中編2
  • 表示切替
  • 使い方

医師の鏡

子供の入院に付き添った時の話です。

子供の病気の都合で、隣県の大学病院で手術を受けることになりました。

病院って言うとちょっと不気味…、お世話になる身で申し訳ないのですが、個人的にそんなイメージを抱えていました。

ですが、いざ行ってみるとすごく素敵な個室で、とても明るく清潔でした。

手術も無事終わり、術後の経過も順調、気持ちの良い病室で三日目の深夜の出来事です。

ひとつのベッドで子供とふたりで寝ていると、カラカラカラ、と引き戸の開く音がしました。

その時は、三時間毎に様子を見に来てくれている看護婦さんだと思いました。

豆電球ひとつの、暗い室内です。話し掛けて驚かせても悪いと思い、寝たふりを決め込みました。

足音がベッド沿いに聞こえ、そして子供の傍で止まります。子供の体を撫でたり、点滴をいじるような気配が感じられました。

しかし、子供の体調を窺う様子があまりにも長く思えたので(いつもの看護婦さんなら二・三分程度)私は薄目で子供の方を見てみました。

すると、白衣姿の男性が子供の傍に立っています。首から聴診器を下げたドクターです。

医師とは言えど男性なので(この人深夜にノックもしないで入ってきた!)と、少しムッとしましたが、子供の様子を真剣に見てくださっているので(深夜の回診なんて、医師って大変だなぁ)とも感謝しつつ、再び瞼を閉じまた寝たふりをしました。

朝になって、担当の看護婦さんに深夜の話をして(なんて言う先生なんですか?)と聞いたところ(先生は深夜の回診はしませんよー!ママさん寝ぼけてたんですねー!)と笑われてしまったんです。

そんなわけない!いくらなんでも見間違えません。髪型だって覚えていたのですから。

看護婦さんに聞いた瞬間、寝ぼけていなかった分、ヤバいと思いました。

親戚中に必死で子供に付き添う私に付き添ってほしい!などの訳の分からないお願いをしてみるものの、誰も捕まえられず……、そして、次の日の深夜。

多分、同じような時間帯だったと記憶しています。深夜の回診が始まってしまいました。

しかも二度目は足音無し!戸が開いた音も無し!カーテンすり抜けて登場!私の思考は完全に凍り付きました。

でも、なんででしょうか、そんなに恐ろしくはなくて、切ないと言うかなんと言うか。恐らくこの世の方ではないであろう先生、ものすごく真剣に診察してるんです。

見ていて悲しくなりました。うまく説明出来ないのですが…。

暫くして子供の傍を離れ病室からカーテンも戸もすり抜けて出て行った先生を追いかけてみたところ、また別の病室へ入って消えました。

病院側に確かめた訳ではないので真相は謎ですが、死後も医師で在り続ける彼の魂は立派かと…。

ちなみに一年後、再び同じ病院でお世話になった時も(深夜の回診)ありました。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
28200
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