中編3
  • 表示切替
  • 使い方

Sの仕返し

何年か前友人たちとアパートで飲み会をした。その時酔った勢いで心霊スポットに行くことになった。

知ってる人も多いだろう大阪の有名なあのスポットだ。たまたまいたSも誘っていくことになったが私はあまり気が進まない。

Sは人付き合いが悪いというより性格が悪いため友人らしい友人はおらず、わりと整った顔をしているのにいつもいやな感じのうすら笑いを浮かべ、こちらから声をかけない限り話すこともなくまれに話すことがあっても(不謹慎だと分かっていてつい笑ってしまうような)皮肉ばかり吐く仲がいいとはとても言えないヤツだったからだ。

飲み会にもただ酒を飲みに来ただけといった感じで誰も誘ってないのにやってきてまわりが怪談で盛り上がっていてもただにやにや笑いながら黙々と(割り勘なのに)酒を飲むだけ。そんなヤツをわざわざ誘ったのは、Sは巷では半信半疑ながら霊感があると有名だったからだ。

誘ったけどSは行かないと言った。それでもそこをなんとか…と頼むと

「そんなに行きたければ4人で行けばいいじゃないか。それとももっと人数が多くないと怖くて行けないのか?」

すると短気でいつもSにくってかかるYが

「うるせぇよ!こんなに誘ってもこないおまえこそ怖いんだろうがっ!もう行こう。こんなやつもう誘うな。」

「君の方がうるさいじゃないか。そもそも小学生じゃあるまいし口げんかでうるさいなんていい大人が言えるもんじゃない。君はほんとに大学生ですか?しもの毛が生えそろっているかも疑問だな。」

顔を真っ赤にしてものも言えないYを引きずり私たちだけで行くことになった。

その周辺まで車で行ってしばらくうろうろしながらだべっていたけれど(内容は主にSの悪口)結局何も起きないのでアパートに帰ろうと車に乗ったとき、バックミラーに車の後ろにみっしりとならぶ青白いかおで焦点の合わない目をした人の群れが写った。

必死でエンジンをかけようとしたがいくら鍵をひねっても何も言わない。

そんな気配を察したHが後ろを向いて悲鳴を上げたので車内の全員がそれに気づいた。

彼らはあっという間に車を取り囲みペタペタ、ガンガンと音を立てていたがしばらくしていなくなった。そのときすぐにエンジンがかかったので飛ぶようにアパートに帰った。

すでにSはおらず全て飲み尽くされたビールやチューハイの空き缶が転がっているだけだったがそんなことを気にする余裕もなくただ全員が無言で帰宅した。

何週間かしてYが行方不明になった。最後の目撃情報によると例の場所にぼけっと立っていたらしい。

何となくいなくなった理由は分かる。みんなSのすすめで「よく効く」お寺にお払いに行ったのに彼だけがこなかったのだ。

SにきくとにやにやしながらYにだけはお払いをすすめなかったといった。

「前々からうっとおしかったし格好の機会だと思って何も言わなかったんだ。おまえら全員背中に4、5人背負ってたからほっとけば必ずつれていくとおもって」

Sは故意にYにお払いをすすめず彼を行方不明にさせたのだ。そんな彼女は今とある役所に勤めている。今でも訪ねるとあのにやにや笑いで迎えてくれる。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
4290
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