短編1
  • 表示切替
  • 使い方

顔が…

父が体験した話です。

ある夜、夜中にトイレに行きたくなって目が覚めました。

その時、隣に寝ている母に目をやると、顔がなかったといいます。

父は恐ろしくて思わず叫びました。

すると母がびっくりして飛び起きたそうです。

「何の騒ぎよ!?」

起きた母には普通に顔が。

怪訝に思った父がよく見ると、その当時飼っていた黒猫が母の隣に居ました。

そう、黒猫が母の顔の上に寝ていたため、顔が識別できずに、顔が無いように見えたのでした。

首なしライダーのトリックみたいですね(笑)

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
14100
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