実話/この間行った恐怖の村の話

中編4
  • 表示切替
  • 使い方

実話/この間行った恐怖の村の話

cpp ですが、

個人的に怖かったので

皆さんにも共有させてください。

幽霊の話ではなく、人間が怖いお話です。

☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

蒸し暑いしこの間体験した恐怖話を

書いていく

まあ聞いてくれ

この間就活で山間の村に行ってきたんだがそこはキチガイ村だったんだ。

まず、なぜわざわざそんな田舎に行ったかというと

条件の割に応募者が0で余裕そうだったから。

事務 高卒の条件なんだが 給与25万 土日祝日休み 賞与6か月分 寮費光熱費無料 

かなり良い条件だと思った俺は電車に乗って面接に行った。

朝市で出発し半日後、その村についた。

電車で3時間、そのあとバスを2時間待ってバスでさらに1時間の距離

形態の電波が3Gすら途切れ途切れの受信だった

正直不便だなぁと思いつつ面接の時間までまだ2時間あったので村を徘徊することにした。

歩いているだけで村人が声をかけてくるんだ。

最初は気さくな人が多いんだなぁと微笑ましかった。

しかしすぐにそれが間違いということに気が付く。

何人かの村人が後をつけてきているんだ。

振り向くと数人が白々しく立ち話や草むしりをしている。

しばらく村を歩いていると個人商店があったから、そこにに入ってやり過ごそうとしていたら ババアが店に入ってきた。

店主が 来てるよ と囁いていたので

怖くなって店から飛び出した。

そのあと高校生くらいの男数人がチャリで捜索しているのを見かけ身震いした。

いたか?あっちで見たってよ! と大声で会話をしている。

高確率で自分を探しているんだろう。

なぜか今日自分がそこの村に行くことが村中に知れ渡っているみたいだった。

俺は怖くなって、少し時間は早いけど面接の場所に行くことにした。

施設についた俺は、受付の人にあいさつを済ませ少し早くついてしまったことを告げた。

すると、予定を早めて面接してくれることになった。

融通が利いていいなぁなどとのんきに考えていたがこの後もひどかった。

村がおかしけりゃこの施設も相当おかしかった。

面接の内容はこんな感じ。

nextpage

志望動機や同じ業種の中からどうしてうちを選んだのか?

この村のことは聞いたことがあるのか?

永住するのか?

最初はある程度まともな事を質問してきたから用意しておいた回答を述べた。

すると、受けが良かったのか採用を前提にした話に切り替わった。

ここからが本当にひどい。

まず、村のジジババの介護を村人と協力してやること

両親も村に引っ越させること

財産はどれくらいあるのか?

彼女はいるのか?いるなら別れろ(当然いませんがw)

都会の友達とは縁を切れ

村人で共有できるものは進んで差し出せ

親戚や知り合いに医者はいるか?

などなど

一番ドン引きしたのが 

○○さんって家の娘がいるからそいつと結婚しろ、後で会せてやる

子供はたくさん作れ。みんなで面倒見るから安心しろ

っての

もう頭おかしいとしか言いようがない。

ちなみに娘さんの写真を見せられたんだが

イモトの眉毛を細くしたような女だった。

もちろんノーセンキュー

女のことは適当に保留して

とりあえず良い顔だけして面接を終えた。

帰りに襲撃されたら困るからな。

nextpage

バスを待っているときにババアとかが話しかけてきたんだが、もう面接の話を知っていて寒気がした。

村の話を色々してくれて根はいい人なんだろうがその時は恐怖でしかなかった。

家に帰ったのが11時過ぎ。

疲れて昼過ぎまで寝てから辞退の電話を掛けたんだ。

やっぱりというか、断ったら発狂してね

こんないい村は他にない!

都会だからって馬鹿にしているのか!

結婚するって話の娘に失礼だ!

村に来てみんなに謝罪しろ!

安心して外を歩けると思うな!

など一方的にののしられた。

他に仕事決まったのでって断り方がまずかったのかな?

あと面接で 一発芸とか特技はないのか?って聞かれたから

ディアボロやヨーヨーが得意ですって言ったら

もっと練習して村人を楽しませなさい。 だもん。

もう仕事関係ないじゃんってねwww

全てはジジババの為にみたいな。

履歴書提出しているから今も怖くてたまらんわ。

まだ3日しかたってないし、奴らの精鋭部隊が襲撃してきたらどうしようと思ってる。

電話も、非通知で何度か来てるのが怖い。

無医村だから頭おかしいんだろうか?

診療所があった頃ジジババが大挙して押し寄せて医者の疲弊が酷くて逃げたらしいけど ...

最後に、

わかってる範囲の村人の役割分担 。

ババアは情報収集役

ジジイは監視、尾行

男子高校生 猟犬

娘    子を産む

青年団  精鋭部隊

みんなも、東北に行く時はきをつけてくれ。

終わり

Normal
閲覧数コメント怖い
1,3261
7
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

人間が一番怖いんですよね・・・ほんと。
村にとって人というのは〝個〟ではなく〝塊〟の一部なんでしょうね。