短編1
  • 表示切替
  • 使い方

洞窟

俺の街の裏山に洞窟があるわけよ。

その洞窟にある話がたっているわけ。

その話というのが、

洞窟に入ると存在がなかったことになると。

結果本当らしいんだわ。

本当じゃねえわ。www.

最近だと友達Jの兄貴だと言い張る男がいたわ。

あいつ一人っ子なのに。

その話に興味を持ったAは探検に行くと。

俺の存在は消えたくなかったからいかんかった。

そんでAは行ったわけよ。

その代わりZと名乗る男がでてきた。

今回はたまたま。

Jの兄貴が出てきたときはだれも入ってない。

Oの叔父さんが入ってから一年位たって

出てきたと。

そいつは俺の友達だと言ってやがる。

おれにそんなやついないわ。

もう一回洞窟に入ればいいと思っわ。

しかし世の中そんなに甘くなかった。

話をしている途中に地震で洞窟が落盤。

洞窟沈没。洞窟は埋まってしまった。

そこをどれだけほってもなにもなし。

ただ山をいためつけてるだけ。

Zは家に帰れないしAは帰ってこれない。

だからZはAの代わりに育てられたと。

危ないことに手を出すことはしないほうが・・・。

いいでしょうね。はい。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
61520
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

え(・ω・)