中編4
  • 表示切替
  • 使い方

連れて行かないで

wallpaper:156

最愛の夫が亡くなり、生きる希望を失った私は、不眠症と摂食障害に悩まされるようになりました。

睡眠導入剤も全く効く気配はなく、食べ物は、一切受け付けない身体になってしまいました。

頬はこけ、髪は抜け落ち、体重は、ひと月で10キロも減少しました。

nextpage

そんな日が一か月も続いたある日のこと。

ズス・ズス・・ズス・・・ズス・・・・ズス

・・・・ズス・・・ズズズズズ・・・

深夜、家の周りを、誰かが何かを引きずりながら歩く音が聞こえるようになりました。

nextpage

音は、私の部屋に近づくにつれ、徐々に徐々に高くなり、

部屋から遠ざかるにつれて、また徐々に徐々に低くなっていきます。

ズス・ズス・・ズス・・・ズス・・・・ズス

・・・・ズス・・・ズズズズズ・・・

nextpage

そして、しばらくすると、遠くから、また徐々に徐々に、少しずつ少しずつ鈍く重い音を響かせて

ズス・ズス・・ズス・・・ズス・・・・ズス

・・・・・ズズ・・ズズズズズ・・・

と戻ってくるのでした。

nextpage

音は、私が寝ている部屋の前に来ると、ぴたりと止み 10分ほど経つと、また、

ズス・ズス・・ズス・・・ズス・・・・ズス

・・・・ズス・・・ズズズズス・・・

と歩き始めるのです。

nextpage

朝までの数時間、私は毎日、何者かが立てる 

この地獄の底から聞こえてくるような不気味な音に脅えながら、

眠れぬ夜を過ごしておりました。

nextpage

音が聞こえてくる時間帯は決まっていないのです。

一番早い時が午後11時。最も遅い時で午前3時。一番多かったのが、午前2時でした。

nextpage

音は、一晩中響き、ある時間が来ると、突然、ピタリと止み、辺りは何事もなかったかのように静まり返るのです。

nextpage

その時間は、毎日決まって、「午前4時44分44秒」でした。

4という「死」を意味する不気味な数字が5つも横並びしています。

時は、まだ二月。

外は、真っ暗で、寒く、朝と呼ぶには、あまりにも曖昧な時間帯です。

nextpage

ズス・ズス・・ズス・・・ズス・・・・ズス

・・・・・ズス・・・ズズズズズ・・・

雨の日も 曇りの日も 風の日も 雪の降る日も その音は、続きました。

nextpage

私も初めの一か月ほどは、怖くて怖くて

布団の中で、一人脅えているだけの毎日でしたが、

数か月もすると、その音にも慣れて来て、

今日は、何時に来るのかな。まだ来ないのかな。

と、心待ちにするようになりました。

nextpage

wallpaper:154

そんなある日のこと。

友人のUさんから、電話をもらいました。

Uさんは、俗に言う見える人でした。

いささか、現実離れした話をするUさんを、

私は、あまり好きではありませんでした。

nextpage

Uさんは、開口一番。

「Mさん、大丈夫でしょうか。ちゃんと食べていらしゃいますか。

夜は、良く眠れていらっしゃいますでしょうか。

何か最近、変わったことはございませんか。」

と畳み掛けるように問いかけてくるのです。

nextpage

私は、早く電話を切りたくて、

「大丈夫。元気ですよ。ちゃんと食べられておりますし、

眠れてもいますよ。ご心配おかけして申し訳ございません。」

と嘘をつきました。

nextpage

すると、Uさんは、

「今朝、私、夢の中で、Mさんのお母様にお会いしました。

今から7年ほど前にお亡くなりになっていらっしゃるのですね。

お母様は、ふくよかで眼鏡をかけた、優しい面差しの方でしょう。

薄緑色のお召し物を着ておられました。

お亡くなりになる前に着ていたのと同じものでしょうか。

私に、どうか娘をよろしく頼みますと 丁寧にご挨拶して行かれました。」

nextpage

母は、たしかに、Uさんのおっしゃるとおり、

亡くなる少し前、薄緑色の服を着ておりました。

体調不良を訴え、かかりつけ医に向かう途中で急性心筋梗塞に襲われ

帰らぬ人となりました。

nextpage

