《木葉宅アルバイト後編》

長編11
  • 表示切替
  • 使い方

《木葉宅アルバイト後編》

これは、僕が高校一年生の時の話だ。

詳しくは前回の《棺姫》を読んで頂きたい。

※僕のキャラが可笑しな事になっていますが、そういう仕様です。

nextpage

・・・・・・・・・。

「暇ですねぇ。」

「お客さん、来ませんねー。」

今は午後の二時頃。

僕と木葉さんは、縁側でオセロをしながらお客さんが来るのを待っていた。

オセロは僕が黒、木葉さんが白だ。

小さく欠伸をしながら木葉さんが言う。

「この店、基本は予約制ですからね。飛び込みでの御客様は珍しいんです。・・・別に、何時も閑古鳥が鳴いてる訳では無いんですよ。」

パチ。

オセロは今の所、僕が優勢だ。

「分かってますよ。それ位。」

パチ。

「はい、角取ったーー。」

あ、木葉さんの敬語がログアウトした。

パチ、パチ、パチ、パチ、パチ、パチ、パチ、パチ、パチ、パチ、パチ、パチ。

黒かった盤が一気に白くなる。

「形勢逆転ですね。」

木葉さんがあくまでも淡々と言った。

僕は思わず呼び掛けた。

「ま、待った!」

「待った無し!」

「子供相手にムキになるなんて、木葉さんらしく無いですよ!」

「自分を子供と称する何て、コンソメ君らしくも無いですね!」

確かにその通りだ。

しかし、ここで引き下がる訳にはいかない。

「あーあーがっかりだー!木葉さんにはがっかりだー!!」

「どうとでも言って下さい。」

く、くそう・・・!

「モヤシー木葉さんのモヤシーー!!」

nextpage

「だ、誰がモヤシだ!!」

敬語ログアウト、再び。

「どうとでも言えって言ったじゃないですかー!」

「どうしてモヤシ何ですか!!」

「ヒョロッとしてナヨッとしてるからです!」

「だったらコンソメ君は豆です!豆!!」

「モヤシの弟が豆で何が悪いんですか!!」

「・・・・・・。」

いきなり木葉さんが黙った。

え?

僕なにかマズい事言った?!

木葉さんは下を向き、暫く黙ったまま顔を歪めたり戻したりしている。

流石に我が儘を言い過ぎたか、と僕が焦っていると、木葉さんがゆっくりと顔を上げた。

「・・・・・・それでも、駄目な物は駄目です。」

「・・・はい。」

その顔が何時も通りの困り顔で、僕は胸を撫で下ろした。・・・・・・仕方無い。

パチ。

僕は此処からの更なる逆転を狙い、石を置いた。

nextpage

・・・・・・・・・。

それから約一時間後。

僕等は退屈のあまり庭の掃除をしていた。

落ち葉を集めながら木葉さんが言う。

「出来れば、営業時間中にこう言う事は余りしたく無いんですけどね。」

「何故にですか?」

「・・・やはり、イメージの保持が大きな理由です。ほら、頼り無さげじゃないですか。御守り屋が庭掃除してるとか。」

そして溜め息を一つ。

「ですが・・・・・・何せ、暇ですからね。」

そしてまた落ち葉を集め始める。

だがしかし、木葉さん家の庭は本当に馬鹿みたいに広いのだ。

たった二人の掃き掃除なんかでそう簡単に綺麗になる筈が無い。

感覚としては、校庭の砂をスプーンで全て運び出す様な感じだ。

ひたすらに不毛。

僕は何だか悲しくなり、小さく溜め息を吐いた。

nextpage

「暇そうだね。丁度良かった。」

「・・・ふぁ?!」

突然聞こえて来たしゃがれ声に驚いて振り向くと、僕等の数メートル後ろに、何時もの猿面を着けた、烏瓜さんが立っていた。

「久しぶりだね?」

「あ、どうも。お久し・・・ぐぇっ?!」

頭を下げようとしたら、木葉さんに首根っこを掴まれた。

そして、そのままグイッッと引き寄せられ、後ろに隠される。

「・・・・・・何の御用でしょう。」

木葉さんが狐面を被りながら言った。

烏瓜さんが答える。

「・・・借りていた資料を返しに。そして次の資料を借りに、だよ。・・・・・・それにしても。」

面の下で烏瓜さんがクスリと笑った。

「君達が本当に兄弟だったとはね・・・。驚いたよ。」

「貴方には・・・関係の無い事でしょう。」

僕を後ろに隠しながら、木葉さんが言った。

「・・・資料ですよね。倉へと案内致します。・・・野葡萄。お前は下がっていなさい。」

僕は《烏瓜さんは僕と木葉さんが兄弟では無いのを知っている筈なのに、何故あんな事を言っているのだろう》と《烏瓜さんキャラおかしくね?》と思いながら、縁側へ上がった。

