中編3
  • 表示切替
  • 使い方

深夜のエレベーター

これは数年前にあった実話です。

 

その頃、住んでたマンションは七階建てで一階は店舗、二階から六階までは3戸、七階だけが2戸という造りで、オートロックはありませんでした。

そしてマンション最上階の七階のエレベーター前が私の部屋でした。

 

お水だった私はいつも帰るのは深夜3時前後。

そんな時間にエレベーターを使う住民は私だけの様で帰るといつも一階にエレベーターが無灯状態で止まってるのは当たり前でした。

 

ですが、その夜。

 

いつもの様に集合ボックスを覗いてから、エレベーターの△ボタンを押そうとして初めて気づきました。

 

「あれ?……七階に止まってる。」

 

私の隣の部屋は空室なので七階に住んでいるのは私だけです。

 

しかも零時以降は節電の為、止まって暫くすると灯りが消えてる筈なのに。

…変だな…

 

そう思ってボタンを押すのを躊躇ってると、いきなりエレベーターの動く音がしました。

表示を見ると、6、5、4、3…と降りてきます。

途中で止まった感じはなかったので私は(嫌だな、誰か降りてくるんだ)と思いながら出来る限りエレベーターから離れ、待つことにしました。

 

 

「チーン」

 

 

ドアが開く時に鳴る音が深夜のマンションに響きました。

私はドアの向こうを見ました。

 

 

誰もいません。

 

 

「?」

 

 

少しの間があってエレベーターのドアは閉まり…そして上昇していきました。

…2、3、4、5、6、7。「…チーン…」

七階で止まったようです。

 

 

(誰?上に誰かいるの?いたずら?)

 

色んな意味で恐怖を感じて動けなくなっているとまたエレベーターが動く音が聞こえ始めました。

 

 

「ゴォォーーー」

 

「チーン」

 

 

目の前に誰も乗っていないエレベーターがドアを開き…そしてまた上昇していきました。

 

…6…7。「…チーン…」

 

 

そしてまた…3…2…1。「チーン」

誰も乗っていません。

 

 

私はボタンには触れてません。

 

また上昇。七階で「…チーン…」

 

 

 

深夜に誰も乗せていないエレベーターのゴォーと動く音と、「…チーン…」と響く音だけが聞こえ続けるのは正直、叫びたい程だったのですが、

私は恐怖からなのか、どうなるんだ?という好奇心からなのか、そこから動けずにずっと表示を見続けていました。

 

 

やがて無人のエレベーターは行ったり来たりを4回程繰り返し、一階に着くと止まったままドアを開く事なく電気が消えました。

 

 

 

何事も無くなってシーーンとした静寂に包まれると急に恐怖が倍増してきました。

 

(うわぁぁぁ〜怖い!怖い!怖い!)

 

 

 

それでも私は、もう動かないのか?という事を確認したくて2、3分は見ていましたが、エレベーターはもう勝手に動く気配はありませんでした。

 

(どうしよう…部屋へ帰らなきゃ…。いや、でも『コレ』には乗れないよぅ…;)

 

いつまでもこんな所にいる訳にもいかず、かといって乗る訳にもいかず、暫く考えましたが、取り敢えずエレベーター横の階段を上る事にしました。

 

途中で『何か』に出くわすかも、と慎重にドキドキしながら何とか七階まで辿り着きました。

 

(ここに誰かいたのかな…;)

 

が、結局その間、誰にも出くわさず、ドアを開け閉めする音も聞こえず、人がいた気配はありませんでした。

 

 

翌日、単なる電気系統の故障だったかもなぁ…と管理事務所に連絡しましたが、後日、故障は無かったと言われ、あの現象が何だったのか、結局今でもわかりません。

 

 

ただ…あの時、あの状況であのエレベーターに乗らなかったのはきっと正解だった、と今でも感じています。

 

 

あんまり怖くないかも。

文才無くてスミマセン^^;

怖い話投稿:ホラーテラー フラムさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
70620
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

怖いです。