短編1
  • 表示切替
  • 使い方

ぼくの人生

7月1日

すごく暑い

夜にもかかわらずすごく暑い

暑いので服を脱いである

・・・

そうそう

俺はゲーマーだ・・・

自分で言うのもなんだが

・・・

すごくゲームが好き

俺は中学三年生

名前はきよし

俺はおととい買ったゲームを

3日寝ないで続けている

流石に眠い

流石にお腹が減った

しかしゲームのためだ

続けよう

やっとの思いでラスボスの前までやって来た

すると・・・

「ご飯よー・・・きよしー・・・あなた3日も食べてないじゃない・・・そろそろご飯食べないと本当に死ぬわよ」

母親の声だ

確かにそうだ

そろそろ飯を食べないと本当に死ぬかもしれない

なので今日はボスの前でご飯を食べることにした

ゲームの電源をきって

脱いであった服を着て

最後に電気をきって食卓へ向かう

・・・ご飯を食べ終えると

俺はすぐさまボスを倒しに向かった

3日続けてやっていたゲーム

とうとうボス戦だ

何度も何度もコンテニューを繰り返して

やっときたボス

ゲームの電源をつけて

ボスを倒そうとした

しかし

「あっ・・・セーブするの忘れた」

Normal
閲覧数コメント怖い
62410
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意