短編1
  • 表示切替
  • 使い方

白い女

ある夜、僕は凄く眠かったので妹と一緒に寝た。

いつもは、11時頃に寝るが、今日は9時に寝た。

深夜を回った頃だろうか。目が覚めた。前を見ると、髪が長くて、白い着物を着た女性が、寒いと言いながら、立っているのだ。妹はまったく気づいていない。怖くなった僕は、布団に潜った。気づいたら朝になってた。

朝、ママに聞いた。たぶんその人はこのアパートで前首吊り自殺をした人だったそうだ。

三日後、僕達は引っ越したそれ以来、霊を見たことがありません。

アナタハミタコトアリマスカ

怖い話投稿:ホラーテラー ユメカさん  

Concrete
閲覧数コメント怖い
1520
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