nextpage

コーン、コーン・・・・

突然玄関の方から、鐘の様な音が聞こえて来た。

「・・・おや、客人の様だね。」

「・・・・・・。」

木葉さんの顔がグッと険しくなった。

烏瓜さんが、ニヤリと笑った・・・様な気がした。

「ねぇ、出なくていいのかい?」

「・・・・・・弟に手を出したら。」

「殺す・・・とか?おお、こわいこわい。そんな馬鹿な事はしないよ。」

「・・・。」

木葉さんは面を少しずらし、キッと烏瓜さんを睨み付けて、玄関へと歩いて行った。

nextpage

・・・・・・・・・。

「・・・下りて来れば?」

木葉さんの姿が見えなくなると、烏瓜さんは僕にそう呼び掛けた。

僕は靴を履き、烏瓜さんの数メートル手前に立った。

「・・・あまり、兄をからかわないで下さい。」

「ゴメンネー。」

「謝り方に誠意が皆無ですね。」

「謝る気が無いからね。」

「・・・・・・。」

へらへらと言ってのける烏瓜さん。

本当にキャラの安定しない人だ。

「あ、そうそう。」

烏瓜さんがポン、とわざとらしく手を打った。

「何故に君がこんな所に?」

「僕は兄さんの弟ですから。」

「そんな事言うと、のり塩さんが寂しがるよ。・・・言い付けるよ?」

渋々と僕は答えた。

「・・・バイトです。」

「何の?」

「言わなくてはなりませんか?」

「そんな言いたく無い様な事を・・・?」

「倉掃除です。」

「成る程ね。・・・だったら、倉まで案内してくれないかな。こう広いと迷子になってしまいそうだよ。」

「迷子になってしまえ。そして干からびてしまえ。」

「随分な言い様だね。」

「胸に手を当てて自分の素行を思い出して下さい。」

ツタンカーメンの様に両腕をクロスさせて、烏瓜さんが数秒考え込んだ。

明らかにポーズがおかしい。

「・・・初対面の時の事なら、この間ケーキ買ってあげたじゃないか。」

「僕が負った心の傷はケーキ一個分ですか?」

「そう言えば、この間の報酬、まだ貰って無いんだけどな。」

※詳しくは《胡蝶の夢》を参照して下さい。

「《何》を《どれだけ》払うか言われてないんですよ?どうやって払えと。」

「倉の案内でいいよ。見せたい物もあるしね。」

「・・・・・・分かりました。」

僕は頷き、烏瓜さんと倉へ歩き始めた。

nextpage

・・・・・・・・・。

倉に着くと、烏瓜さんは真っ直ぐにある棚へと向かって行った。

「ほらこれ!」

棚の奥に手を突っ込み、黒いノートを取り出す。

薄闇の中に浮かび上がる白い文字。

そう。そのノートには、はっきりとこう書かれていた。

《DEATH NOTE》と。

「前見た時は開かなかったんだけど、本物だったら凄いと思う!!」

「開けてはいけません!」

咄嗟に僕は叫んだ。

倉中に僕の声が響いた。

「・・・開いてはいけないんです。」

もう一度僕が静かに言うと、烏瓜さんは一言

「・・・・・・ごめん。」

と言って、ノートを棚に戻した。

・・・烏瓜さんには少し悪い気もしなくなくなくはないが、全ては木葉さんの黒歴史を守る為だ。

