ピエロ ~最終決戦~ [2]

長編8
  • 表示切替
  • 使い方

ピエロ ~最終決戦~ [2]

nextpage

wallpaper:1

ガク「いいかい?次にピエロが現れても、動じるな。怖いと思ったりしたらピエロは更に力を増すからね~。次、君たちの誰の前に現れるかまでは俺にも分からないけど、強くなれ。爺さんの敵を打ちたいならピエロに勝て。それがピエロをやっつける方法だ」

 

…やっと光が見えた。

住職さんの亡き後に突然現れたこの男…

ガクさんがその方法を見つけてくれたのだ。

やっと…やっと終わる。

ここまで一緒に闘ってきた住職さんはもういないけれど…

これ以上犠牲者は増やしたくない…

ここにいる全員、誰一人欠けることなくピエロに勝ち、住職さんに報告するんだ!

!?

ヤバイ…、この感覚…

ピエロが現れる…

nextpage

 

ポポーン  ポポポーン

 

ポポーン  ポポポーン

 

!?

忘れもしないこの音…

nextpage

wallpaper:649

ここは!?

懐かしき、恐ろしい思い出のある遊園地です。

起きていたはずなのに、いつの間にか夢の中へ強制的に連れてこられてしまったようです。

『ギヒ』

ッ!?

耳元でピエロの声が聞こえ、辺りを見回したがピエロの姿はない。

落ち着け…私。

動揺しちゃダメだ。

怖がっちゃダメだ。

頭では分かっているのに、私の心臓は激しく脈を打ちます。

ドクン ドクン - - -

お願い!静まって!!

自分の心臓に言い聞かせる。

『長かったなァ? マイィィイ♪』

ピエロの不気味な声がまた耳元で聞こえた。

ッ!?

しかし周りを見渡しても、やはりピエロの姿はない…。

「どこッ!?…どこにいるの!?」

私は大きな声で叫びました。

『イヒヒヒヒヒ♪ ギヒヒ ヒャハハハハ♪』

私の様子をどこからか見ているのか、今度はフザけた笑い声が遊園地中に響いた。

『 お前は最後だァ♪ これから起こる事 しっかり見ておくんだなぁァア ど~れどれ♪誰からにしようかなァァ~』

姿は見えないけど、ピエロの気配を近くで感じます。

もの凄く怖くて、自分の身体が震えてしまっている事に気付き、震えを止めようと必死に身体に力を入れましたが止まりません。

むしろ、震えが酷くなってきました。

「止まってッ…お願いッ!!…」

いつの間にか私は泣いていました。

呼吸も乱れてきて、怖がっちゃいけないと思えば思うほど、悪循環になります。

こんなんじゃ殺されちゃうよ…。

『キヒヒ 安心しろォォオ お前はまだ殺さない♪ それまでせいぜい残された時間を大事になァ』

!?

ピエロの最後の言葉と同時に、意識が遠のく感覚に襲われました。

nextpage

wallpaper:1

母「マイッ!しっかりして!!マイ!」

ハルナ「マイちゃん!!」

ケンタ「マイ!起きろよ!!マイ!」

リョウ「マイ~!負けるんじゃないぞ!!」

暗闇の中でみんなが私を呼ぶ声が聞こえてきました。

ゆっくり目を開けると、みんなが私を覗き込んで涙を流していました。

私が目を開けると、お母さんは私をギュッと力強く抱きしめてくれました。

私「…無理、無理だよ、怖がっちゃいけないなんて…私、ピエロに勝てる自信ないよ…」

バタンッ!!

「ケンタッ!?え!?ケンターー!!」

突然何かが倒れる音と共にケンタ君のお母さんが大声で叫んだ。

見るとケンタ君が倒れています。

痙攣を起こし、ゴツゴツと音が鳴るほど頭や足を硬い床にぶつけています。

ガク「こりゃまずい…、その子をここに」

そう言って、座布団を並べて作った即席の布団に移動させ、様子を伺った。

ガク「始まったな…。まずはこの子が選ばれたんだ…。」

ケンタ母「この子は…、ケンタはどうなるんですか!?」

取り乱し、ガクさんに泣きながら詰め寄るケンタ君のお母さん。

ガク「こればかりは、本人を信じる他ない。この子が、ピエロの恐怖に打ち勝てるか…」

!?

またこの感じ…

視界が徐々に暗くなり、みんなの声が遠ざかっていく…

nextpage

wallpaper:213

ポポーン  ポポポーン

ポポーン  ポポポーン

!?

