短編2
  • 表示切替
  • 使い方

本当に怖かった

「ただいまー!」

返事はない。

誰もいないのか…。

それにしても疲れたな。

とにかく腹ペコだった。

なんでもいいから食べたい。

そう思って冷蔵庫を捜索する。

すると奥の方にプリンがあった。

多分姉のだろう。

無論、そんなことはどうでもいい。

早速俺はありついた。

ん?

俺は食べながら少し違和感を覚えた。

このプリン…味ながないのだ。

むしろ少し苦く、美味しいと思えなかった。

だが、途中で残すのもあれなので、食べきった。

食べ終えたカップの底には黒の点々がたくさん付いていた。

バニラビーンズ的なやつなのだと思っていた。

そして、姉にばれないようにゴミを捨てた。

するとその夜、姉がなにやら叫んでいる。

俺はどうしたのか聞くと

プリンが無いとわめいているらしい。

俺は今世紀最大かと思うくらいに無表情で、いや、なんで俺に聞くねんとゆう少しイラっとした顔でしらをきった。

俺「は?

プリン?

なんやねん知らんわ。

お前知らんうちに食ったんちゃうん?」

姉「いや、誰も食べてないなら一安心。」

ん?

こいつ、なにを言ってるんだ?

さっきまであんなにわめいてたくせに

俺はどうゆうことか聞いた。

姉「あのプリン隠しておいてそのまま忘れちゃって消費期限2ヶ月くらい経ってたのよね。

そのあと処分に困ってて無くなってたから誰か間違えて食べたのかなって思ってね。

多分お母さんが処分したのね。」

……………………………ん?

消費期限2ヶ月くらい経ってた?

待て待て待て待て待て待て待て待て待て待て待て待て待て待て待て待て待て待て待て待て待て待て待て待て待て待て待て待て待て待て。

汗がダラダラ出た。

あの黒の点々って…カビ?

色んな事を考えた。

だがもう手遅れだ。

後日、腹痛で死ぬ思いをしたのはゆうまでもない。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
1,0935
6
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

ヤダもう鳥肌がッ!てレベルで怖かったですよ、この話(^^;;

10日ほど賞味期限の切れたヨーグルト飲料を飲んで七転八倒した知人がいますが、それ以上の破壊力ですよね、2ヶ月切れのプリンwww

あゆさんコメントありがとうございます。

悪いことをしたらなにかしらで返って来るんですね笑
思い知らされました。笑

痛いッ!(o゚ω゚)チーン

ワタシまで腹痛になりそうでした!

確かにこれ自らだったら怖いッ。

お腹痛いの伝わりましたョ。

テイラーさんコメントありがとうございます。

本当に怖かったです。

それは怖い…本気で怖い(|| ゜Д゜)