短編1
  • 表示切替
  • 使い方

ピアノ

知らない教室。

知らないクラスメイト。

うん。寂しくない。

一人で大丈夫。

寂しくなんて、ない。

nextpage

昼休みの音楽室。私は一人、ピアノを弾く。

ただ、同じ曲を何度も、何度も、弾く。

nextpage

「この曲、連弾曲だって知ってた?」

後ろから、不意に声が聞こえた。

「あまりにも楽しそうだったから、声をかけたんだ。 隣で弾いて、良い?」

nextpage

彼は勝手に私の隣に座り、拍子を取り出した。弾くよ、と言われ私は慌てて準備をする。

nextpage

彼の弾く旋律はどこまでも、美しかった。

澄んでいて、弾んでいて、そして何処か、寂しげで。

nextpage

「ブラボー。」

彼は弾き終わると、真っ先に手を叩いた。

とても、良かった、と彼は言ってくれた。

不意に、学校のチャイムが鳴る。

nextpage

「また、良ければ一緒に弾きませんか。」

気が付けば声をかけていた。

彼は少し驚いた様子だったが、やがて鷹揚に頷いた。

「では、また、明日。」

彼は、すぅ。と空気に解けるようにして、

消えた。

不思議と怖くはなかった。

でも少しだけ、一人で大丈夫では、なくなりそうだ。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
5484
4
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

>>あゆさん

>>( ̄ー ̄)さん

>>uniまにゃ〜さん

ありがとうございます! 楽しみにして頂けたなら幸いです! 頑張ります!

気になるぅぅ…
と、思ったら、続くんですね=^_^=良かった

楽しみにまっています

シリーズですか!
楽しみにしてますよ。

シリーズになるんですね.。゚+.(・∀・)゚+.゚

彼の正体が気になります。楽しみにしてますョ♪