中編5
  • 表示切替
  • 使い方

さくらいろおしまい

視線を感じて振り返った。

そこには黒く艶めくボブの人が立っていた。

こちらを見ている。

唇が動く。

やはり声は聞こえない。頭に響くと言うか…。

…キ…テ…キィ…テキテ…キテ……

nextpage

まただ。私話し掛けられてる。来てって言ってるの?体が彼女に向き直る。まずい。近づくのは危険だと分かってるのに足が勝手に彼女の方へ歩み出す。体が言うことをきかない。

3m…2m

前回とは反対に私が彼女に近づいていく。震えがとまらない。

白い手が私に伸びてくる。あのぞくりと冷たい手。

nextpage

私の両頬にその人の手が触れた。

どうして私なの?私なにかした?

そう言いたかったが声は出ない。

彼女の両手が頬から背中の方にじわじわと動く。怖くて怖くて目を開けていられなかった。

nextpage

◇◇◇◇◇◇

ぼんやりと白いガードレールと、その脚元に置かれた色とりどりの花々が見えた。

そこに一人の青年が佇んでいる。左手首に大きなバングルをはめて、時折それが陽光を跳ね返しきらきらと煌めいていた。

私…あのバングル見たことある。

nextpage

けど…ここはどこだろう。知らない道路だ。

先ほどまではぼんやりとした景色だったが、今は桜並木の道の上にいるのがわかる。

桜のトンネルが風で揺れるたび陽の光が地面で踊った。

青年が去ったあとには桜の花が手向けてあった。あと、チョコレート。

その横には幼稚園児が頑張って書いた「おねえさん、ありがとうございます」という手紙が、ひときわ大きい花束に挟まっていた。

nextpage

ピンときた。

ここは今年の春に桜並木で起きた事故の現場。

それは県外のできごとだったけど、全国的に報じられたニュースだった。

◇◇◇◇◇◇

幼稚園帰りに手を繋ぎながらお買い物。それが親子のいつもだった。

いつもと違うのはソメイヨシノが満開になったこと。

買い物をする母から離れ、木の真下を歩く。少女にはいつもの青い空がピンク色に変わったように見えた。

nextpage

空いっぱいに広がる桜。少女はピンク色の空を見上げながら石ころに躓いてバランスを崩してしまう。

バランスを崩した先は車道。

と言っても一方通行で商店が広がる並木道は、ほとんどの車が徐行する。

ところが、厄介なのは自転車。車両と歩行者の間をすり抜け、スピードを落とさず走ってくる。

nextpage

近くに車が走ってなかったのを店先で確認した母親は、それでも転びそうな娘のもとへ小走りに向かう。

そこへ現れた自転車。

かなりのスピードで走ってきたため、誰も気が付かなかった。母親も気付くのが遅れた。

気付いたのはただ一人。

彼女は少女の近くで同じく桜を見ていた。さらさらとした短い黒髪が風になびいていた。

彼女はあわてて少女を抱きとめる。その横を自転車が走り抜けた。少し接触したようだった。

nextpage

バランスを崩した彼女は少女がガードレールにぶつかるのをかばい、縁石に頭を強くぶつけた。

◇◇◇◇◇◇

その日は、

近くの神社で桜祭りがやっていた。

駐車場に入れない車で路上駐車が多かった。

◇◇◇◇◇◇

nextpage

ひんやりとした部屋。

あの女性は私が怯えていた人だった。

桜の花びらがひらひらと舞い落ちてきた。

…ツタエタイ

…カレニツタエタイ ソレダケナノ

涙が頬を流れる。私は泣いていた。哀しいのか切ないのかわからない。けれど、怖い気持ちはない。

nextpage

あのバングルの青年は功くんだ。

彼女は功くんにお礼を言いたいのかな。詳しい経緯は分からないけど、きっとそう言うことなんだ。

功くん零感だもんなー。それで私に憑いてきたんだ。

にしても、どうやって伝えたらいいんだろう。電話やメールで伝えるのは違う気がする。

nextpage

彼女はきっと直接言いたいんだよね。私に憑いて来てるわけだし。

よし!功くんに会いに行こう!

◇◇◇◇◇◇

喫茶店で待ち合わせ。功くんと喫茶店で会うなんて出会った頃以来だ。

そうそう。彼女はぼんやりとだが、今は常に見えている。

メニュー表を見ていた。視線は《旬の果物をたっぷりつかった焼きタルト》に注がれている。

nextpage

…食べたいんだろうか。会話によるコミュニケーションはなぜかできない。私が聞こえないだけか、口が動くのは分かるんだけど。

頼んだところで食べれるのか疑問だが、注文することにした。功くんは甘党だし、無駄にはならないはずだ。

nextpage

◇◇◇◇◇◇

あれ?しーちゃん甘いの苦手じゃなかった?

席に着くなり核心部に触れる功くん。

これはお供えみたいなもんだよ。

予想外の私の言葉にきょとんとした功くんだった。

功くん。甘いの好きでしょ?食べてもいいよ。

そう…なの?じゃ、頂きます。

nextpage

タルトを食べる功くんをどうやらにこにこしながら彼女は見ている。

ところでさ、食べてるとこ悪いんだけど功くん。春に○○県行った?

