中編5
  • 表示切替
  • 使い方

ヒキコさんと私

私は、長い間学校で所謂《いじめ》を受けて来ました。

事の発端を、今はもう覚えていません。

ただ、些細な、些細な出来事だった筈と記憶しています。

私の髪飾りがクラスのリーダー格の子と被ったとか、私が花壇の花を間違えて潰してしまったとか、そんな些細な出来事です。

そんな些細な事が発端となって、私は、長い間いじめられてきました。

nextpage

無視され。

物を隠され。

水を掛けられ。

泥を投げつけられ。

そんな日々を送っています。

私をいじめているのは《○○さん》です。

先生は知りません。

知らない振りをしているのかも知れません。

両親は知っています。

でも、お母さんは

「貴方にだって悪い所があるのよ。」

と言って、助けてくれません。

お父さんには、この事を言うと酷く機嫌が悪くなるので、話すのを止めました。

なので、私は今日も独りです。

nextpage

●●●

学校が終わって直ぐに家へと帰ると、機嫌が悪いお母さんと二人になってしまいます。

なので私は学校が終わると、近所にある人気の無い神社へと向かいます。

森の中にある神社です。

人は、滅多に来ません。

私は其処で、夕陽が沈むまで座っています。

宿題はしません。

家に帰った時、部屋に行く理由になるからです。

その日も、私はブラブラと足を揺らしながら縁側に座っていました。

nextpage

●●●●

その日は雨降りで、糸の様に細い雨が降っていました。

私は、ポタリポタリと屋根から垂れる雫を見ていました。

すると、ヨロヨロとよろめきながら、一人の女性がやって来たのです。

その人は、大きな傘と、大きなマスクをして、白いワンピースを着ていました。

雨宿りをしに来たのでしょうか。

彼女は、私から少し距離を開けて座りました。

「・・・今日は」

私がそう言うと、彼女は小さな声で

「・・・・・・ゴンニヂハ。」

と言いました。酷くしゃがれた声をしていました。

それが、私と女の人との出会いでした。

nextpage

●●●●●

それからその人は、毎日毎日、神社へとやって来ました。

季節は梅雨で、毎日毎日、雨が降っていました。

私達は、少しずつ話をする様になって行きました。

「ドモ・・・ダヂハァ?」

「居ません。」

「・・・ナァンデェ?」

「○○さんと言う人が居て、私を苛めるんです。」

「ゼンゼェバァ?オドヴザンオガァザンバァ?」

「・・・思ったより、助けてくれないです。」

「・・・・・・・・・。」

私がそう言うと、彼女は少し黙って、ゴソゴソとワンピースのポケットを探りました。

「・・・ァイ。」

彼女が突き出した手には、一本の棒つき三角飴が握られていました。

「・・・ありがとうございます。」

私が飴を受け取ると、彼女はマスクの下で小さく笑いました。

「ギィレイ。」

「・・・綺麗?」

彼女が、神社の柱を指差しました。

其処には、一匹の雨蛙が張り付いていました。

目に鮮やかなエメラルドグリーン。

「・・・綺麗ですね。」

女性が今度は、私の事を指差します。

「ニデルゥ。」

「似てる?私に?」

私がそう聞くと、彼女は嬉しそうにガクガクと頷きました。

「ニデルニデルゥ。」

「・・・ありがとうございます。」

誉めてくれたのかな、と私が思っていると、彼女は唐突に言いました。

「・・・ワダジ、ミニグイィィ??」

彼女の顔には、酷い傷が付いていてました。

「そんな事無いですよ。」

「・・・・・・・・・ゾゥ。」

そして、彼女は立ち上がりました。

「・・・・・・ザョゥナラァ"」

「・・・さようなら。」

そして彼女は、ユラユラと石段を下りて行きました。

次の日から、彼女は神社へ来なくなりました。

nextpage

●●●●●●

彼女が神社へと来なくなってから暫くして、学校で《ヒキコさん》と言う噂が立ち始めました。

親から虐待され、いじめられて、手足を縛られて引きずり回された妃姫子(ひきこ)さんが、雨降りの日に出て来て、子供を引きずると言う話でした。

「私は醜いか?」

と聞くのだそうです。

《美しい》と答えると、ヒキコさんに気に入られて引きずられます。

《醜い》と答えると、怒って引きずります。

《普通》と言っても、引きずられます。

ですが、ヒキコさんは、いじめられている子供は引きずりません。

昔に自分をいじめていた子供と、同じ名字の子供も怖くていじめられません。

でも、そんな事私には関係ありません。

今日も私は、いじめられていました。

なので、ヒキコさんには引きずられません。

私はまた今日も、あの神社へと向かいます。

nextpage

●●●●●●●

次の日。

○○さんが学校を休みました。

雨降りの日でした。

nextpage

その次の日も、休みました。

nextpage

その次の次の日も、休みました。

nextpage

その次の次の次の日も、休みました。

nextpage

その次の次の次の次の日も、休みました。

nextpage

そうして、○○さんは休んだまま、この学校を去って行きました。

噂では、ヒキコさんに連れて行かれたのだ、との事でした。

nextpage

●●●●●●●●