Uさんは、それら一連の経過を、まるでその場にいたかのように

順を追って話し、

「お母様、それはそれは、Mさんのことを案じておられました。

あまりに悲痛な面持ちでお話なさるので、

私もついもらい泣きをしてしまった次第です。

nextpage

Mさん、私も心配です。今、この電話をしている最中も、

あなたから全く生気が感じられない。

このままでは、最悪の事態になってしまいます。

どうか、お願いです。

食べてください。そして、眠ってください。

生きたいと強く強く願ってください。お願いです。

ご主人は、もう天上にいかれたのです。いつまでも、

未練を残すようなことをしていては、

Mさん、あなた連れて行かれますよ。」

Uさんは、そういうと泣きながら電話を切りました。

wallpaper:118

母の祈りが通じたのでしょうか。

その日を境に、私は、少しずつ少しずつ、食べられるようになっていきました。

吐くこともなくなりました。

それに伴い、不眠症も少しずつ少しずつ、薄紙を剥ぐように改善されていきました。

nextpage

そして、いつの間にか、あの深夜から明け方にかけて、

家の周りを何かを引きずりながら徘徊して歩く人の気配も、

嫌な音も聞こえなくなりました。

nextpage

やがて、季節は、冬から春に変わり、

朝日の昇る時間が早くなるにつれ、

午前4時44分44秒という不吉な時刻も、

それほど怖いとは思えなくなって来ました。

nextpage

私の体重も標準体重にまで回復し、

先日の健康診断では、どこも悪いところはないと

医師からお墨付きをいただきました。

wallpaper:154

Uさんとは、あの日、電話で話して以来、

一度もお会いしてはおりません。

御礼をしたくて、あの時と同じ電話番号に

何度も電話しているのですが、

コール音はするものの

通じないのです。

wallpaper:156

そして、一つ気になることは、

今でも、どういう時なのか、深夜 

ズス・ズス・・ズス・・・ズス・・・・ズス・・・・・ズス・・・・・・ズス・・・・・・・・

と聞こえてくる時があります。

nextpage

数か月間 毎日聞いた音。

そう簡単に忘れることは出来ないのかもしれません。

Concrete
閲覧数コメント怖い
1,36122
24
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

まゆごもり様

『連れて行かないで』に「怖い」をありがとうございます。
心の琴線に触れるような優しいコメントを頂けましたこと嬉しく存じます。
まゆごもり様のお人柄に心癒される思いがいたしました。
感謝いたします。

まずはじめに、Uさんとは、あの日以来、全く疎遠になってしまっておりますが、お元気でいらっしゃるようです。
これは、私の推測なのですが、Uさんもまた、あの頃、尋常ではない状況に置かれていたのではないかと・・・。
それ程親しくはなかったのに、ある一瞬だけつながる「ご縁」の不思議さを思います。

「眠れない」「食べられない」状態が長期間にわたると、心身が衰弱する一方で、感性と言いますか、普段あまり使わない(使わないで済んでいる?)機能が動き出し鋭敏になるように思います。
おっしゃるとおり、「生死の境を彷徨っていた」ために「人知を超えた存在や出来事」に遭遇したのかもしれません。

実は、この二作目を投稿して以来、なぜがパッタリ「書けない」(この場合は、キーボードを打てない)状況に陥ってしまいました。
他の方の投稿作品は、読めて、コメントも書き込めるのですが・・・・。

これも既に天上の人となった方々からの警告なのでしょうか。
ただ単に、私が不精なだけ???なのかも。

返信

描写が細やかで、辛かった時代の様子が切なく伝わってくる感が堪らないです。

人は、生死の境を彷徨った時に常識を超えたモノを見たり聴いたりするのでしょう。

Uさんは、天国のお母さんとご主人が遣わした救いの手だったのでしょうね。

電話で話したその時、Uさんがこの世に生きていた人だったかどうか…

そこも不思議ですよね。私の考え過ぎでしょうか?(^^)

返信