中編2
  • 表示切替
  • 使い方

霧雨の中で

二十年以上も前の話である。

ある年の三月三日の夜の事である。

母親と、夜にかなり離れたショッピングセンターに買い物に出かけた。

行きは国道を使ったが、帰り道は府道を使った。

府道と言っても、道中の各村中は道幅はあかなり細く、あいにくの霧雨、徐行しながら帰る。

普段国道で帰るのであるが、その日はひどい事故渋滞のため、迂回してこの道を走った。

渋滞の時間ロスで、漸く自分の村に入った頃には深夜十二時過ぎになっていた。

視界はかなり悪かった。

旧街道の名残が残る、軽自動車でも対向が難しい道路である。

村に入ってすぐのところで目の前に着物の上に、綿入れの袖なし羽織りを着た小柄な老女が立っている。見覚えがある顔である。

慌ててブレーキを踏んだが接触して止まった。

しまったと思った。

しかしその時、老女はボンネットの上を助手席側に透過していった。

そしてサイドミラーの前あたりから道の脇に消えて行った。

私はドアを開けて車の前方と車の下を確認した。

誰もいない。そして何の痕跡もない。

母が聞く。

「何でブレーキ踏んだの?」

私は母に言った、

「今、O君とこのお婆さん轢いた」

O君は私の数少ない、同じ村の同級生である。

「いや、私のすぐ横を通り抜けて行った」

母が言う。

その瞬間、思い出した。

去年の大晦日の深夜、このお婆さんは、国道でタクシーに轢かれて亡くなった。

納得したが、

それでも少し疑問が残る。

そのお婆さんは、認知症が進み、毎夜、夜中に徘徊していて事故に遭った。

それは、村の入り口付近から府道を折れ、

畦道を通って国道を横切り、

所有する水田を見て別の道を使い家に帰るというルートだったらしい。

O君が通夜の時話してくれたのを思い出したからである。

どうしてここでお婆さんと遭遇したのか?

母は、私の疑問を察したのか、

動き出した車の中で言った。

「あのお婆さんが車に轢かれたのは、もっと遅い時間やったのやろ」

私は聞き返す。

「何でそう言える?」

母は気の毒そうに答えた。

「気が付いて無いんや、自分が死んだこと。それで毎晩同んなじ時間に歩いているんや」

まだ疑問が残る。認知症になっても執着する事って…。母は続けて話す。

「見に行ってたのは、持っている田圃と違うんや」

「どういう事?」

母は溜息をついて語る。

「お前、あの家と同んなじ苗字の同級生いるやろ?

あの子の先祖がO君の家の先祖の年寄りを騙して、印鑑と地券を取ったんや」

かなり驚いた。

「何で今まで話して呉れへんかったん?」

「同年の友達の事、悪く思う事になるやろ?

それで話さんかった。

それでも、今日、私らの前にお婆さん出てきたのは、お前にも憶えていて欲しかったのやろ。

それで話したんや」

重たい気分で家に帰り着いた。

霧雨はやむことなく降り続く。

あのお婆さん、これからもずっと歩いているのかな。

Normal
閲覧数コメント怖い
4691
3
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

お婆さん。・゚(´□`)゚・。

どうか成仏して欲しいです。

騙された田園の事は痴呆になっても忘れるなど出来なかったのかな。

毎晩同じ道を徘徊する...

死んでも尚。

可哀想なお婆さん。