え?行ったよ。どかした?

そこで、お花手向けた?

え??手向けたってか、桜の小枝が落ちてて、それとチョコレート。

やっぱり。その人がお礼言いたいみたいなんだ。

nextpage

その人?って、その人の親戚か誰か?てか、しーちゃん、お姉さんなんていたっけ?いつからお姉さん座ってたの??

言いながら功くんはぺこりと会釈した。彼女に向かって。

すると彼女は驚いて慌てて頭を下げた。

あ、いえいえこちらこそ。いやーどうもどうも。いえいえ、とんでもない!

nextpage

頭の下げ合いが続き、改めて紹介すると功くんは凍りついた。

彼には彼女がはっきり見えているという。しかも、声も聞こえてるそうな。

…アリガトウ

彼女の声が聞こえた。店内に風が吹いた。思わず目をつぶるお客たち。

nextpage

目を開けると木目調のテーブルに桜の花びらが数枚ひらひらと落ちてきたところだった。

彼女はいなくなっていた。功くんもきょろきょろしている。

うん。満足したのかな。成仏ってやつかな。

私はなんだか、清々しい気分だった。

食べかけのタルトや飲みかけの紅茶が無くなっていたけど、功くんも照れ笑いのような少しほっぺを赤くして笑っていた。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
1,07614
10
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

龍悟様。

お返事遅くなりまして(`;ω;´)すみませんm(__)m

お久しぶりです♪
ほっこりの気持ち、大事ですよね(*^^*)伝わって嬉しく思います。

春の桜のようなたおやかで穏やかなひとになりたいです゚(-ω☆)キラリ

最後ほっこりした気持ちになり、怖い話なのに癒やされてしまいました。
とてもいいお話でした!

欲求不満様。
怖い話が書けなくて(´-ω-`)どうやら私、ほっこりしたい性分のようです(*´-`)が、しかし怖い話しは好きと言う困ったやつなんですね。
欲求不満様のお話も好物で楽しませてもらってますm(__)mコメント頂けてとても嬉しく思います(*^^*)

とても良いお話で、ホッコリモード全開です。文章も読みやすく綺麗ですね。

hika様。ローザ改めフンショウロウです。
情景思い浮かびましたか(*^^*)桜並木。綺麗ですよね(*^_^*)私も春に読み返してみよ♪
ありがとうございました♡

彩貴様。ローザ改めフンショウロウです。
面白く感じて頂けてよかったです(*^^*)
私も、書き終えてすっきり!!○ナンもゆっくり見れます(*´ω`*)あ、彩貴様はお勉強ですね( ・`ω・´)
新しい作品…。続きのような同時進行の物語でスミマセンΣ(´∀`;)

まめのすけ。様。ローザ改めフンショウロウです(*^_^*)
やわらかい日差しの中。そうなんです。そんなあったかいお話を作りたかったので、伝わって嬉しく思います(*^^*)
悪者を作りたくなかったのですが、私自身も自転車通学をしており、猛スピードで走り抜けてたので反省を込めました。
私も日夜、読みふけっていますね。そして怖くて眠れなくなるっていう悪循環…。

とっても心がほっこりするお話でした…^ ^
粉粧楼様の情景描写のお陰で、私の脳内に素敵な映像が浮かんできました(*^^*)

桜の季節に読み返したらまたグッときてしまいそうです。
素敵なお話をありがとうございます!

おもしろい作品、ありがとうございました!
これでゆっくりコ○ンが見れる…じゃなくて勉強できます!笑
新しい作品も投稿されていたようなのでそれもあとで読ませていただきますね!
これからの作品も期待してます!

お話、拝見させて頂きました。

ジーンときますね……。柔らかい春の日差しの中、満開に咲き誇るソメイヨシノを連想しながら読んでおりました。

子どもは純朴ですからね。美しいものが視界に入れば、興味を惹かれてしまうのでしょう。子どもを庇った女性の優しさにも、胸が締め付けられました。

最後の喫茶店のシーンがほのぼのしていて好きです。二人で仲良くタルトを食べて語り合う。幸せそうな、かつ心温まる様子が全てを物語っているようでした。

日夜ホラー小説を読み耽る私ですが。こんな温かで優しいお話は久々に読みました。

ありがとうございます。

来道様。
いい話でしたか?よかったー!!どうもありがとうございます(*^^*)
自転車に乗った人は、女だったか、男だったか、不明です。なんせ速かったので、気付いたときにはいなかったと、誰もが証言しています。
自転車も車両ですから運転には気をつけねばなりませんね(´;ω;`)

あゆ様。
こんな幽霊いたらいいですよね(*^^*)怖い話は書けませんでしたが、ほのぼのして頂けてよかったです♡

いい話だなぁ(/ _ ; )

ど、どうもすみませんでしたぁぁ。・゜・(ノД`)・゜・。

自転野郎め;´Д`A
あ、僕じゃないす(;´Д`A

一気に読みました!いいお話v(*''-''*)oォヶォヶ♪
こんな幽霊さんも居るんだァ!
ほのぼのさせられました。