リサイクルショップ〜シリーズ 13 探偵日記〜

長編7
  • 表示切替
  • 使い方

リサイクルショップ〜シリーズ 13 探偵日記〜

『リサイクルショップ千石』

で住み込みのアルバイトとして働き始め…

その二日目に、前まで働いていた映画館の館長が訪ねて来た時にはどうなることかと思ったけど(映画館で、その館長に酷いセクハラを受けた)

寺尾 聡似の店長、千石さんに助けられたり…その後も色々なことがあって、長い日々を送った…ようやく一ヶ月が過ぎ落ち着き始めた頃の話…

住み込みでここに来たのだけれど、店長に与えられた部屋は以前、探偵事務所として使われていたという…

だいぶ汚い男臭い部屋なので、掃除も時間がかかるの…もう大変…

だから、店長にお休みをもらい掃除をしていた…

すると、ある一冊のノートが出てきた。

nextpage

『探偵日記』

nextpage

とだけ表紙に殴り書きされたそのノートが何と無く気になり、掃除の休憩も兼ねて、読んでみた。

nextpage

8月1日

雨…暇を持て余している。仕事がない事が当たり前になり始め、最近三度寝が当たり前になった。ああ、眠ぃ…

nextpage

8月2日

晴れ…クソ暑い。昨日の雨が原因かどうか知らねえが、蒸し風呂にでもいる様な暑さだ。

nextpage

8月3日

晴れ…クソ暑い。仕事がない。仕事がない!(字が歪むほどに乱暴な殴り書き…)

nextpage

8月4日

晴れ…また晴れ…エアコンの無いこの部屋に居たら死ぬぞこれ…と、外をぶらつくために、部屋を出る。

こんな時に限って、リサイクルショップのオヤジが外で掃除をしてやがった。家賃をせがまれたが、「無い」の一言で一蹴してやった。

nextpage

8月5日

晴れ…珍しく、客があった。猫の捜索だと?めんどくせえ…

nextpage

8月6日

依頼者から受け取った猫の写真を使ってビラ作りにコンビニへ。

コピー機が壊れてるぞと、無表情の店員に文句を言うと、使い方が間違ってると言われた…どう間違ってるのかと問うと、金を入れてから作動しろとのこと…

クソ…知ってんだよ本当は…

------------------------------------------------------------

こんな感じの日記に少し笑いながら読み進める…

店長のくだりが好き。リサイクルショップのオヤジってwww

あと、コンビニの無表情な店員って私の弟の『未来』のことだと思う。

今年の3月から勤めだしているし…間違いないと思う。人見知りが半端ないから、接客が下手なんだよなあいつ…

------------------------------------------------------------

nextpage

8月7日

お天気…毎日よくもまあ暑い日が続きますね…こんな時に猫なんぞ探してられるか!多分どっかで死んでるよ。

nextpage

------------------------------------------------------------

「お天気…」って可愛くて大爆笑した。

そしたら、店長が飛び上がってきて、「どうした⁉︎」だって…

「何でもないです…ごめんなさい。」って言ったら、プイって帰って行った…可愛い。

更に読み進めた。

------------------------------------------------------------

nextpage

8月8日

恵みの雨のち晴れ…蒸し暑い。

(ここでも笑った…恵みの雨ってwww

口を押さえてなるべく、下に聞こえないようにね。)

nextpage

8月9日

晴れ…客あり。

依頼内容は人探しとの事。『佐々木 孔明』なる人物を探せと…

知っている奴だ…少し前に事務所に顔を出したことがあった、依頼内容は忘れだが…

たしか、そいつなら昨日、リサイクルショップに来てブラブラしてた…つか、常連でよく来てる。

「この下の階のリサイクルショップで、何日か待ってりゃそのうち来る…」

と話すと、その客は、そうですか…と、金も払わず出て行きやがった。

気持ちだけでも置いてけよ…

nextpage

8月10日

晴れ…また客…忙しくなり始めやがった…

依頼主、映画館館長の妻

『花村 早紀江』

依頼内容、浮気調査…

明日からだな…

俺も暇じゃない…

今日は女が来る。

絵美まだかな…?

nextpage

8月11日

映画館の前で、映画館館長『花村 宗一』の出てくるのを待ち、出てきたところをつける…

カメラはバックに仕込んである。

音声までは取れないので、高性能録音機も準備した。

宗一…コンビニに立ち寄る。

コーヒーを二つ購入。

その足で、とあるマンションに…

305号室前まで来ると、チャイムを押す。

ドアが開いたが、チェーンが掛けられているのか女の顔が確認できない…

仕方がないので、このマンションの住人のふりをして部屋の前を通り過ぎることにした…

近づくと、女の声がする…確かこんなことを言ってた。

「もう来ないでください…迷惑です…警察に電話しますよ…」

予想外の展開…

取り敢えず、前を通過…

女の顔を見た…可愛い…

かなり迷惑そうな表情をしていた。

こりゃ浮気なんかじゃねえな…

このオヤジ、ストーカーだ。

nextpage

8月12日

花村 早紀江を呼び出し、事情を話す…だいぶ驚いていたが、冷静だった…録画したテープを売ってくれと言われたので、¥1,0000で売った。

nextpage

------------------------------------------------------------

この時のことは覚えてる…

館長がコーヒーを手にウチに押しかけてきた。

話があるからとか言って、部屋に上がろうとしたけど、追い払ったのを覚えている。

その時、部屋の外を誰か通ったけどあの人が探偵さんだったのかな?