「ケンタ君ッ!?」

変な音が響き、周りを見渡すと、教室の片隅にケンタ君が立っていた。

「ケンタ君!大丈夫?」

私は呼びかけながらケンタ君の傍に駆け寄った。

しかしケンタ君は私に気づいていない様子…

気付いてないというより、見えていないし、聞こえていない、というのが正解かもしれない。

ケンタ「どこだよ!?出てこい!!俺がお前なんか倒してやる!!」

ケンタ君はキョロキョロしながら大きな声で叫んでいる。

恐らくピエロに対して言っているのだろう…。

しかし、威勢のいいことを言ってはいるが、震えているのがすぐにわかった。

私「ケンタ君!ダメ!!怖がらないで、ピエロを挑発しないで!!」

私が必死に止めても聞こえていない。

ケンタ君を抑えようとしても、すり抜けてしまう…。

私はここにいてここにはいないのだ…。ケンタ君に対して何もしてあげられない。

きっとピエロは、私に見せようとしているのだ。

この後起こる悲劇を…

nextpage

『よう ボウヤ~♪ 久しぶりだなぁァア? ギヒヒ』

!?

ようやくピエロが姿を現した。

ケンタ「何笑ってんだよ!!お前なんか全然怖くねーよ!」

必死にピエロに威勢を見せるケンタ君。

しかしピエロは、そんなケンタ君の姿を見てケタケタ指差して笑っている。

!?

突然ピエロが私の方に顔を向けた。

右手をピースして自分の両目に指先を向け、その後ケンタ君を指差したピエロ。

《しっかり見てろ》とジェスチャーで言っているのだ。

するとピエロはケンタ君の方に向き直し

『さぁてぇ、何して遊ぶぅぅう?』

頭をカクカク左右に倒しながらケンタ君に近づいていくピエロ。

私「ケンタ君、逃げてーーーー!!」

私の声はケンタ君には聞こえない…。

ケンタ「お前となんか遊ばない。殺してやる!!」

言葉とは裏腹に身体はもうガクガク震えているケンタ君。

そう言って、ファインティングポーズをしている。

『お? 気が合うねぇ♪ 僕もお前を殺すんだぁぁ♪ バトルロワイアルだ!!』

nextpage

wallpaper:1

そう言って、ピエロはコミカルな動きをしながら自分の身体に色々な武器を装備し始めた。

『殺されたら負けね♪あ、武器は持ち込みOKだよ!』

そう言って鼻歌混じりにどんどん武器をいたるところから取り出し始めた。

ケンタ「ずるいぞ!俺は武器なんて持ってきてないぞ!」

今にも泣き出しそうな表情のケンタ君。

『あ、そう… ふ~ん… じゃあ頑張って逃げて♪』

無の表情でそう言い捨て、また楽しそうにナイフ、槍、弓に日本刀…

殺傷能力が高い武器を身体に纏い、敬礼をしたピエロ。

『じゃあバトルロワイヤル始めるよ~? 殺されたら負けだからね~』

ケンタ君は武器なんて何一つ持ってないのに…

ケンタ「卑怯だぞ!!無防備な子供相手に、そんなに武器持ちやがって!!」

『ハ? ハ? 殺し合いに卑怯も何もねーんだよォォオ 死にたくなきゃ逃げるんだなぁァア イヒヒヒヒ♪』

そう言ってピエロは腹を抱えて笑った。

ケンタ君は下唇を噛み締め涙を袖で拭い、走り出した。

私、「ケンタ君!…本当最低、お前なんか地獄に落ちろ!!」

私はピエロに向かって叫んだ。

『地獄? 俺は地獄の番人だよォォオ? 地獄は俺にとっては天国さァア♪』

絶対にケンタ君を死なせない…死なせたくない。

でもどうしたらいい?

私はケンタ君に触れられない…

ケンタ君に私の声は聞こえない…。

私はひとまず、ケンタ君を追いかけた。

…あれ?

なぜだろう…

ケンタ君が今いる場所がわかる…

図工室の机の下に隠れて身を小さくしているのが分かる。

私はすぐにそこへ向かった。

…いた。

机の下で丸くなり、身体を震わせている…

ケンタ「ヤベェ…怖えーよぉ…、怖がるななんて無理だよぉお…本当に俺死ぬのかよぉお」

ケンタ君はボソボソと小さい声で言っていた。

私「…ケンタ君」

『もーいーかい♪ イヒヒヒヒ ギヒヒ 分かるぞぉお お前のいる場所がぁあ』

すぐそこの廊下ではピエロの不気味な声が響いている。

ケンタ君の身体は尋常じゃない程震えている…。

ドスッ ドスッ ドスッドスッ - - -

!?