「・・・資料は二階の箪笥の中だった筈だよ。取りに行こう。」

烏瓜さんが階段へと歩き始めた。

僕は、烏瓜さんに呼び掛けた。

「あ、電気点けましょう。暗いですから。」

「別にいいよ。二階には《彼女》が居るからね。・・・あれ、山葡萄君、会ってない?」

烏瓜さんが不思議そうな声を上げた。

あと何気に呼び方間違ってる。正しくは、山葡萄では無く野葡萄だ。

「いえ、会いましたけど・・・。二階にも、電気のスイッチ、有った筈ですよ?あと、僕の名前を勝手に食用にしないで下さい唐瓜さん。」

「可笑しいな・・・。木葉から、スイッチは一つしかないと教えられていたんだけど・・・。あと私の名前を夏野菜の代表格にしないで欲しいね。」

「・・・・・・。」

「・・・・・・。」

僕は取り敢えず、パチリと電気を点けた。

nextpage

・・・・・・・・・。

二階の階段を上りきり、僕はまたパチリとスイッチを押して、電気を消した。

「何時見ても美人だね。」

先を歩いていた烏瓜さんが、ポツリと言った。

青い光の元、ガラスの棺の中で相変わらず小雪さんは眠っていた。

・・・いや、起き上がっていたら、それはそれで恐ろしいのだけれど。

「・・・さて、資料資料・・・。」

烏瓜さんが、壁に並んだ箪笥の引き出しを開いた。

箪笥の中は一見、帯や着物が入っている様に見えたが、どうやらそれは表面だけで、下には資料がぎっしり詰まっているらしい。

烏瓜さんは本を鞄から取り出し、水色の帯が置いてある場所にしまうと、今度はその隣にある橙色の浴衣が置いてある場所から、数冊の本を取り、鞄へとしまった。

「・・・・・・よし、と。」

クルリと小雪さんの方を向き、またクルリと今度は此方を向く。

「・・・名前は、確か・・・《小雪》だっけ?」

「はい。」

「・・・彼女について、少し話しても?」

「どうぞ。」

僕がそう言うと、烏瓜さんはコホン、と咳払いをして、チラリと小雪さんを見遣った。

「・・・本人を前にして話すのも何だね。場所を変えようか。」

僕は頷き、先に階段を下り始めた烏瓜さんの後に続いて歩き出した。

後ろから、カタリと何かが動く様な音がしたのだが、・・・恐らく気の所為だろう。

nextpage

・・・・・・・・・。

倉から出て縁側に腰掛けると、烏瓜さんは倉の方を向き、話を始めた。

nextpage

・・・・・・・・・。

・・・さて、何から話そうかな。

・・・・・・野葡萄君。君、木葉から何処まで教えて貰った?嗚呼、勿論《小雪さん》についてね。

・・・・・。

ふーん。て事は何で彼女がああ成ったのかは、全然知らないんだ。

まあ、内容の後味が悪いのは確か何だけどね。でも、だからと言って全く話さないと言うのもどうか、と私は思うんだよ。

だから、私は君に話すんだ。分かったね?

nextpage

・・・・・・。

昔々、まだ日本が国として未熟だった頃の話だよ。

ある華族の家に、年頃の娘さんが居てね。

世に言う《箱入り娘》だったそうで、本当に家からは一歩も出た事が無かったらしい。

・・・え?

