中編5
  • 表示切替
  • 使い方

慰霊碑の呪い

はじめまして。私が学生の頃に友達から聞いた実話です。つまらないかもしれませんが…

新潟の某大学に入学し、人見知りな私はなかなか自分から人にはなしかけることが出来ませんでした。

そんなある日、一人の男が話しかけてきました。『入学前のオープンキャンパス来てたよね?俺覚えてるよ〜』と。見たことあるようなないような…まぁいいか。その彼とはすぐに仲良くなりました。

彼は多少は“見える人”で、高校の頃は仲間でよく心霊スポットに行っていたとのこと。

そんな彼は同じ大学1年生だか、歳は1つ上であった。彼に「一浪したの?それとも働いてたの?」と聞くと、何故か黙り込んでしまった。

??聞かないほうがよかったかな?と思ってると、話したくなさそうな顔であったが『聞きたい…?』と口を開きました。ここからは彼から聞いた話です。

高校3年の終わり頃、大学入学も決まっており、卒業まで気楽に過ごしていたある日、仲間内で『心霊スポット行こうぜ!』という話になった。彼を含めて5人の男でしょっちゅう心霊スポットに行っており、その日はどこに行くか話し合っていた。そのうちの1人が『⚪︎⚪︎トンネル行こうぜ〜!』と言い出し、全員『お、いいね〜行こうぜ〜』と意見は一致し、⚪︎⚪︎トンネルへ行く事になりました。

そのトンネルは現在使われていない旧トンネルで、中に入ることもできない場所です。

(新潟ではあまり知られていない心霊スポットだと思います。かっこ)

当日、5人は原付に乗って全員で現地に向かいました。

彼はそこでの恐怖体験により『もう二度と心霊スポットには行かないな』と言っていました。

現地に着き、5人は路肩に原付を停め、現在は使われていない旧道を歩いて⚪︎⚪︎トンネルへ向かいました。旧道は暗く、懐中電灯がないと何も見えないような場所で、全員で固まって歩いていました。

歩くこと数分、目的の⚪︎⚪︎トンネルに着きました。5人は『うぉ〜こえ〜』『やべぇな』等言っていたが、それ程怖さは感じていないようでした。⚪︎⚪︎トンネルは入り口が封鎖されており、中に入る事ができず、一人が『何もないし、帰るか〜』と言った時、別の一人が『おい、慰霊碑あるぜ!写メ撮ろうぜ!』と言い出しました。全員、それはヤバイんじゃないか…と思っていたそうですが、言い始めた一人は『大丈夫だって〜。何か写ったらネタになるじゃん!』と、全員が躊躇している中、慰霊碑を撮り始めました。

懐中電灯をあてながら撮っているも、明かりがない中での携帯のカメラではよく見えない為、何枚も撮っていました。

『なんも写んねぇな〜』と言いながら撮影し、他の4人が帰たそうにしていた為、最後の一枚、と撮った時…

『うわ‼︎やべぇ‼︎写っちゃった‼︎』と、撮影していた一人が叫びました。全員が半信半疑で『うそだろ〜』と、携帯を覗き込むと、はっきりと写り込んでいたそうです…慰霊碑の周りに幾つかの睨むような顔が…

その時は全員テンションが上がり、『いいネタできたな!』と盛り上がっていたそうです。

全員それで満足し、その場を後にして原付が停めてある場所に戻りました。『じゃあ帰るか〜』と、原付のエンジンをかけた、撮影していた奴が『あれ?エンジンかかんねぇ?』と言いました。全員がそいつの原付を確認するも、いっこうにエンジンがかからない為、近くのコンビニまで押して行く事になりました。そこでもやはりエンジンはかからなかったが、誰も特に気にする事なく、その一人だけ迎えに来てもらう事にし、その日は解散となりました。

後日、学校では心霊写真の事で話題になり、5人はクラス全員に見せびらかしていました。しかし、ここから恐怖の出来事が始まりました…

数日後、5人のうち一人が原付で走行中にブレーキが効かなくなり、ガードレールに衝突する事故が起きた。幸い軽傷だったそうだが、何故ブレーキが効かなくなったのか原因は不明。本人の不注意と言う事になった。

しかしその数日後、別の一人も原付による事故を起こした。対向車の車と接触し、右手足を骨折してしまった。

そしてまた数日後…別の一人が原付で事故を起こした。運転中に操作不能になり、そのまま転倒し、全身傷だらけで、救急車で運ばれる程の事故であった。

この時点で残ったのは私の友人と慰霊碑を撮影した奴で、『さすがにやべぇろ…お祓い行こうぜ…』という話になり、全員の怪我の状態が良くなってからお祓いに行く事にしました。

しかし、その事が決まった日、今度は私の友人が原付による事故を起こしました。

友人は見通しのいい道を走行していたそうですが、十字路に差し掛かった時、右からきた車が一時停止せずにそのまま突っ込んで来たそうです。友人は原付ごと飛ばされ、全身を強打し、右手首を複雑骨折し、意識不明になったそうです。車を運転していた人は、【確かに一時停止しなかったが、原付が走ってきているのはぶつかるまで分からなかった】と言っていたそう…。

5人のうち4人が立て続けに原付による事故なんて、偶然にしてはおかしい…残った一人、撮影した奴は怖くなり、原付に乗らないようにしました。

しかしその数日後、彼は亡くなりました。

バイトに遅れそうだからと、原付で向かっている時に事故を起こしたそうです。

原因はわからず、車の通りも殆どない道で、大破した原付と、変わり果てた姿の彼が発見されたそうです…。

それから残された4人は、体調が回復してからお祓いに行きました。

私の友人は、事故により入院となり、入学か一年遅れたのでした。

そして友人から最後に聞いた事…

『死んだそいつの携帯が地面に転がってたみたいで、上下真っ二つになってた(ガラケー)らしいんだけど…液晶のほうが何故か付いてたんだってさ。

あの写メが画面に写ったまま…』

以上で、友人から聞いた話は終わりです。

誤字、脱字や読みづらい点もあったと思いますが、読んでいただきありがとうございました。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
7340
2
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