nextpage

------------------------------------------------------------

nextpage

8月13日

曇り…浮気調査が終わり、金ができたのでパチンコ…勝つわけがないと打てば大概当たる…

でも負けた。すってんてん。

(思わず大爆笑…すると、店長から電話。「何してんの?」だって…私のことそんなに気になるのかな?)

nextpage

8月14日

雨…外に出るのが憂鬱の時に限って、客が来る。強面の男。名前不明…年齢不明…

依頼内容、急いで落し物を探して欲しいとのこと。

何を探すのかと聞くと、勿論、警察には言えないものだ…と言った。

ブツを見つけたら隣の廃工場に持って来いと言うと、強面の男は出て行った…

とは言っても傘が無え…

頭に井上陽水の『傘がない』がリピートしている。

ずぶ濡れでパチンコ屋に行く。

バックルームに何食わぬ顔で入り、店長に金を渡して話を聞いた…

ヤバイから手を引けと言われたが、前金で5万も貰ってる…

すると、『美羽 泰三』なる男に会えとの事…兎に角、危険な男だから要注意だそうだ…

めんどくせえことに巻き込まれた感、大…

nextpage

8月15日

曇りのち晴れ(天気予報より〜)

ある事務所に行ってきた。

若造に囲まれ、平静を装うのに苦労した。

『美羽 泰三』が奥の部屋から、出てくる…高そうなスーツにロレックス。金縁の色眼鏡…

いかにも、って感じのおじ様…

話を聞いた…

ブツに関しては知らないが、紛失したことが気に入らないもようだった。シマの事は『○○組(恐ろしくて名前なんぞ書けない)』に任せていると話した。

その事務所に行くのはやっぱヤバイ。でも行かなきゃならないだろうな…

美羽が意外と優しくて良かった。

「また、困った時には何時でもおいで…」だってさ…パチンコ屋のジジイ…脅かしやがって…

nextpage

8月16日

行かなきゃよかった…天気のこともどうでもいいくらいボッコボッコに殴られた…でもまぁ、晴れてた気がする。

でも情報は手に入れた。

「『浪江 良太郎』がブツを手にしている…取り返してこい…」

なんて言ってたけど、俺にそんなことが出来るのか?浪江っていったら、俺だって知ってる凶悪な男。

この界隈じゃ、誰も近寄らねえ…

下手こいたら死ぬなこれ…

nextpage

8月17日

晴れ…この日で俺の人生も最後かもしれない。

絵美に電話…しようと思ったが、置き手紙だけにした。

行ってくる。

nextpage

--------------------------------------------

ここで日記は途切れてる…

どうなったの?

死んじゃったの?

店長に探偵さんがいつ頃からいなくなったのか聞いたら、8月の…中旬頃だったかな…って…

部屋に戻り、日記を引き出しに戻した。

その時、引き出しの奥に紙ペラがあることに気づいた。

nextpage

『絵美へ…勝手だけど、旅に行く。帰ってこれるがわかんねえ…元気で。』

nextpage

そう、簡素だけど、丁寧な字で書かれていた。少しクシャクシャになってる…絵美さんこれ読んだのかな?

まぁ…私には関係ないけど。

と、ため息を一つついて、部屋の掃除の続きを始めた…

nextpage

--------------------

一通りの掃除を終え、7時から居酒屋のバイトへ向かった。

朝から掃除もしたし、疲れて帰ってきて、リサイクルショップに顔を出し、店長に一言声をかけ、部屋に戻った。

その時に店長が「疲れてるだろ?ゆっくり休めよ!」って言ってくれた…優しくて大好き…

ベットに入り、ランプを点けて、もう一度日記を開いた…

8月17日の後のページを開くと、11月の後半から日記が始まっている…

あれ?何これ…

読んでみて驚いた。

nextpage

------------------------------------------------------------

nextpage

11月23日

曇り…帰ってきた。

ようやく、ゆっくりできる…

nextpage

11月24日

曇りのち晴れ…

部屋の様子が違う。

絵美が来たのか?掃除されている…

nextpage

11月25日

晴れ…ベットの布団が俺のものじゃない…誰か住んでやがるのか?

nextpage

11月26日

晴れ…俺の部屋なのに…俺のベットなのに…女の匂いがする…この匂いは絵美じゃない…

nextpage

------------------------------------------------------------

背中に寒気を感じた…

冷気を感じる…

後ろに何者かがいる気配がする…

体が動かない…

金縛りってこんな感じなの?

耳にキーーーンッて耳鳴りがする…

ノートから目が離せない…

今日は11月26日…ま…まさかね…

nextpage

その時…

日記の最後…

インクが滲み出し、文字が浮かび上がった…

nextpage

『お前誰だ?ここで何してる…』

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
9165
10
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

粉粧楼さん、怖いありがとうございます!

こここ怖!!

あ、いや、混乱させてしまって申し訳ない
_| ̄|○

ハリーポッターと秘密の部屋にもインクのにじみ出る日記帳があるのですよ( ̄Д ̄)ノ

ハビナちゃん、何時もお読みいただきまして、嬉しく思います。

ハリーポッターと秘密の部屋?…どんなだっけ?

やばいやばいやばい!!
((((;゚Д゚)))))))

これ見てハリーポッターと秘密の部屋思い出したぁw((((;゚Д゚)))))))