中編5
  • 表示切替
  • 使い方

さくらいろ

功くんとはもうすぐ二年の付き合いになる。

たまに会ってご飯食べたり、お買い物に行ったり、そのあとにはホテルに行ったり。ホテルに直行というときもある。

nextpage

…所謂セックスフレンド。

私は23歳。功くんは32歳。

最近はリアルに三十路過ぎのひとにときめく。

三十路手前の女の先輩が、

「自分が30に近くなってきたら40代がたまらなくなってきた」

と言っていたけど、私もそうなるのかな?

nextpage

◇◇◇◇◇

今日もこれから功くんとデート。勿論恋人として付き合ってるわけじゃないけど、こう言うときもデートと言うのだろうか。

この二年間に私には彼氏がいたときもあるけど、功くんには言ってない。

お互いいい人ができても特に言わない。

内緒にしてるつもりはないけど、功くんの方は頑張って隠してるみたい。

バレバレなんだよね。それは女の勘?というやつかな。

そんなこと言って実は功くんも私に彼氏いるときは分かるんだろうか。

お互い確かめたことはない。だってセフレだもん。

nextpage

それでも、デートとなると張り切る私だ。

今日のお迎えは19時。ご飯は食べないらしいので、きっと何だかんだとホテルに直行だろう。今日の昼休憩は夕方近くだったしお腹は空いてないので、まぁいいか。

お気に入りの下着をつけて、落ちてしまわないようアイメークもしっかりした。

一昨日届いたばかりのお気にのブランドの新作を着て準備OKだ。

テレビを見ながら連絡を待っていると、功くんからメールが届いた。

アパートの下に着いたらしい。香水をひと掛けして部屋を出た。

nextpage

功くんのカーステからは時々私がリアルタイムで聞いたことがない曲が流れてくる。カラオケで歌うと先輩たちにウケがいい曲ばかりだ。

nextpage

◇◇◇◇◇

車は住宅街から少し離れたバイパス沿いのホテルに着いた。

わりと最近出来た新しいホテル。アメニティーも充実してて料金の高い部屋には露天風呂も付いている人気のホテル。週末の夜には満室で入れない。お泊り組で空かないからだ。

今日は平日なので割と空いてる

二人で露天付きの部屋を選んだ。

nextpage

部屋に入ると功くんは露天風呂にお湯を張り始めた。室内にもお風呂はあるがやはり露天の方が二人とも好きなのだ。

部屋に入ってすぐに洗面所やトイレ、バスルームがある。

そして部屋の中央の壁にテレビがあってちょうどテレビが見やすい位置にベッドがある。

露天は部屋の奥。もちろん窓の外。

nextpage

お湯がたまるまでカラオケでもしようとリモコンを取り

ふかふかで大きなベッドにダイブした。気持ちいい。ベッドが大きいとなんでこんなに満ち足りるのか不思議だ。

一人でにこにこしてる私を見て功くんは少し笑ってた。

功くんが笑うと嬉しい。私はまたにこにこと笑った。

nextpage

功くんはお湯を見たり曲を探したり、部屋と露天を何往復かしてた。

お風呂の前にトイレを済ませておこう。夏だからってエアコン強すぎたかな?トイレの個室で少しぶるっと身震いした。

nextpage

功くんは服を脱ぎ始めてた。私もベッドに座りながらアクセサリーを外した。

先入ってるね!

と功くんは間接照明でムード満点の露天へ。天蓋もあるお姫様みたいな露天。

窓は開けっ放しだ。早く来いということか?素直で分かりやすい性格が好き。

nextpage

功くんに遅れて私も服を脱ごうと視線を部屋へ戻した。

シャツのボタンを外しにかかる。目の端に何か見えた気がした。余りに音もなく静かだったので気が付かなかった。

あれ?功くんは今、露天にいるよね。振り返ると露天に浸かって鼻歌を歌う功くんがいた。

あれれ?

視線をまた部屋に戻した。

nextpage

こっちを向いていた。

黒い髪が肩までのボブ。白いブラウスを着て膝丈の桜色のスカートを履いている。

こっちを向いて私のことを睨んでる。

顔中に怒りが溢れてる。表情なんて生易しいものじゃない。

唇が切れそうなくらい歯を食いしばっていた。

nextpage

人間、訳のわからない事態が起きると反応ができないらしい。

見つめたくないのに見つめていると、すぅーっと音も無く近付いてきた。

距離は3m…1m…と縮む。

僅かな時間なのに、長いような気がした。

白い手が私に伸びて、その人は眼前にいた。

ひやりと私の頬に風が動いた。その人の手だ。

冷たい。触れていないのにこんなにも冷たい。

nextpage

動けなかった。夏といえこんなに汗をかいたことはない。

ずっと相手の目から目を離せないでいた。冷たい眼をしてる。ぞっとした。

暑くもないのに汗が止まらない。寒い。喉はヒリヒリして声は出なさそうだ。

その人が口を動かした。

nextpage

…ナンデ?

声が聞こえたような聞こえなかったような。大人の女性の声だった。

しーちゃん、早くおいでよ!

後ろから功くんの声。反射的に露天の方に振り返る。

振り返りざま彼女から目を離してよかったのか頭をよぎった。

nextpage

けれど、私の不安は良くも悪くも裏切られた。

彼女は功くんのすぐ近くまで移動していた。

しーちゃん、まだ?何してるの?

