短編2
  • 表示切替
  • 使い方

祠のある湖

山の中腹に美鈴湖という以前自殺者もあった溜池がある

ここでの怖い話

溜池の畔、一部整備されていない場所があり

其処には神社と思わしき鳥居と祠がある

夜この場所に行くと

鈴の音が聞こえ、池に引きずり込まれるという

真相を確かめるべく友人と向かった

友人は幽霊が見えるのかどうかは分からないが見えないものを見て騒ぐといったことがしばしばあった

深夜、美鈴湖到着

辺りは静まり帰り、木々のざわめきが聴こえる

薄暗いがカップルが来ればそれなりに楽しめる場所だと思う

旅館の施設?や釣りエサ売り場が有ることから、時期が変われば賑わっているようだ

溜池を半周し車を停め、いざ祠へ向かう

明かりは無く、道は溜池に面した獣道に近い為足を滑らせれば池ポチャは免れない

月明かりが鳥居と祠を照らしている

もうじきか…と思ったとき

友人

『おい!帰るぞ!』

自分

『何で?目の前じゃんか』

友人

『池見てみろ』

自分

『……?何かあるのか?』

友人

『浮いてるヤツいるわ』

自分

『どこよ?』

友人

『頼む、急げ!』

自分は半ば、友人に引きずられながら車へ戻された

友人

『自分等が鳥居に近付く度、浮いてるヤツが此方に近付いてきたんだよ

…引き返した時アレはやばかった、遠くにいたヤツが一瞬でお前の真後ろにいるんだもん』

自分

『…気持わり…』

友人

『まだ居るんだけどな』

自分

『まじかよ!』

後ろを振り返ったが、溜池が見えるばかり…

友人が御守り?を車から出して自分に渡した

しかも交通安全…

友人

『無いよりゃマシだ』

言葉が無かった

帰宅途中、憑いてきたモノは自分の正面に持たれかかり友人を見ていたが

暫くすると諦めたように消えて居なくなったそうだ

友人

『水死体ってみたことあるか?数時間ならまだしも、数日たったやつは水含んでブクブクに体が膨れ上がり、いくら美人でもそりゃ見れたもんじゃないぜ

そんな水風船みたいな奴がお前に憑いてきてたんだよ、本当見えないっていいよな』

友人は一体どんな世界をみているんだろうか

気になって仕方ない

以上です

乱文申し訳ないです

怖い話投稿:ホラーテラー 京介さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
16300
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