中編3
  • 表示切替
  • 使い方

峠での出来事

山に囲まれた自分の地域は、他の地域へ抜ける数々の峠がある

何の変わりもない峠道だが、峠というのは必ずと言って良い程、怖い話がある

女が佇んでいた、とか

勝手に乗り込んできた、

追い掛けられた、

同じ所をグルグル回る、

と様々ある

その中で、自分達が体験?したオススメ…とは言えないが

峠で起きた怖い話

403号線

温泉や寺で有名な地域へ抜ける山道に近い峠道

廃屋があったり、外灯の無いトンネルがあったり、心霊スポットに名が上がりそうな良い雰囲気な峠がある

友人と新しい心霊スポットを見付けようと話し、ここへ行ってみる事にした

ある春先

403号線へ向け、友人は車を出した

自分、友人、と友人の彼女、この三人

お邪魔虫な自分は一人後部座席へ座り、いざ峠へ

最初は民家もあり明るいが、奥へ行くにつれ車のライトが頼りの暗い道になる

彼女

『こわぁい』

この彼女、友人は一ヶ月程度で別れたんだが、作り天然の尻軽女として有名な女だった

この日もどこでかぎつけたか、教えてない筈の自分家にいきなり来て『遊びにきちゃった』と上がり込んだ

丁度友人も部屋に来て居て、これから心霊スポットに行くって話をしてたので、嫌だったが連れて行く事にした

車内は友人の彼女の下らない話で一杯になった

自分は黙り、友人は相槌をうつ、という嫌な雰囲気全開だった

自分が煙草を吸おうとしたら

『この車は禁煙なのだ』

と言い煙草を取り上げられた

ぶん殴りたかった

自分は余り彼女の事を、良く思って無い事を友人は知っている為、仕切りにこちらの機嫌を伺い、彼女は気にせず自分の話をする

車内は心霊スポットに向かう様な雰囲気は未塵もなく、峠をひたすら走っていた

最初、廃屋が見え入ってみようと近くまで行ったが、入れる様な状態ではなく断念

自分の苛々が絶頂の頃、鉄骨のトンネルが見えてきた

『歩いて入ろう』

自分は車に居たくないのもあり、車を停めさせ懐中電灯片手に一人トンネルに入った

急勾配のクネクネ曲がるトンネル

中には花がたむけてあり、かなり怖かった

難無く登りきり、次は下り

またトンネルに入る

下りは急勾配のせいか、かなり暗く感じ鉄骨の隙間から月明かりが漏れている

誰かが立っていたり追われる想像が駆け巡り、

走り友人の待つ下へ向かった

トンネルを抜け、車に向かうといきなり友人が怒鳴った

『○○(彼女)は!?それと何連れてきた!』

背中を乱暴に叩き、自分を車に押し込んだ

何事か解らず、助手席をみると彼女がいない

友人も車に乗り込み

トンネルへ向かおうとライトをつけた時

車の目の前に泣きじゃくってる彼女がいた

『心配だったから京介の後すぐ追い掛けたけど、全然追い付けないし

トンネルは抜けないし、引き返してきたら二人共車に乗ってるし、もう最低!』

自分は一通りトンネルを通ってきたが会ったのは、た向けてあった花位で、彼女には会っていない

友人は『ごめん』と言いながら駆け寄ったが、彼女は友人を突き飛ばし

自分の座る後部へ乗り込んできた

『京介怖かったよー』

自分に抱きつこうとした彼女を無視し、助手席へ自分は乗り換えた

引き返す時、終始無言で友人は彼女を家まで送り、友人は彼女に何事か話し戻ってきた

自分は友人にキレてしまった

自分

『何であんな女と付き合ってんだ!てか俺んち教えんな!』

友人

『教えてないし、彼女いつもああなんだよ。』

自分

『あーそうかい。二度と会いたくねぇ!煙草取られたままだし、くそっ』

友人

『もう別れたから会うこと無いよ』

自分

『はっ?』

友人

『送ったついでに、別れてきた』

自分

『…まぁ…良かったわ』

友人

『お前に憑いてきてたヤツ、彼女に憑いてたけどムカついたから、ほっといたよ。悪かったな。俺の事で不快にさせちまって』

自分

『いや…まぁ…いいさ』

友人には…というか見える人には逆らわない方が良いなと思った夜

帰りコンビニに立ち寄り、友人は詫びだと、煙草を一ダース買ってくれた

その後の彼女はどうなったかは知らない

以上です

大半心霊とは異なるくだらなく長々しい話で申し訳ない

怖い話投稿:ホラーテラー 京介さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
2970
2
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