鈍い音が聞こえ、何が起こったか分からず周りを見渡すとピエロが図工室の廊下側の窓の前に立っていた。

いつの間にか窓は開いていて、ピエロは弓を構えている。

ケンタ君!!?

ハッとしてケンタ君の方に目を向けて私は愕然とした…

ケンタ君の両目、鼻に矢が刺さって貫通している…

「…ッ、いや…やだ、…嘘でしょ?…ねぇ、ケンタ君?」

私の声が聞こえたのか、ケンタ君がこちらを見た。

ケンタ「…マイ?そこにいるの?…俺…どうなってる?メチャメチャ痛いんだよぉ…」

血なのか涙なのか分からない雫がケンタ君の両目から流れている。

「ケンタく…」

ドスッ - - -

私がケンタ君に触れようとした瞬間再び矢が飛んできた。

その矢はケンタ君のこめかみを貫き、その勢いでケンタ君は倒れ、そのまま動かなくなってしまった…。

「嘘…、嘘よね?…」

ピエロは矢が刺さったことをガッツポーズして喜んでいる。

私は血が出るほど下唇を噛み締め、恐る恐るケンタ君に触れてみた…。

!?

触れた…、しかしケンタ君はピクリともしない…。

「イヤァァァァアアアアアアアアア!!!!!!」

私は今まで出したことのない声で叫び、頭を抱えてその場に崩れ落ちるように座り込んだ…。

『ギヒ どうだった?どうだった?カッコよかった? ギヒヒヒヒ♪』

そのすぐ近くでフザけた顔してオチャラケているピエロ。

『ん~、もうちょっと焦らせば良かったなァ 次はそうしよ♪ 楽しみにしてて♪ プラン考えておくから♪』

ピエロの最後の言葉と同時に意識が遠のき始めた。

戻れる… 

ケンタ君…どうか無事でいて…お願い…

何度も繰り返し祈りながら私は意識を失った。

母「……イ?マイ!?」

ケンタ母「…ンターー!!ケンタ!起きてー」

遠くから私とケンタ君の名前を呼ぶ声が聞こえてきた…。

私はバッと目を覚まして、すぐにケンタ君の方に駆け寄った。

今のところ、ケンタ君の顔はなんの異常もない…。

母「…何があったの?」

ケンタ母「マイちゃん!ケンタはどうなったの!?ねぇ!?」

泣いて取り乱しているケンタ君のお母さん。

私は何も言えなかった…。

!?

ケンタ「…母さん?……マイ?…やった、俺、戻ってきた…なんだ、あんな奴怖くもなんともなッ!?…」

グシャッ - - -

ドサッ - - -

ケンタ君は目を覚ました。

その場にいたメンバーがみんなホッとした瞬間だった。

ケンタ母「きゃああぁぁぁああ!!いやぁぁああああ!!……」

ケンタ君の顔がグシャッと見るも無残な姿に変わった…。

一瞬で顔面が血まみれになった我が子を見て悲鳴をあげ、気を失ってしまったケンタ君のお母さん。

ガク「…チッ」

ガクさんは拳を震わせ舌打ちをした。

リョウ君は恐怖で震え上がり、固まってしまっている…

ハルナちゃんは泣きながらケンタ君の名前を呼び続けていた。

私は、頭が真っ白になった。

あんなに近くにいたのに…

さっきまで元気よく喋ってたのに…

私、何も出来なかった…

ガク「マイ!!やめろッ!もう何も考えるなッ、これで終わりじゃないんだ、まだ守らなきゃいけない友達がいるだろう?お前がそんなんでどうする?強くなれ!!」

…ガクさん

さすがの私も、ガクさんが心を鬼にして私に喝を入れてくれているのが分かった。

いつの間にか頬を伝っていた涙を拭い深呼吸をして、気持ちを切り替えた私。

ガクさんの言う通り私にはまだ守らなきゃいけない人がいる…

これからも過酷な戦いが続く…

住職さん…

…ケンタ君、守れなくてごめんね…

私、強くなるから…だから、見守って下さい…

 

nextpage

wallpaper:62

 

 

