短編2
  • 表示切替
  • 使い方

本屋にて

ふと、思い出した?ので投稿します。

あれは2008年の4月の出来事です。

当時私は無職でほぼ毎日、暇つぶしに街中のある本屋に通っていました。

記憶が曖昧ですがその日の昼頃?、いつもと変わらず5Fの一般書物コ-ナ-へ。

本屋内を独自のル-トで探索中。

ふと見ると、エスカレ-タ-の横に設置されている鉄パイプ状の手すりに、上半身を預けて立っている人がいる。

髪は長く、青汚いエプロンを身につけ、右手?に雑巾を持っている。

うつむいているので表情は見えないが、どうやら女性の様子。

確か私はその時、 「この店の店員かな? だいぶ疲れているみたいだなぁ~?それにしてもあんな所でサボっていて大丈夫か?」 なんて思った。

その日はそのまま帰宅。

今思えば奇妙だが、それから一月ほど経った頃、ふとその時の光景が脳裏を横切り、その日の内にいつもの本屋に直行。

エスカレ-タ-を利用し、5Fに到着するや唖然。

以前、私が目撃した女性。

そいつがサボっていたまさにその場所。

「足場がない.....。

」 私はつぶやいた。

何度確認しようが、どう考えても手すりにもたれる事など不可能なのです。

この体験以降、現在まで不思議体険する機会が増えています。

怖い話投稿:ホラーテラー ごとけんさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
14400
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