まぁ、その時代では格段珍しくも無かったんだよ。

家族構成は、両親と兄が一人。家にはメイドも数人居た。

で、ある日その娘さんがお嫁に行く事になってね。

でも、結婚して3日も経たずに破局と言うか・・・一方的に離縁されてしまってね。

その理由がだね・・・何だ・・・。

相手・・・つまり旦那さんに成る人は、相手が《箱入り娘》だから娶る事を決めたんだ。

《箱入り娘》って事は、当然、今までの男性経験も・・・無い筈、とその男性は思った思っていた訳だ・・・・・・。

でもね・・・。

nextpage

・・・・・・・・・。

そこまで言うと、烏瓜さんは困った様に頬をポリポリ掻いた。

お面の上から掻いても、意味は無いと思うのだが。

「えーとだね・・・。うん。・・・木葉が君に話さなかった理由が分かったよ。」

このままでは、埒が明かない。

僕は未だにポリポリと面を掻いている烏瓜さんに、言った。

「つまり、箱入り娘=生娘だと思い込んでいたその男は、初夜だか何だかに相手がnot生娘な事を知って一方的に離縁をした。で、・・・合ってますか?」

「・・・うん。合ってるよ。合ってるけどさ・・・・・・。」

「続きどうぞ。」

そう僕が促すと、烏瓜さんはまたポリポリと面を掻いた。

「・・・続きって言ってもな・・・・・・。」

「え?」

nextpage

「野葡萄君。彼女は箱入り娘だった。家から一歩も出ない程にね。・・・男性経験を持つって・・・・・・誰と?」

「・・・・・使用人の方とか。」

「彼女の家に居たのはメイドだけだよ。」

「・・・。」

「更に言うとね、野葡萄君。・・・彼女が離縁されたのは、別にそう言う経験が有ったからじゃ無い。・・・・・・妊娠していたから何だよ。」

「え・・・!!」

「そして、彼女の死因は練炭自殺。・・・彼女の兄が結婚式を挙げる予定だった日の朝、部屋で発見されたらしい。・・・もう、分かるね?」

僕は何も言わず、小さく頷いた。

彼女は、小雪さんは・・・・・・。

nextpage

自身の兄との子を為してしまったのだ。

「・・・まるで、三文芝居の様だね。」

烏瓜さんが吐き捨てる様に言った。

「彼女が腐らないのは・・・私はね、復讐じゃないかと思うんだ。彼女が、自分を裏切った兄を未来永劫責め続ける為にね。」

尤も、と烏瓜さんが続ける。

「此はあくまで目測に過ぎないけどね。・・・でも、多分合ってると思うよ。」

僕は烏瓜さんに聞いた。

「その・・・小雪さんのお腹に居た子は。」

烏瓜さんは、静かに顔を横に振った。

「・・・・・・道連れにされてしまったよ。」

「・・・そう、ですか。」

僕は視線を落とし、烏瓜さんはボソリと呟いた。

「・・・誰が加害者で、誰が被害者何だろうね。」

nextpage

・・・・・・・・・。

「・・・烏瓜さん、どうして貴方は彼女について、そんなに詳しく知っているんですか?」

僕がそう聞くと、烏瓜さんは言った。

「日記だよ。私の先祖のね。」

「・・・日記?」

「ゴシップ好きだったらしくてね。当時の色々な事件が書いてある。まぁ、下世話な話が九割だけど。読んでみると中々に面白いよ。」

「・・・・・・成る程。」

先祖代々ひねくれ者なのか。

なんだか納得した。

nextpage

烏瓜さんが立ち上がった。

「・・・もう、木葉も帰って来る頃かな。そろそろ私は失礼するよ。・・・・・・あ、そうそう。」

歩き出した歩を止めて、振り返る。

「・・・・・・何時も君の傍を飛んでいる小鳥が居るんだけど、心当たり、ある?」

「・・・え?小鳥?」

周りを見ても、小鳥どころか先ず鳥類が居ない。

「小鳥だよ。黄色くて小さい奴。種類までは分からないけどね。よく頭に乗って来る子だよ。この間何て、もちたろうが頭に乗られて困ってた。」

僕はハッと、昔に飼っていた小鳥の事を思い出した。

「・・・・・・ピヨ太。」

「やっぱり君のか。・・・今度からは、あまり頭に乗らない様に、ちゃんと言い聞かせて置くんだよ。見てる分には可愛いけれど、もちたろうが痛そうだからね。」

烏瓜さんはそう言って去ってまた歩き出した・・・かと思うとまた立ち止まった。

「ほら、飛んでる。」

そう言って、僕から見て左の空を指差す。

僕は顔を上げて空を見たが、滲んだでぼやけた空は青一色で、黄色は何処にも見えなかった。

nextpage

・・・・・・・・・。

その後、帰って来た木葉さんが涙腺崩壊している僕を発見し、

「・・・・・・・・・コロス。」

と呟いて名伏しがたきバールの様な物を持って出て行ったが・・・・・・多分大丈夫だろう。

nextpage

nextpage

・・・・・・・・・。

後で木葉さんに、

《小雪さんの棺の蓋を勝手に開けなかったか》

と聞かれた。

見た時、蓋がずれて半分程開いていたらしい。

木葉さんは、

「あの猿野郎が開けたんですね!全くあの変態!!」

と言って居たが・・・・・・。

そんな筈は無い。

彼は僕と行動を共にしていたのだから。

しかし、とうに亡くなっている小雪さんが、蓋を開けられる筈も無い。

あの二階で聞いたカタリと言う音だって、気の所為に違い無い。

nextpage

死体は動かない。

動いてはならない。

だから・・・今回のこの話の真相は、《永遠に分からない》とでもしておこう。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
1,4662
12
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

Uniまにゃ~さんへ

まさかのゾンビ化・・・ですと?!
もうこれはヘタレな兄に代わって、僕がネイルハンマーを・・・!
と、冗談はこれくらいにして答えさせて頂きますと、《復讐相手のお兄様は今、墓の下に居る》のです。
多分大丈夫です・・・多分!!
と言うか、怖くてあまり考えたくないです・・・。

小雪さん動きそう…(T_T)
復讐なんですかね??
もちろんミイラ化してる姿で行くんですかね