長編6
  • 表示切替
  • 使い方

友達が怖い

Rとは大学で初めて出来た友達だから

もう、十年来の付き合いになる

nextpage

wallpaper:90

Rは東北生まれで、こっちの大学を

卒業してそのまま就職したため

今までのアパートを引き払い会社の近くの

アパートに引っ越すことになった

私も手伝いを頼まれた

wallpaper:90

築10年にしては綺麗な部屋で

キッチンが広い

前の住人のなのか小さいが

収納棚があった

「棚の位置を変えたいから持って」

Rに言われて一緒に持つ

shake

プロマイド?

収納棚をどけると

昔のアイドルのプロマイドが壁に画鋲で

固定されていた

「なーにこれ」2人で、くいつく

私達が10代の頃に売れていたアイドルだ

いたいた!好きだったよー

歌まねしたり、ふざけていた

プロマイドを取ると壁に穴が空いていた

綺麗な穴

まるでコンクリートが乾かない内に

指を入れたような穴

深さはどのくらいだろう覗いてみたけれど

外まで見えるほどではないみたい

R「だから、これで隠してあったのかもね」

気にせず捨てた

Rが「じゃ棚はこの位置でいっか」

と元に戻すことにした

1ヶ月後、お互い落ち着いた頃に

食事をしようと言うことになった

wallpaper:191

店に入って来た友達を見て驚いた

すごい目にクマ

私「どうしたの?仕事、大変なんだ?」

R「違う…最近、金縛りがひどくて」

週3のペースで午前3時に目が覚め

金縛りにあうとのこと

でも、変な事はないからストレス

かなってRが言ったので私も納得した

この1ヶ月、生活が激変だもん

そんな事もあるかも

その日は久しぶりに会ったこともあり

お互いに就職した会社の

悪口で盛り上がり遅くまで話し込んだ

nextpage

wallpaper:57

次の週が連休だったのでRの部屋で

呑もうと言うことになり私はお泊まりセット

持参で部屋に遊びに行った

パジャマに着替えて女子会の始まり!

会社のこと、彼氏の話し

たわいのない話しは深夜まで続き

まるで学生の頃に戻ったよう

寝転んだりしながらキャッキャ

騒いでいた

午前2頃に、お互い睡魔…寝ることにした

Rのベットと並ぶように布団を置いて

「おやすみー」電気を消す

wallpaper:157

どのくらいたっただろう

music:2

異常な寒さで目が覚めた

まだ、3月だけど真冬の外のような

寒さでガタガタ震えた

布団が氷のように冷たい

窓でも開いてるんじゃないの?と

部屋を見渡した

玄関の方から冷気が来るのがわかる

寒い………………寒い…

体を丸める

その時、キッチンの奥から

何か影のような物が動いた

キッチンと居間は磨りガラスの引き戸

で仕切られている

磨りガラスのせいか黒い影が…

揺れてるように見える

………?あれ?

気のせい?目をこらす

music:6

wallpaper:528

…………………………

収納棚があるところ

その辺から揺れていた影が大きくなった

黒い塊が近づいてくるーー

人間?!

今は、はっきり見える

台所を這うように出てくると

部屋に入り立ち上がった

うなだれているので長い髪で顔は見えない

長い髪……だけど

体格から男だとわかる

やだーー

どうしよう!!!

近づいて来るーーーーーー!!!

金縛りで動けなくなっていた

Rのうなされる声が聞こえる

Rも金縛りになっているの??

男が私の所まで来て布団に

つま先が引っかかる

布団が反動で浮く

何度も何度も何度もーーーー

「ソッチマデ…イケナイ…」

「ソッチマデイケナイィーーー」

声が聞こえる!

Rの所に行けないって?

そう、言ってるの?!

早く!

早く!消えてーーお願いーー

いなくなって!!

恐怖で目を閉じているのがやっとだった

nextpage

music:4

wallpaper:126

気がつくと朝になっていた

夢?

違うリアルすぎる………………

目が覚めたRに「金縛りなった?」と聞いた

Rは普通に「なったよ」と答えた

男の事を話すと幽霊の存在を信じないRは

失笑して、やめてよって睨みつけた

Rは、そういうのが大嫌い

私が好きなので、そういう類の

話しになると前から嫌そうな顔をした

そうだよね…

自分の部屋を悪く言われたようで嫌な

気持ちにるよね

空気が悪くなったので、それ以上は

言わなかった

nextpage

wallpaper:51

帰りの駅のホームで目眩がした

体が熱い

まただよ………

私は、強い霊を見ると負けるんだろうね

高熱をだす

案の定

2日間、寝込んだ

nextpage

wallpaper:126

数週間が過ぎてRから電話が来た

あまりにも不眠が続くので、親が心配して

地元で祈祷師に見てもらうと言われたとのこと

地元では有名な祈祷師らしく、Rも

親に説得され、仕方がなく部屋の写真を

撮り送ったと言った

それで?それで?

