短編2
  • 表示切替
  • 使い方

不思議な力

ノンフィクションです。

怖くないですが、お読みください。

僕は小さい頃母を亡くして、父と姉の3人でこれまで暮らしてきました。

父は僕と姉を精一杯育ててくれました。

無口な父親ですが、楽しい時には笑うしいけないことをすれば叱ってくれる父親が僕も姉も大好きでした。

そんな父が昨年の12月頃に病気で倒れ、ずっと入院をしていました。

手術が出来ないガンだったそうです。

でも父は僕と姉の前では弱音を一切吐かずに、元気に振舞ってくれました。

でももう長くはないてゆうことは分かっていました。

でも忙しかったりして、週に3日か4日くらいしかお見舞いに行けませんでした。

今思うと、本当に寂しい思いをさせたなと思います。

僕が学校に行ってる間に父が危篤状態となりました。

僕は学校を早退し、直接病院に行きました。

僕が付くと、親戚などが来ていました。

父は酸素マスクをつけて眠っていました。

僕はそれを見た瞬間何故か分かりませんが、売店に行って都こんぶとゆうお菓子を買って、病室に戻りました。

体が勝手に動いたみたいに買いました。

僕はそれを父の枕元に置きました。

都こんぶは父との思い出のお菓子です。

父は都こんぶが大好きで、貧乏だった僕の家では都こんぶを細かく刻んでお茶漬けにして食べるのがよくありました。

美味しくないしとても嫌でした。

でも父には直接嫌と言わなかったため、そのご飯が多かったのかもしれません。

だから僕はそれを買いました。

そして姉が来て、親戚一同が見守る中で父は逝きました。

みんな泣いていましたが僕は絶対に泣きませんでした。

後で看護師さんに聞くと父は危篤状態になる前に都こんぶが食べたいと言っていたらしいです。

僕が父の死を悟った時、なにか不思議な力が僕を動かしたのかもしれません。

人はなにかを悟った時、どうするか分かりませんが、不思議な力宿るような気がします。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
1,80918
8
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

翔さんコメントありがとうございます。

やはり色んな人が読みに来る場ですので日本語が変で不愉快になられる読者様もいられるみたいです。
皆様が翔さんのような人だったら良いんですけどね笑

次の作品を投稿しましたので良ければご覧ください。
名前は、仕返しです。

感動的な話ですね(^^)
不思議な力というものはあると思います(^^)

それにしても「〜てゆう」に対してそんなに批判をすべきものなのかと↓下を見て驚いています(・・;)
正しい日本語としては「〜という」なのかも知れませんが私は方言かな?と感じた程度でしたσ(^_^;)

話の内容は素敵だったしこの先も楽しみにしています(^^)

uniまにゃ〜さんコメントありがとうございます。

やはり日本人でも正しい日本語を使うのは難しいのかもしれませんね。
普段使っているものが実は間違っていて現代語と正しい日本語の区別がしっかりとついていないといけませんね。
僕もこれから頑張りたいと思います!

匿名さんコメントありがとうございます。

はい!
頑張ります!
また読んでいただけたら嬉しいです

下のコメント見てきたら「ゆ」さまが…

「すいません」って言った人の悪口書いたんじゃないですよ(T_T)

「ゆ」さまに申し訳ないことをしてしまった

日本語って難しいですね。
まぁ、日本人が、日本語を使えないのは知ってるけど
いう、と…ゆうは、現代用語なんじゃないかな?

すいません…これこそ現代用語じゃんかぁ
本当は、「すみません」だし…
若い人に、任せるよ…年寄りはその言葉たちに付いて行くしかないからね

カイさま 才能があるって素晴らしいです
どんどん読ませてください お待ちしています

苦粗矢蝋さんコメントありがとうございます。

読者様のご指摘などをふまえてこれからも頑張っていきます!
本当にありがとうございます!
元気が出ました!笑

ゆさんコメントありがとうございます。

日本語が下手くそで読んでる間に不愉快な気待ちにさせてしまい本当にごめんなさい。
次からは日本語を何度も確認して投稿するようにします。
ご指摘ありがとうございます。

一つ一つの作品が沢山の視野、いろんなタッチで描かれ、私はカイさんの作品好きですよ
ご指摘してくれた方々も、カイさんだからこそ、よりハイレベルなものを求められてるのかもしれませんね
毎回新鮮味のあるカイさんの短編集応援してます!

すいません...お節介のバチでしょうか...、
私のコメントに誤字がありました。
連投すいません。

もう既に指摘がはいっていますが...、
話はもふさ不思議な体験談で、すごいな....と思ったのですが、やはりある程度きちんとした日本語でないと、せっかくよい作品なのに...と、なんだか残念な気持ちになってしまいます。
いろんな人が読むところですから、いろんなことが気になる人がいます...。
しつこいと感じたらすいません!
こういう理由があるから、たぶんご指摘があったんですよ、というお節介です...失礼しました。
お話はとってもよかったです。

マッコイさんコメントありがとうございます。

本当に不思議ですよね。
びっくりしました。

匿名さんコメントありがとうございます。

日本語をしっかりと使えずに不愉快にさせてしまってすいません。
ご指摘ありがとうございます。
次から直して行こうと思います。

あゆさんコメントありがとうございます。

父との絆あるでしょうね笑
僕も父のような人間になりたいです。
食べていると思います笑

不思議ですね。

お父さんとはきっと目には見えない深い絆があるのですね。・゚(´□`)゚・。

カイ様のお話..
怖いなかにも何か暖かい気持ちになる..
お父さんの男手1つでカイ様とお姉さんを大事に育てた優しさと強さがルーツにあるのかなぁと思いました。。

素敵なお父さんですね♪

天国で都昆布を食べてるかな?

龍月さんコメントありがとうございます。

僕は父が大好きです笑
あなたも大事にしてあげてくださいね^ ^

読んでくれてありがとう。

お父さんとの絆の深さが伝わってきました。
心が温まったという意味で、怖いを押させてもらいます(^^)