中編2
  • 表示切替
  • 使い方

小学校のトイレ 続

こんにちは、はじめましての方ははじめまして。

前作を読んで下さった方は、二度目まして。

ゆ と申します。

今回は、前作、小学校のトイレ の続きとなります。

nextpage

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

先生じゃない。

声はすぐ、ボソボソと喋る声に戻った。

出なくてよかった...と、ホッとしたのもつかの間。

いる、いる。

ドアの向こうから聞こえる声は、次第にハッキリ喋るようになった。

その声は、年齢がなんとなくわからないが、私より年上の女性の声だった。

もちろん、先生の声ではない。

ドアが叩かれる。

バンバン!と激しく叩かれるドアの音と、いる!いる!という声と、私の心臓の音だけが聞こえていた。

nextpage

私は震えたまま、ドアの下の隙間から見える靴を凝視していた。

ぶるぶる震える手で自分を抱き締めて、ぽたぽたと膝に涙を落としていた。

視界のはしに、私の膝に落ちる涙がうつって、ズボンをじわりと濡らす。

ぽた...。

涙に混ざって、なにか赤いものが膝に垂れた。

nextpage

え?

私は咄嗟に、上を見そうになった。

しかし、すぐそれをやめた。

これは、血だ。

nextpage

.......上に、なにかいる?

足が目の前にあるのに?

ドア一枚を越す身長の何かが?

声はドアの向こうからするのに?

何がいる?

何がうえにある?

nextpage

自分の息が止まった。

冷や汗が、たれる。

歯がガチガチと鳴って、言葉にならない声をもらす。

我慢の限界だった。

「きゃあああああああああああ!!!!」

nextpage

わぁー!とか、いやぁー!とか、とにかく叫んだ。

誰か気づいて!その一心で叫んだ。

トイレの外から誰かのバタバタ走る音がした。

私はハッとして、これで最後とばかりに目を閉じて声を張り上げた。

「どうしたの!?」

知っている先生の声がして、トイレに誰か駆け込んできた。

ドアの向こうの嫌な気配は消えていた。

靴ももうない。

私は鍵を開けて恐る恐る個室から出た。

そこにいたのが本物の先生だったことに安心して、私は意識を失った。

nextpage

目をさましたとき、私は保健室のベッドに寝ていた。

保健室の先生と、部活の先生がそばに座っていて、目をさましたことに気づくと、

「今担任の先生がお家に連絡してるからね~、大丈夫よ」

と優しく言った。

何があったの?と、電話を終えた担任に聞かれたが、正直に答えることができず、「とっても大きな虫に驚いて叫んだ」としか言えなかった。

ズボンの膝に垂れたあの血は、拭き取った跡もなく、完全になくなっていた。

nextpage

その日は迎えに来た母と家に帰り、

お風呂や就寝が怖くて、一緒に入り、久しぶりに母と同じ布団で寝た。

nextpage

この事件のあとから、私はこの世のものではないものに多く遭遇するようになった。

そして、嫌なことに、

私は今でも、

あの、コツン...コツン、という足音につきまとわれている。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
7024
7
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

苦粗矢蝋 様

ありがとうございます。

とても嬉しいです、本当にありがとうございます。

期待に添える作品を、期待以上の作品を、お届けできるように頑張っていきます。

皆さんのリクエストからくるプレッシャーの中お疲れ様でした

『ゆ』さんは何度か繰り返す動作、その他の描写がリアリティーあって、そのへんすごい上手ですね
私自身は文才はないんですが、本当に面白い!って思った作品しかコメントしないので、今作品とてもよかったですよ!
今後も『ゆ』さんの作品期待してます!

ぱっくん 様
一応創造と実体験を混ぜた話なので...、
本当に私が体験したのは、かわいらしい女の子の声でドアの外からずーっと呼ばれていたのに、
同級生が入ってきたタイミングで私が出たら、同級生しかおらず、だれがずっとそこで喋ってたのかな?って感じのぬるい恐怖なんです...

いやー、いやいやいや‼︎

怖いですよ(-。-;
よく上を見上げずに我慢に我慢して最後叫べたと(^^;;

学校のトイレ、最恐スポットですね((((;゚Д゚)))))))