私は急かした

nextpage

その方が言うには

wallpaper:437

壁から何者かが覗いている

壁の何処かに何か印があるはずだ

と言ったそうだ

……………

………………………………!!

music:6

思わず叫んだ

「あったじゃない!!」

声が大きくなってた

Rは、すっかり忘れてるのだろうか

あの穴……

「キッチンの棚の裏に穴があいていたでしょ?

ほら!プロマイドが貼ってあったじゃん?」

Rは絶句しているのか黙ったままだ

「そうだったね……」

消えそうな声で言った

music:4

nextpage

wallpaper:126

私は、すぐにRが引っ越すと思っていた

いくらお祓いをしてもらったとしても

気持ちが悪い

普通の女の子なら怖くて我慢できない

でも、Rは引っ越していない

母親は心配して移るよう勧められたらしいが

お祓いを受けたでしょ?と

取り合わなかったそうだ

口では怖いねって言っていたが…

部屋が特別、気に入ってるとは聞いてない

職場も近くはなったが電車で3駅もある

今時のオシャレな感じではなく

古いどこでもあるアパート

なんでだろう……

nextpage

次の年、母親が急死した

その次の年に弟が事故死

その次の年には父親も病気で亡くなってしまった

Rは毎年、葬式を出していたことになる

天涯孤独になってしまった……

Rの心の闇はどんなだろう

あの部屋の男のせいだとは言わないけど

どうしても考えてしまう

だってあの男は…

Rの所に行けないってハッキリ

言ってたんだよ?!

……………………

nextpage

R自身には、なにもない

まだ独身だけど役職になり仕事が忙しくて

といつも言っている

友人も多く海外旅行など年に数回は

行ってるととの事

私は結婚して、お互い生活ペースが変わった

私の引越しで家も遠くなり

会う機会が少なくなった

年に1,2回は会ってるかな

nextpage

でも……年々

…………

約束する度に、怖くなる

今度はどんな姿なのだろうって…

nextpage

ガリガリの体

ショートでパサパサに広がる髪

目が落ち込んで陰を作っている

神経質そうに薄い唇を

強く巻き込むようにしているので

痩せて大きく見える目が

もっと大きく見える

右目の充血が酷く……

充血と言えるのだろうか

真っ赤

前に会った時にアレルギーと言ってた

まだ、治らないのか

通り過ぎる人が見ているのが

わかる……

Rが私に気がついて手を振る

努めて明るく手を振り返す

笑うと顔の歪みが…酷い

人毛のような黒い細い糸が巻き付いている

ブレスレットに目が尖った怖い顔の

キツネのストラップがついた携帯電話

今日も全身、黒ずくめ

前は明るい派手な色が好きだったのに

wallpaper:67

まただ……

食事をしていると突然、無口になり

表情が険しくなる

…………

店の外に出てしまった

私「どうしたの?」

R「隣の人の食べる音が我慢できない」

…………?

食べる音?全然、気がつかなかった

私が特別、鈍感なんじゃない…

と思う

会ってる時は、ずーとそんな感じで

すっかり、クタクタで帰る

毎回だ

もちろん、アパートの話しはしない

wallpaper:531

でも…本当は

聞きたい……

同じアパートに住み何でもないの?

あの男は?

あの男は、もう出ないんだよね?

nextpage

だって……

sound:33

一緒に撮ったRの写真は……

手が異常に長かったり

顔だけ、のっぺらぼうのように

写ってなかったり、まるで幽霊と

一緒に撮った写真にのようだから

でも、しばらくたって見返すと

ちゃんとした写真にいつも

戻っている

これって……?

あの男とは本当に関係ないの?

Rの事は大切な友達だし好き

でも会う約束をした日から、ずっと怖い

会えるのが怖い……

Normal
閲覧数コメント怖い
1,9181
15
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

嫌ですね....
私なら3日くらいでお祓いやって、一週間続いたら不動産行きます(T ^ T)
結局男の仕業なのか気になりますが、面白かったです^_^