短編1
  • 表示切替
  • 使い方

三人。

ヒトミさんは中学生の頃、とても不思議な体験をしたそうだ。

学校から帰ってきて、二階の自室に入ろうとドアノブを回す。しかし、ドアが開かない。ドアのたてつけが悪くなったのかと思い、力一杯ドアノブを引っ張った。するとドアは開き、部屋の中には自分自身が内側からドアノブを握り締めて笑っていた。ドアが開かなかったのは、彼女のせいだったらしい。

部屋に入ると、またしても自分自身がベットに悠々と寝ていて、更に驚いた。

夜も更けたので、そろそろ寝ようかと自室に戻った。すると、先ほどの二人がスーッとヒトミさんの中に入ってきたという。

……あなたは大丈夫?

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
1,41510
8
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

hikaさん☞まめのすけ。

おおお……。それはまた凄い体験をなさいましたね。それでストーリーが一本書けそうです。お母様が見たhikaさんは一体……?

早く家に帰りたいと願う心境が生んだミラクルなのでしょうか。お父様の足音をするとのことですが、それもまた凄いですね。お父様も、早く自宅に戻りたいと思っていたのでしょうか。

湯川先生風に言うのならば「実に興味深い」。貴重な体験談を聞かせて頂き、ありがとうございます!

バケオさん☞まめのすけ。

遅らせながらアワード賞受賞、おめでとうございます。化物語繋がりで密かに応援しておりました。

ホラーが主軸となるこのサイトにおいて、心温まるストーリーが受賞に輝いたのは初めてなのではないでしょうか。改めてバケオさんの文章力、圧倒的な力量に感心致しました。

短編ものは本当に難しいですよね。長編のようにじわじわと読者を恐怖に浸透させていくのではなく、短いストーリーの中にガツンとスパイスを込める。特に最後のオチが重要ですね。

私の場合、短編ものの最後は敢えてぼかします。きっちりと終わらせるのではなく、ぼんやりと。最後にどうなったのかは読者様の判断にお任せしております。

いやしかし、短編ものは難しいですね。

外出して帰宅したある日、開口一番 母に「さっき帰って来てたよ。」と言われたことがあります。

母が視線を感じて振り返ったところ、半開きのドアから私が首から上だけ覗き込んでいたとのこと…笑
声をかけたらスッと引っ込んだようです(^^;;

その日は早く家に帰りたいなぁーと思っていたのでそういう理由かもしれません…

因みに我が家の父も仕事先から30分くらい前に気持ちだけ帰ってきます(足音のみするもので…笑)

こんなに短い話なのにしっかりと怖い話になっていて感心してしまいました。
自分も以前短編を書くのに苦労していた時期があったので短編の難しさはよくわかります。

Licoさん☞まめのすけ。

三人は魂が分裂したものだったのでしょうか。因みに、これは実話を元に書かせて頂きました。私自身の体験談ではないのですが。

月並みな台詞ですが、世の中には不思議なことがあるものですね。

赤煉瓦さん☞まめのすけ。

ドッペルゲンガーってやつなのですかね?見たら死ぬとか言われてますけれど、その点はどうなるのだろうか。

赤煉瓦さんのユニークあるコメントにはほっこり致します。寒い日に飲むココアのような。パンツの件には吹いてしまった(笑)。何も飲んでいなくて良かった(笑)。

最近だと、小さいおじさんの目撃談が聞かれますね。

uniまにゃ~さん☞まめのすけ。

どなたにコメントをお返ししたのか分からなくなってきた今日この頃。重複しないように気をつけておりますが、どなたかにコメント返しをしていないやもしれません……見直そう。

世の中には三人似た顔の人間がいるなんて聞きますけれど、ドッペルさんだったりするんですかね。似てる人ならともかく、自分自身は三人もいりません(笑)。一人だって厄介なのに(笑)。

意識をして行動すると、魂だけが先に行ってしまうんでしょうか…

まめのすけ。様 ドッペルなんとか・・ってやつですか?
いやいや、チョット違うか…
私が3人居たらビビり度の相乗効果で・・・パ○ツ汚してます((((;゚Д゚)))))))

自分がもう一人いたら、五月蠅いだろうなぁぁ
お喋りが止まらなそう(-"-)