中編3
  • 表示切替
  • 使い方

黒猫

黒猫は不吉?

いえいえ、黒猫はとても律儀なんですよ。

私の実家は港町にあります。

ここは平成七年一月十七日に阪神大震災により、壊滅的な被害を受けた場所です。

この地に引っ越してきたのは今から約三十年前。

引っ越してしばらく経ってから犬を迎えました。

名前はケビン。

ケビンは精悍な黒マスクに立派な体躯、頭の回転の非常に早い大型犬でした。

ある日、親戚の猫を一週間預かることになりました。

猫の名前は『吾輩』。

何故かというと、吾輩は真っ黒の日本的な猫で、夏目漱石の『吾輩は猫である』の挿絵とよく似ているから、だとか。

確かに小さい頃は似てたかな?

ケビンをケージにいれ、キャットハウスの中の吾輩とご対面。

圧倒的存在感のケビンに吾輩は少し緊張気味でしたが、徐々に慣れていき、三日目にはお互い意識もせず、リビングで思い思いの行動をしていました。

その頃ケビンはまだ3〜4歳の若い盛りでした。

一方吾輩は14歳と、高齢でしたが、まだまだ猫じゃらしでも元気に遊ぶ子でした。吾輩が跳ねるたびにカラーに着いた鈴がシャンシャン鳴りました。

預かり期間、特に異常もなく、元気いっぱい過ごしてくれました。

そして親戚が引き取りに来た時、吾輩は私の鼻先に自分の鼻をつけ、グルグル言ってから帰りました。

ケビンが少し寂しそうでした。

◎ ◎ ◎ ◎ ◎

それから何年か経ったある日。

私は夜中に鈴の鳴る音で目が覚めました。

寝ぼけているので、何の音か理解するまで少し時間がかかりました。

シャンシャン• • •

「あ!この音!」

慌てて起き上がると。

「吾輩?」

私のベッドの足元から床へ黒猫が飛び降りたように見えました。

部屋の電気をつけ、探してみましたがもちろん吾輩は居ませんでした。

時計を見ると朝の四時五分をまわったところでした。

◎ ◎ ◎ ◎ ◎

朝になり、母に聞いてみました。

「ねぇ、ママ。吾輩、元気かなぁ。」

「そら、元気やろ〜。シャンシャン言わして走り回っとるわよ。」

「四時過ぎにね、シャンシャンで目が覚めたの。だから気になって。」

今朝の出来事を話すと母は

「今晩でも電話してみるわ。」

◎ ◎ ◎ ◎ ◎

「あ、そうですか。• • • 四時過ぎに。そうですか。」

夜になって、吾輩が老衰で亡くなったと知りました。

やはり今朝の四時過ぎ。

私が目覚めた時は息を引き取った直後だったようです。

彼は我が家でお世話になったという事をちゃんと覚えていて、お礼に来てくれたのだろうか。

◎ ◎ ◎ ◎ ◎

「ゆ〜、郵便届いとぉで。」

数日後、私の元に一通の封筒が届きました。

開けてみると。

「ママぁ!吾輩のカラーよ!」

「うふふ。良かったわねぇ。」

吾輩の赤いカラー。

鈴の着いた赤いカラー。

シャンシャン• • •

今でも彼の鈴の着いた赤いカラーは私の手元にあります。

ご拝読ありがとうございました。

Normal
閲覧数コメント怖い
7777
4
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

ゆさん
黒猫は危ないですよ
これも、私書いてますので載せますね
私は虐待したので、祟られました。
今は私が仕事から帰るとすり寄ってきます

ロビン様
いつもありがとうございます。
黒猫に限らず動物は愛情を持って接すると必ず応えてくれます。
少しでもエゴがあると、見抜かれますしね^^;

そうなんやぁ~ いい話やなぁ 猫にも恩を感じたりするんですね♪

黒歌様
ありがとうございます。
赤いカラー、ケビンのカラーと一緒に私の宝物入れに入れてあります。
子供みたいなことをしてるのはわかってますが(笑)
娘には私が死んだら一緒に焼いて、と言ってます^_^

最初は阪神淡路大震災のことが伏線になってるのかなぁーって思いました。笑

そして、四時に聞こえた......もしや!?
っと、思ったらほっこり暖まっちゃういい話。

今話もご馳走さまでした。

uniまにゃ〜様
いつもありがとうございます。
お猫様、まにゃ〜様の帰りをゆったり待っているんでしょうね。
一緒に寝てあげたらどうでしょう?
すでに一緒に寝ていたらごめんなさい、です。

忘れられたら困る…
でも、私の場合仕方ないかぁ(T_T)
ウチのお猫様をほったらかしで、帰って寝るしかしていないからなぁぁ
遊んであげてない…
私が捨てられても、おかしくない状況です