○○さんが居なくなると、クラスメイトは、掌を返した様に私と仲良くしてくれました。

私は、最初こそ警戒したり、クルクルと態度を変えるクラスメイトを軽蔑していましたが、何時の間にか、友人と遊ぶ楽しさで忘れていきました。

nextpage

●●●●●●●●●

ある日、私は友人の一人に、神社に来ていた女の人の話をしました。

すると、彼女は驚いた顔をして言いました。

「それ、ヒキコさんだよ!!」

私は驚きました。

だとすると、彼女は・・・・・・。

あの時、私が○○さんにいじめられていると言ったから・・・・・・。

「・・・ごめん。ちょっと先に帰るね。」

私は、ランドセルを背負って、昇降口へと駆け出しました。

「ねぇちょっと!!雨降ってるよ!!濡れちゃうよ!!」

友人はそう呼び掛けて来ましたが、私は振り返りませんでした。

nextpage

雨の降る中、神社へと向かいます。

石段を駆け上がると

其処に、彼女は居ました。

nextpage

●●●●●●●●●●

雨の中、彼女は立っていました。

私はゆっくりと彼女に近付きました。

彼女がそっと、マスクを外します。

顔にはやはり酷い傷が付いていてました。

彼女が、ニッコリと微笑みました。

nextpage

ミヂッッ・・・!

ミ"ヂッッヂュッ・・・グヂャッ"ブヂッグヂャッグヂュグヂジュゥ・・・!!

彼女の頬が裂け、肉が露になりました。

「え・・・・・・?」

唖然としている私に、彼女は聞きました。

nextpage

「ワダジィバァ・・・ミニグイガァァ?!」

nextpage

○○○○○○○○○○○

私は、気付きました。

《ヒキコさん》が引きずらないのは、

《いじめられている子供》なのです。

いじめられていない《私》等、彼女にとっては、もう、只の《子供》にしかすぎません。

nextpage

引きずる対象である《子供》に。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
2,29018
29
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

こわ…もう雨の中歩けないですw
あ、あとすごく面白かったです(´・ω・`)

だいぶ前からこの話好きだった!

この前やっとアカウント作れたから、
怖い付けましたwww

元ネタの方ゎ出てる?

翔さんへ
コメントありがとうございます。

あ、元ネタと言っても、そっちは怖さ皆無ですよ。
いつか書きます。
質問の選択肢、どれを選んでも引き摺るって・・・。
最早質問の意味、無い気がします。

いじめられっ子だけが対象外って、何だか納得いきませんよね・・・。

だいちゃんさんへ
コメントありがとうございます。

ムシャクシャしてbadendにしました!
反省も後悔もしておりません!!

元ネタ有るんだ(ーー;)
いずれ拝見したいです(^^)
ヒキコさん…出くわすとほぼ引きずられるんですね(ーー;)
苛めっ子だけに狙いを定めてほしいですね(^^)

ナツさんへ
コメントありがとうございます。

そう言って頂けると嬉しいです!
本当にありがとうございます。

絶望さんへ
コメントありがとうございます。

遊びから出来た妖怪・・・。
としたら、矢張、僕の友人が出会ったのはヒキコさんと違うんでしょうか。
今となっては、知る由も有りませんが・・・。

あーやんさんへ
コメントありがとうございます。

ありがとうございます。

あの音は、鶏肉を捌く音と、ビーフジャーキーや燻製イカを食い千切る音を参考にしました。

落ち、やっぱり救いが無さすぎでしょうか。
この話を書いた時、寝不足とデータのぶっ飛びで苛ついていたんです・・・。

ロビンMさんへ
コメントありがとうございます。

ヒキコさんは《引っ張るぞ!引っ張るぞ!》と言うと怖がって退散する様です。

・・・人外になってもなお、引き摺られるのを恐れているんですね。
これが世に言う《PTSD》と言う奴なのでしょうか。

あー…想像してしまった……。
怖っ。

人間が妖怪化するのは
それぞれ理由がある
そのなかでひきこさんは、ある人たちが遊びで作ったのですが 怨霊達の集合体がひきこさんだと聞きました

音の描写がリアルで...
てか全部が怖かったです。。ひきこさん、意外といい人だと思ったら...そんな落ちが来るとは。。。

やあロビンミッシェルだ。

ひ、ヒキコさん怖えええ!!

私氏逃げろーーー!!

口避け女氏の様に足メチャ速そうだけどとりあえず逃げてくれーーー!!

Uniまにゃ~さんへ
コメントありがとうございます。

この落ちは、《もしヒキコさんが本当に、自分のルールに忠実だとしたら》と思って考えた話です。

本当はもっとハートウォーミングな話だったんですよ。

MEGさんへ
コメントありがとうございます。

実話の方では、少し落ちが違います。
経験したのは僕の友人です。

何時か書けると思います。
気長にお待ち頂けたら、幸いです。

切ないな(T_T)虐められてないと引きずられちゃうのかぁぁ

ぶちぶちが想像できて、痛いやら怖いやら痛いやら怖いやら..

いじめられてる子供の
味方までは..

いいやつじゃん(*≧∀≦*)

って思ってだけど..

そうじゃないと引き回しの刑なのは..

いやぁぁぁ((((;゜Д゜)))

実話が元ならまた実話も読んでみたいです☆