『キヒ♪ 次は誰にしようかな~ 』

Normal
閲覧数コメント怖い
3,91522
21
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

uniまにゃ~様、コメントありがとうございます♪
いつも、閲覧、コメント、怖い、本当に感謝いたします( ;∀;)
ムカつきますよね~(T-T)
マイがどうなったかは最終話でご覧頂けますので暇なときに閲覧頂ければと思います(;>_<;)

マイちゃん!!!
ピエロなんかに負けるなぁぁ(ーー゛)

ピエロ ムカつくわぁぁぁ

早く次が読みたい(⁎⁍̴̀﹃ ⁍̴́⁎)♡

ハピナ様、コメントありがとうございます♪
返事が遅くなってしまい、申し訳ございません(´;ω;`)
果たして、マイが勝つのか…

死者は出るのか…

最終回で楽しんで頂ければと思いますので、今後もピエロシリーズをよろしくお願い致します♪

ぎゃあーーー!!!
とうとう死者がでた!!
((((;゚Д゚)))))))

マイ絶対勝てよ!ぜーったい!!
ヽ(`Д´#)ノ ムキー!!

ピエロ!次誰か殺したら
あたいが呪い殺してやるー!!
ヽ(`Д´#)ノ ムキー!!ヽ(`Д´#)ノ ムキー!!

………もう誰か死ぬのはやだよ
(இ﹏இ`。)

彩貴様、コメントありがとうございます♪
全て長編の『ピエロシリーズ』を閲覧していただきありがとうございます♪

登場人物に親近感を抱いていたということは本当にお話に入り込んで頂けてたんですね!!

忙しい中、本当に閲覧、コメントありがとうございます( ;∀;)
ここまで皆様に愛読していただけるとは思ってもいなかったので、正直驚いております!!笑

一応次回で最終回になりますので次回も楽しんで頂ければと思います♪

来道様、コメントありがとうございます♪
思わず笑ってしまいました(*´∇`*)
ピエロシリーズを読んでくださっていたんですね♪
感謝いたします(*´∇`*)
次回最終回になりますので次回も楽しみにしていてください♪

粉吹き芋様、嬉しすぎるコメントありがとうございます( ;∀;)

嬉しすぎて7度見しちゃいました!!笑
「絶対的エース」「ピエロシリーズを読めたことが今年一番の出来事」「upaさんの作品なら読むつもり」この3つのワードが私の心を3本の矢で撃ち抜きました!!笑

実は「ピエロシリーズ」を終わらせるかはまだ決めていないんです(^o^;)
マイとピエロの戦いが終わるのかピエロシリーズを終わらせるかはまだ検討してます(^o^;)
なので、次のお話の最後でピエロシリーズ2を出すか出さないかが分かるようにしますので次回作も是非よろしくお願いいたします(*^^*)

ちょっと忙しくて久しく怖話読めてませんでしたが、ピエロシリーズ再来の後編から一気に読ませていただきました。
どんどんとピエロの凶悪性がましてきてますね…
住職も亡くなってしまうし、ケンタまで…
この話の登場人物たちとは親しい知り合いであるような親近感を抱いておりましたので、涙が出そうでした…
マイのことを信じて待つことにします!!
これからも面白い作品よろしくお願いしますね!

け、けんたぁぁぁぁ!

ちくしょう(´;ω;`)
ピエロが女だったらなぁ・・・

俺のマグナムでびびらすのに(´;ω;`)

俺「ペロン(`・ω・´)」

ピエロ子「イ、イヤァァァァァァァァァ:(;゙゚'ω゚'):」

俺「フ。びびったか」

ピエロ子「ち、ちいさすぎてびびるぅぅぅぅぅううわぁぁぁ:(;゙゚'ω゚'):」

あぁ、ある意味夢でありますように

またまたいい所で終わる(~_~;)

クソッ
ピエロが憎いッ‼
でも普通に怖い(~_~;)笑

前編後編を一気に読みました。
前編のコメントにも書いたんですが、やはり終わってほしくありません!
このサイトの絶対的エース(ピエロシリーズ)が無くなっちゃうんですね(。-_-。)
でもピエロシリーズを読めた事が今年1番の出来事だったかな!
upaさんの作品ならピエロシリーズじゃなくても読むつもりなのでピエロシリーズが終わったらまた何か書いて下さいねっ♪笑
ではッ‼

あゆ様、いつもコメント、ご閲覧本当にありがとうございます♪
魑魅魍魎様は、宣伝部長に任命ですねヽ(*´∀`)ノ
短く感じると!?では次は長くなっても皆様飽きずに読んでくれますでしょうか…(´・ω・`)

