないですね。

現実的には、1瓶位の睡眠薬では死ねないですが…
彼のその後の後遺症などで、奥様にかなりの負担になるかと思われます。
自分の体が不自由になっても復讐となると恐ろしいですね。

些細なことですれ違ってお互いに素直になれない

相手から歩み寄ってくれても素直に応えられない

きっかけになる一言が遅すぎたのですね

愛してるなら素直になりたい

そう思わされました

失ってから後悔したら悲しすぎますね

まだ学生の私には夫婦のことはよくわかりませんが…
些細な出来事で取り返しのつかないことに発展するというのは現実に起こりうることなんだろう、とつくづく感じさせられました。

蘇王猛さん☞まめのすけ。

コメント、ありがとうございます。

温かいお言葉、胸に染み入りました。ありがとうございます。とても嬉しいです。

趣味で投稿させて頂いてる拙い作品ですので、ほんの少し目を通して頂けただけでも充分です。有り難いことです。

ホラーを愛する方々と、こうして接点を持つことが出来、幸せです。

何だか少し切ない話ですね…。すれ違う心が引き起こした悲劇…とでも言いましょうか…。
中々コメントを残すことが出来ませんが、陰ながら応援しております。