中編3
  • 表示切替
  • 使い方

小学校のトイレ

どうも、はじめましての方は、はじめまして。

前作を読んでくださった方は、二度目まして。

ゆ、と申します。

前回は創作の部類になるのですが、

今回はぜひ、私の体験談をもとにした話を書かせてください。

nextpage

私は、小学校の頃吹奏楽部に入っておりました。

私の小学校は、トイレが一階にあるのですが、

吹奏楽部の部室として使われている音楽室は二階にありました。

私はその頃少々反抗期気味で、部活中に、トイレに行くと言って、階段下に隠れて読書をしたりしていました。

nextpage

そのときも、私は階段下でサボって読書をしていました。

記憶では解決ゾロリを読んでいたときです....それはまぁよいのですが...。

コツン、コツン、と、誰かが降りてくる音が響きました。

生徒の上履きの音ではなく、ローファーかなにか、固い底の靴の音でした。

まだ馬鹿だった私は、先生か先輩が呼びに来たんだ!と思って、慌てて階段を降りてすぐのトイレに駆け込みました。

(階段を降りきった後ろがわ?にトイレがありました)

nextpage

トイレには誰もいませんでした。

当たり前です。

部活をしていない生徒は下校している時間ですから。

私は、なんだか言い表せない不安に襲われながら、一番奥から一つ手間の個室に隠れました。

nextpage

コツン、コツン、足音は階段を降りきって、廊下を歩き始めました。

音がトイレに向かっていることは、子供の私にも容易にわかりました。

そしてそのときになってようやく、これは先生の靴でも、先輩の上履きの音でもないということに気づいたのです。

だれ?

答えが思い浮かぶはずありません。

私は腰が抜けて、普段なら絶対座りませんが、個室の床に座り込みました。

nextpage

足音はついに、トイレに入ってきました。

私の恐怖は最大まで膨れ上がっていました。

しまった....!

私はよくあるトイレの怖い話を思い出しました。

個室の上のところからのぞいている、とか、ドアの隙間からのぞいている、とか...。

私は目をつぶりました。

見なければ大丈夫、そんなことを自分に言い聞かせていました。

携帯電話があんなに欲しくなったのはあのときが初めてです。

足音は、いつの間にか聞こえませんでした。

心臓の音だけが、バクバクと頭の中を占めていました。

nextpage

「.......ぉ...?」

ボソリ、と呟く声がしました。

何をいってるかわからなかったけど、小さな低い声でボソボゾと。

鳥肌がぞわっとたって、喉が変なふうに鳴りました。

体も震え始めました。

声は入り口のほうから聞こえましたが、また足音が聞こえ始めました。

コツン、コツン。

小学校のトイレです、そんなに広くありません。

すぐに奥まで来てしまいます。

私は心のなかで叫びました、誰か助けて!

nextpage

足音とは別に、ドアをノックする音もし始めました。

冷や汗がたれ、指先は痺れたように動かなくなりました。

相変わらずボソボゾと呟く声はします。

私の個室が、ノックされました。

nextpage

「...........ぃ...ぅ、い.......るぅ...」

nextpage

何を言っているかわかりました。

いる、そう言っているのです。

ドアがバンバン!と叩かれました。

ひっ...!と、おさえきれなかった悲鳴が出ました。

目はずっと閉じていました。

それでも、想像が、浮かんできます。

nextpage

そのときでした。

「◯◯ちゃん!いるの?お腹痛いの?」

私を呼ぶ先生の声がしました。

ドアはもう叩かれていません。

でも私は開けるのを躊躇いました。

よくある、これは偽物の先生では?という不安があったのです。

目はずっと閉じています。

私はスッと、目を開けました。

ドアの隙間から、靴が見えます。

先生の靴ではありませんでした。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
1,0446
6
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

きよ 様
ありがとうございます。
期待に添えるようがんばります。

怖っ…
続き早く読みたいです

苦粗矢蝋 様
そう言っていただけると、本当に嬉しいです。
私が実際体験したものそのままでは恐怖が弱かったので、少々手を加えたのですが、
そうするとやはり創作になるので、どうしたものかと悩んでおります。
ですが、期待してくださる方がいるということがとても嬉しいので、
頑張ってみようと思います。

匿名 様
ありがとうございます、時間が出来たらすぐ書こうと思います。

短い短編ですが非常に面白い!
迷うなら是非是非お願いします

匿名 様
続き書くかをどうしようか、迷っております...。
コメントありがとうございました。