功くんに彼女は見えていないらしい。まだシャツすら脱いでない私を訝しげに見ている。

その間も彼女は功くんに静かに近づく。

nextpage

先程と同様、声が出ない私。

功くんに手が届く距離まで迫った彼女は、振り返り私を見る。

…ナンデ?

まただ。また声が聞こえたような聞こえなかったような。

なぜ彼女に質問されるのか分からない。勿論見たこともない人?だ。

浴槽の縁に屈み彼女は功くんに手を伸ばす…。

しーちゃん体冷えたの?震えてるよ?早くあったまろう。おいで。

nextpage

…ワタシヲミテ。

彼女は両手で功くんの頬を…。

待って!!

え?しいちゃん?

あ、待ってて。功くん今行く。

私が声を出したら彼女はすっと消えてしまった。

nextpage

◇◇◇◇◇◇

どっと疲れが出た。功くんに誘われるまま露天風呂に浸かる。

早く出たかったけど、功くんになんて言っていいか分からなかった。

彼に質問をしてみた。黒髪のボブで20代後半、落ち着いてる感じの人は知り合いにいるか。

彼にはそんな知り合いはいないという。

あの人、怖かったけど綺麗な顔をしていた。そして悲しそうだった。

彼女は一体何者だったんだろう?

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
2,51716
14
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

来道様。
さくらいろのおしまいを書いたわけですが、実は番外編を書いてます。
お呼びしましょうか?え?あ、辞退されますか|д゚)チラッ
その方がいいかも知れませんねw
幽霊となんて…何が起きるか分かりませんもんねw

ナンデ?
と、いわれてもヤダ怖い´д` ;

複数プレイをしたかったのに、叶わず亡くなられた方か( ;´Д`)
次回呼んでください(;´Д`A
いややっぱいいです(;´Д`AA

霞様。

後輩も怖がっていました(´;ω;`)私もその話は涙目で聞きました(´Д⊂ヽ

怖いと涙が出る質なのですΣ(´∀`;)

リアルな二人は元気でやってるようです(*^^*)

睨みつけていた女性はいったい誰だったんでしょうか……。怖いですね(^^;;
読んでいて、思わず鳥肌が立ちました(ー ー;)
霊にしろ生きている人にしろ、恨みをぶつけられるのはとても怖いものですね。
お二人に、何事もなければいいのですが……。

龍悟様。
コメントありがとうございます(*^^*)書き手の方にお褒めを頂けると、なお一層励んでいこうと嬉しく思います(#^^#)後日談、書き始めました。今月中にお披露目目指します(^^ゞ

話に引き込まれました!後日談も楽しみにしてます!!

ゆ様。
惹かれましたか!?嬉しいです(*^^*)マイペースで頑張らせて頂きます♪

ゴルゴム様。

エロいですか笑
とうしよう。エロ線行ったほうがいいのかな?

文章にすごく惹かれました。
読んでいて、とても面白かったです。

ローザ様。
あけましておめでとうございます。

作品アップされておられたんですね。
怖いというよりエロいです。
次作楽しみにしております。

明けましておめでとうございます。初詣で末吉を引かせて頂きました。怖話のみなさま今年もよろしくお願いしますm(__)m
彩貴さま。
お褒めを頂いて元旦からいい日になりました(*^_^*)ありがとうございます(*^^*)頬が緩んじゃいました(#^^#)

後日談があるので、また投稿した際には彩貴さまにも読んで頂けたら幸いです(^^ゞ

ローザさんはコメント欄でよくお見かけしていましたが、コメントがお上手だなと思っていたら、作品もおもしろくてつい読んでしまいました!
また投稿されますかね?投稿されることがありましたらまた読ませていただきたいと思います!
あ、良いお年を!(^-^)

あゆさま。
実際の話でも、どうやら彼には例の何者かは見えなかったそうです。そして、特徴を伝えたところ、知らないと。。。

しーちゃんは功くんに元カノたちのプリクラ等見せてとお願いしましたが、見せてもらえなかったそうです。…。あやしいですね笑

後日談、頑張ります(^^ゞ

まめのすけ。さま。
ありがとうございます(*^_^*)コメント頂けるのってとても安心しますね!不安渦巻いていたので、救われました笑感謝いたします。

実は後輩が体験したリアルな話は、例の何者かは玄関ドア?の方に最初は壁を向いて佇んでいたそうです。目を逸らし、もう一度見たら今度は後輩の方に向き直り睨んでいたそうです。

今回そこから先は尾ひれをつけてみました。

後日談も尾ひれはつけますが後輩の話をもとに書きます。

生き霊?幽霊?本人にしか見えないって怖いですね(σoσ;)
ワタシゎカレの本カノかなぁっと思いましたが
知らないらしいから一体??

後日談を楽しみにお待ちしてます!

おおお…。本当に何だったのでしょうね、その女性。

てっきり彼氏さんに関係ある女性なのかなぁと思ったのですが。知らない女性のようですし。

彼女の言う「ワタシヲミテ」という台詞が尾鰭を引きますね。凄く意味深で意味ありげな言葉です。

これは後輩の方が実際に体験したお話を元にして書かれたものなのですね。実際の体験談となりますと、創作の話とはまた違ったリアルな恐怖が湧いてきます。

後日談、心よりお待ちしていますね。