中編2
  • 表示切替
  • 使い方

少女の願い

music:4

これは1年くらい前に

実際に私が体験した話です

-----------------------------------------

私は時々だけど見える時があった

また影響も受けやすかった。

その日はうっかり寝坊してしまい

車を使い焦りながら運転していた

近道でもしようと、脇道をした

周りには誰もいなく道も

まっすぐだったので

かなりスピードを出していたと思う。

走っていると一瞬だけど窓のすぐ横に

誰かがいるような気がして

チラッと脇見をしてしまった。

すると今度は目の前に何かの気配が。

振り向くと目の前には女の子がいた。

nextpage

sound:24

思わず急ブレーキを踏んだ。

shake

ドン、と衝撃が走る。

shake

あぁ、やってしまった

と、絶望感が走ったのを覚えている

急いで車から降りて周りにを見渡す

誰もいなかった。

下を覗きこんだが少女はいなかった。

車をみると傷一つなかった。

ふと道端をみると花束が置いてあった。

そこの近くには

死亡轢き逃げ事故がありました

目撃者は〜

みたいな看板が立っていた

成仏できないんだなって思い

手を合わせた。

nextpage

寝坊したことを思い出し

急いで車に乗ろうとすると

目の前に出てきた少女がいた

年齢はだいたい5歳くらい

髪が長くて可愛いワンピースを着ていた

びっくりして固まっていると

たすけて

目の前にいるけど

耳元で言われてると思うくらい

はっきりと聞こえた

nextpage

あおいブーブだよ

○○って名札しているよ

恐らくナンバーだろう

それだけ言って消えてしまった

警察にはなんと言おう…

そんなことを思いながら会社へ。

会社も終わり、その足で警察署へ

洗いざらい話した。

自分がみたということで。

その帰り道、また女の子に会った

ありがとう

パパとママにごめんねって

いってね

そういって消えてしまった

それから何日か経って犯人は逮捕された

nextpage

後日、被害者家族に会った

家族には本当の事と

伝言を伝えた。

信じてもらえないと思っていたが

信じてもらえて、ありがとうと

泣きながら感謝された

それ以降女の子はみていない

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
67020
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

ガラさん
コメントありがとうございます。
この世の終わりかと思いました笑

犯人捕まって良かった、でも轢いたと思った時はとっぽさん怖かったでしょう。