中編4
  • 表示切替
  • 使い方

廃病院 -入口-①

music:4

あの日は、8月後半の蒸し暑い夜のことでした。

私はバイト先が一緒である、一つ上のヒロキさんに誘われ、S県のとある廃病院へと足を運ぶことにしました。

私もヒロキさんも霊感などはなく、今まで霊的な体験をしたことがありません。

そこで、私の同じ中学の同級生であり、霊感が強かったノブを連れて行くことにしました。

nextpage

「霊感が強い人間と一緒にいると、周りの人間も影響されて霊感が強まる。」

そんな話を聞いていた私達は、どうにか頼み込んでノブを誘いました。

しかし、別に私もヒロキさんも心の底から霊を見たかったわけではなく、

「霊感が強まる」

というスリルを楽しもうとしていたのだと、今では思います。

nextpage

music:7

深夜0時をまわった頃でしょうか。

私の車で向かっていたのですが、病院まであと少しというところで、ノブが奇妙なことを言い出しました。

「おいで、って言ってる。」

「えっ...?」

私とヒロキさんは、揃って呆気に取られていましたが、ノブはそのまま続けました。

「誘ってる。。。

これは、、ヤバイかもしれない。

シャレになるような霊気じゃない。」

またまた〜、と半ば冗談で返す私とヒロキさんでしたが、ノブの表情が青ざめていくのが分かりました。。

nextpage

music:4

そんな時、私はあることに気づきます。

「そういえば、この先の道が分かんないんだけど。」

大まかな地図は持っていましたが、何しろ周りは背の高い木々で覆われていて、目印らしい目印がありません。

恐らく、感覚では1キロもない距離までは来ているはず。

そう思い、とりあえず周りを観察しながら彷徨って目指すことにしました。

nextpage

music:3

5分ほど走ったでしょうか。

目の前に、それと思われる3階建ての建物が見えました。

手入れなどされているわけもないので、かなり荒れてはいましたが、確かに看板と思われる場所に◯◯病院と書いてあります。

(しかし、あれだけ適当に走っていたのに、よくこんなに早く着いたな。)

そう思うのと同時に、ノブの

「誘ってる。」

という言葉が気になりました。

nextpage

......まさか、ね。

さっきよりも明らかに早くなる鼓動。

......まだ入ってもいないのに?

自分の心の臆病に気づいてはいましたが、ここで逃げたくはありません。

「行きましょう、、か。」

行く前よりもずっと重くなった足。

身体が否定しているのかと思いました。

恐らく、ヒロキさんも同じ気持ちだったのでしょう。

出発の時のテンションは、私もヒロキさんもすでに無くなっていたのでした。。

nextpage

music:7

深夜0時半。

車を降りた私達は、まず入口を探すことにしました。

正面玄関には鍵がかかっており、ひとまず一階の窓を全部確認していきます。

カチャ

一つも空いていなければ、諦めることができたでしょう。

むしろ、それを期待すらしていたのに。

無情にもたった一つ、鍵がかかっていない窓があったのです。

目線より20cmほど高い位置にある窓の淵は錆び付いていて、ギギギ...と不気味な音を立てて開きました。

nextpage

「少し、中の様子を見てみます。」

ヒロキさんに足を少し持ち上げてもらい、私は建物の内部を覗き見ることにしました。

ギギギ...ガン!

開ききる際に、つっかえていた錆が取れたのか窓は大きな音を立てて開きました。

シーンと静まる森の中で、それはかなりの音のように感じました。

nextpage

music:3

ふと中を覗き込みます。

ここは、病室...でしょうか。

乱雑に並んだベッドが二つ、その上にくしゃくしゃのシーツ。

床は所々剥がれていて、

(これは足の踏み場に気をつけないと。)

そう思いながら、もう一度グルリと部屋の様子を確認しました。

すると、部屋の隅にやけに茶色く変色したタオル?を見つけました。

(あれ、、、血じゃねぇよな、、?)

考えたくもない。

しかし、そのタオルの影の不自然に気づいてしまいました。

nextpage

sound:18

(髪の毛....?)

茶色く変色したタオルの下の影に、やたら絡まった髪の毛が覗いているのです。

shake

「うわっ!!!」

私は、すぐに目線をそらしました。

(あれは...何だ?

まさか、首...じゃないよな?)

一瞬の出来事だったので、私は確認のためにもう一度見ることにしました。

nextpage

(あれ...?......無くなってる。)

さっきはあったはずの髪の毛が、もうそこには無かったのです。

でも、あれを見間違えたのか?

心の中では、今だ鮮明に残る3秒前の映像。

それなのに、今目の前にあるタオルの影には、先程とは違う映像が映し出されているのです。

「どうだ?」

ヒロキさんの一言に、ハッと我に返った私は、一先ず何かの台さえあれば入れることを伝えました。

「分かった。

確か車に大きいクーラーボックスがあったよな?

それ、使えないか?」

二週間前に行ったバーベキューで使ったクーラーボックス。

確かにそれは、私の車の後部座席にあります。

しかし、本当にこのまま、取りに行っていいものなのだろうか?

本当は、引き返した方がいいのではないのか?

「おい、聞いてるのか?」

急かすヒロキさんの言葉に流され、私は今だにぐるぐるしている頭の中を整理出来ないまま、車に向かいました。

背中を伝う寒気。

その寒気とは裏腹に、じんわりと滲む汗。

私は少しふらつく重たい足で、車の後部座席から大きなクーラーボックスを手に取り、病院の入口へと足を運ぶのでした。。

続く

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
2,5103
20
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

怖いを付けてくださった皆様、本当にありがとうございます。
駄文でわかりずらい点をあると思います。

その際は、ご気軽に言ってください^_^

また、続編の方も読んでいただけると幸いです。

はじめまして、早速コメントしていただきありがとうございます。
続きは今晩あたり書くつもりなので、よろしければまたお越し下さいね。

続き、楽しみにしてます(*´ω`*)