中編2
  • 表示切替
  • 使い方

帰ってきた姉

wallpaper:71

私には、4つ上、大学生の姉がいます。

姉と私は、とても仲がよく、姉妹で遊びに出かけることもよくあります。

両親が共働きということもあり、姉は、小さい頃から、私の面倒をよく見てくれました。

これは、私が体験した、とても不思議な体験です。

nextpage

music:7

それは、ある雨の日でした。

期末試験が終わり、私は、自宅の居間でごろごろとしていました。

両親は、いつもどおり、仕事。

姉は、友だちとお出かけといって、さっき出かけていきました。

最近の高校生は忙しいのです。

こうやって、ゆっくりできる時間はいいなあ、なんて考えながら、テレビを観ていました。

sound:32

ケータイに電話がかかってきました。

画面を見ると、姉から。

nextpage

何か忘れ物でもしたのかな?

「もしもし?おねえちゃん?」

「・・・・・・・。」

反応がありません。

「もしもし?聞こえてる?」

「・・・・・・・・。」

電波が悪いのでしょうか、いくら声をかけても、姉の声は聞こえません。

ガチャ

唐突に、電話が切れてしまいました。

電波の悪いところからかけてきたのかなあ、と思っていると、

sound:26

nextpage

玄関のドアが開く音がしました。

お父さんもお母さんも、まだ帰ってくる時間ではありません。

玄関を見にいってみると、そこには姉が。

「おねえちゃん、さっきの電話なんだったの?」

と声をかけます。

nextpage

しかし、姉の様子がおかしいのです。

こちらの声に全く反応せず、こちらを見ようともせず、玄関に棒立ち。

おまけに、全身ずぶ濡れです。

「おねえちゃん!?どうしたの!?ねえ!」

姉は、能面のような無表情の顔で、水滴を垂らしながら、真正面をみています。

すると、姉は、玄関をあがり、正面にある階段を上がり始めました。

二階にある、姉の部屋に戻ったようです。

その間、何を話しかけても、反応はなし。

私は、何か嫌なことがあって、機嫌が悪いのかな?と、思っていました。

nextpage

底から深く考えず、またテレビを観ていました。

sound:26

また、玄関が開く音。

妙な寒気がして、玄関をみにいくと、

そこには、姉。

「雨にふられて最悪〜!」と、笑う、姉。

何が起きてるのか、わかりません。

「おねえちゃん…?あれ…?」

「さっき帰ってきたよね…?」

「何言ってんのwいま帰ってきたじゃんwあんたどうしたのw」

nextpage

その後私は、泣きながら家中を探し回りました。

しかし、もうひとりの姉は、どこにもいませんでした。

Normal
閲覧数コメント怖い
1,6183
13
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

ドッペさんには会いたくないなぁぁ(+o+)

コワイっす

ドッペルゲンガー?(((p''д`q)))

怖いですね。お姉さんと最初のお姉さんが会ったらどうなってたのでしょうか?

考えたらガクブル(*ノω<*) アチャーです。

ゾクゾクッときました(>.<)
最初のお姉さんは何だったんでしょう…