二人だけが知っている。【意味が分かると怖い話】

中編3
  • 表示切替
  • 使い方

二人だけが知っている。【意味が分かると怖い話】

とある田舎でおきたお話・・・。

nextpage

「ああああああ!!!!」

「どうした?」

「お、おおお、俺のコマが沼に落ちちゃったよ!!

うわあああああああああああああああああああああああああああああああああんっ(泣)」

純はへなへなと田んぼの端の座り込み、号泣しはじめた。

「おばあちゃんがせっかく作ってくれたのにいいいいいいいいいいいいいいっ!!

うわあああああああああああああああああああああああああああああああああんっ(泣)」

彰はズボンの裾を捲りあげ、ずぶずぶと沼の中へ。

「あ、あきっ・・・彰?なに、するの・・?」

「コマ取ってくるから待ってろ。そこを動くなよ。」

「うっ、うんっ・・・」

そういって頷いた純だったが、彰がどんどん沼に沈んで行くのを見て、

「も、もういいよっ!!彰っ!!危ないから戻ってきてよっ!!」

そういって自分も沼へと浸かった。

奥へと進んでいた彰は、ずぶずぶと沈んで行く純を見つけ、叫んだ。

「純!!来るなっていったろ?!いますぐ戻れ!!」

「たっ、たす、助けてッ、助けてよおおッ!!」

「純!!純!!動くな!!動くと余計に沈むッ!!」

必死に純のもとへと戻ろうとする彰だったが、純は底へと沈んでいってしまった。

「純!!」

nextpage

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

彰は沼を上がり、泥だらけの頬をこすった。

「・・・。」

コマはどちらも沼に飲み込まれてしまった。

彰は振り返らずに家に走った。

家に戻ると、おばあちゃんとおじいちゃんが宴会を開いていた。

「ただいま」

彰の小さな声は、すぐ近くにいたおじいちゃんにだけ聞こえた。

「おお、彰!!どうした、そんな泥だらけになって!!」

「ううん・・。」

「それより、純はどうした?」

「・・・純は・・・」

「まだ、外にいるんじゃな?

おじいちゃんが、探してくるわい。

おばあさんや!!彰が帰ったぞ!!」

おじいちゃんの声に反応したおばあちゃんが、彰のもとへ。

「あれまあ、泥だらけじゃないか。

大丈夫かい?」

何も答えない彰に変わり、おばあちゃんは笑顔で言った。

「コマくらい新しいものを作ってあげるのに無理しちゃ駄目よ。」

「うん。」

「純はどこ?」

「・・・沼にいるよ。」

「沼かい、そうかい。じゃあおばあちゃんもおじいちゃんと一緒に

さがしてくるねえ。このタオルで体をよおくお拭き。」

「・・・・うん。」

おばあちゃんが出て行くと、彰はタオルに顔を埋めた。

もし・・・

おじいちゃんとおばあちゃんが俺のせいで純が死んだって、わかったら・・・

俺、怒られるかな・・・。

もう、この家で生きていけないかもしれない・・・・

一生口を利いてくれないかもしれない・・・

nextpage

・・・・・・・・・ああ、・・・・もう・・。

沼なんかで遊ばなきゃ良かった・・・。

あんな遠いとこまで遊びに行ったから・・・

俺は年上だから、しっかりしなきゃいけなかったのに・・・

nextpage

・・・ごめん、純。

いつか絶対、その沼から出してやるからな。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
1,45620
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

あ、ごめんなさい、解説がわかりませんでしたか?
わかりやすくいえば、おばあちゃんは純を見殺しにしたってことです

どういう意味ですか?^_^;