短編2
  • 表示切替
  • 使い方

幻聴

......最近、幻聴に悩まされている。

...あぁ、医者がいうには、仕事の疲れと、妻を失った悲しみが原因らしい。

nextpage

俺は....先月、妻を失った。

もとから本人に、私は長くは生きられない、と言われていたが、まさか結婚三年目で失うなんて...。

妻は、今時珍しいくらいできた女性だった。

平日も休みの日も朝は俺より早く起き、なにも言わなくても、俺の食べたい料理を用意してくれた。

家事は私がしっかりやるから、あなたは心配せず、お仕事に専念してください。

生まれつき体が弱い妻に、俺も家事を手伝おうか?と言ったら、そう言われた。

芯が強く、優しい、本当にいい嫁だった。

nextpage

....あぁ、話を戻そう。

幻聴のことだ。

その....、クローゼットから、ノックが聞こえるんだ。

.......内側から、だと思う。

弱い力で、誰かが叩くんだ。

...違う!家鳴りとかじゃないんだ、弱い力で、でも確かに、コンコン、って。

聞こえるんだ。

怖くて開けてはいない。

でも、俺は妻と二人暮らしだったし、誰もいるはずないんだ。

だから幻聴なんだ...。

..........子供?息子?

妻から電話があった?

なにを言っているんだ?俺たちにはそんなのいなかった。

ははは、いるわけないだろ?

だって俺たちには.....俺は...、クローゼットに...を押し込めて......。

アイツを...泣き叫ぶアイツを.......、聞こえないふりをして....、それで、飢えて動けなくなるまで閉じ込めて..........。

死んだんだよ、二人とも。

ほらな?幻聴だろ?

あぁ...あぁぁぁ.......、また聞こえる...、

ノックの音がする.......。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
6261
3
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

匿名 様
ありがとうございます。
狂った男をめざしたのですが、
もう少し雰囲気を出したかったです...。
でも、怖いと言っていただけて光栄です。