魑魅魍魎様と同じ気持ちでいてくれてるならあゆ様は裏宣伝部長ですね♪笑
次回作も無い頭を捻って、期待を裏切らない作品を作りたいと思いますのでよろしくお願い致しますヽ(*´∀`)ノ

予定と致しましては年明けに投稿したいと思っております♪

今回も一気に読みました!
毎回素晴らしい恐ろしさ(o^-'')b グッ!
長編なのに短くも感じる程に引き込まれますね。

恐怖に打ち勝つのは難しいですがマイ達には頑張って克服して勝利してもらいたいです。

魑魅魍魎様が宣伝部長をしてくれていますので
お任せしますが魑魅魍魎様と全く同じ気持ちです。(ワラ)

次回作も恐ろしい引き込まれるお話でしょう。
楽しみにお待ちしてます!

しかしピエロは卑怯なヤツですね。ワタシに霊感あればケンタ君に武器届けたかったですょ!引き込まれて本気で思ってしまいました(#゚Д゚)

翔様、いつもコメント、ご閲覧ありがとうございます♪

私の代わりに見所の解説もネタバレしない様な言いましでして頂き感謝ですヽ(;▽;)ノ
私も絶対無理だけどマイはどうなるのか…

楽しみですねヽ(*´∀`)ノ笑

リン様、コメントありがとうございます♪
良かったですヽ(*´∀`)ノ
一生懸命考えて投稿したお話だけど心無いコメント一つで、本当にショックを受けますよね…。。

私は毎回、コメント数が上がる度にビクビクしています…笑
しかし、ピエロシリーズを閲覧してくださっている皆様は本当に優しく、いつも励ましや嬉しいお言葉、応援をくださる素晴らしい会員様に恵まれていますヽ(;▽;)ノ

ピエロシリーズの影響でお話を投稿してくださった方、怖話会員になったという方もいらっしゃいました♪
リン様もたくさんの優しい会員様に恵まれていますヽ(*´∀`)ノ
今後も、楽しみにしてくださっている会員様の為、いいお話を書き続けてください!!
そして『ピエロシリーズ』を好きと言って頂きありがとうございます♪

upaさんへ
コメントありがとうございました!
upaさんのコメントをみて、やる気が出ました!(´;ω;`)
本当ありがとうございます!
私は、upaさんのピエロシリーズ本当好きで好きで…次はどうなるのかいつも想像しております笑
これからも頑張ってください!

前回からの課題の恐怖心の克服が1番の見所になってます(^^)
私には絶対無理だけどマイちゃん達の事は陰ながら応援しつつ、今回も楽しく読ませてもらいました(^^)

魑魅魍魎様、いつもコメント、宣伝、閲覧、本当にありがとうございます♪
ランキングの応援ありがとうございます♪

先月は月間TOP10に4作品入れたのですが、今月は厳しいかもですね…(´;ω;`)

3作品とも最終末に投稿してしまったので…ヽ(;▽;)ノ
今週も終わってしまいますからね~(´;ω;`)
週間ランキングの今の順位ですら感無量になっておりましたヽ(*´∀`)ノ笑

来月は魑魅魍魎様の応援に答えられるよう頑張りますので今後もよろしくお願い致します♪

赤煉瓦様、いつもコメント、閲覧ありがとうございます♪
これ以上ピエロを怖くできるか不安ではありますが、
赤煉瓦様の欲求を満たすため、今後も怖さ、雰囲気がストレートに伝わる作品を作っていきたいと思っておりますので、よろしくお願い致します♪

まず、宣伝から!wみなさん、ピエロシリーズこれは絶対読んで下さい!upaさん前回宣伝を忘れてしまってすみませんでした…
ついに、クライマックスに近づいてきましたね、盛り上がってきたところで終わってしまいました…
続きが凄い気になります!
今後もピエロシリーズ楽しみにしてますのでよろしくお願いします!
upaさん頑張って下さい!
あと、週間ランキング2位、3位おめでとうございます!このまま、週間ランキング1位2位3位全部取っちゃいましょう!w
応援してます!w

upa様ピエロがヤバすぎるよ~! 「地獄が天国」なんて……
この台詞が頭から離れなくなった
その場の雰囲気、緊張感がストレートに伝わって来るので【ピエロシリーズ】大好きです。

ピエロが残虐性と冷酷性が増してきるし続きが楽しみです。