中編2
  • 表示切替
  • 使い方

ボブの復讐

wallpaper:743

俺は永劫の眠りから覚めた。そう俺の一人娘Rが呼び起こしたからだ、俺は黙ったまま、テーブルに近づいた。そこにはなにやら素敵なご馳走があるではないか。

wallpaper:23

僕は目の前にあったスプーンを取りさっそくその異物を口に運ぼうとした。だが少し待て、この光り輝く者はなんだ!そう!玉ねぎ!何やら黒光りしながらやけに浮いていた。嫌々考えるのはよそう。

僕は口の中に運んだ。しばらく吟味した後、すぐに口の中で電気が走った。なんだ!なんだこれは、口の中が、まるで、サソリの尻尾を口にいれおもむろに食べているそんなエマジネーションになるぞ!凄い凄すぎる。脳内で一瞬爆発した。

その最中お口が痛い。なんて痛さだ!ヤバいヤバすぎる。やがて口の回りにも伝染し、このままでは死ぬ。

僕は防衛本能なのか分からないが凄い額に汗を掻いていた。すると目に入ったのは右にある茶色いオアシス僕はすぐさま一滴残らず飲み干した。

だが、お口のヒリヒリが止まらない。若干半泣きになりながらふと前に顔をやると、

wallpaper:532

凄い形相しながらRがこちらをじっと見ている。俺は静かに顔を伏せた。スプーンを手に取り二回目の戦いが始まった。口に運び一噛みで飲み込んだ。しまった。オアシスがない。俺は必死に耐えたが次はお腹が痛くなった。これはまじでヤバい。

ふと上目遣いで異物をプスプス刺しながら見ると、Rがやけにさっきより近い距離にいた。僕はすぐさま目をそらし逃げられない。そう覚悟を決めた。

僕は何回かこの異物は食べたことがある、辛いと感じたのも何回かある。でも、この世にこの世界にそんな庶民的な辛さを越えるのは沢山あるはず、だが人生一度もこんなにも辛いと思ったのは初めてだ。すみません今までの辛いと言ってきた。

食材に土下座します。誠にすみません。今僕はエジプトにいます。目の前にいるのはRの顔した、エジプトのボブです。怖い怖すぎる。そして本当に辛い。僕は最後の手に走った。これ残しといて、後で食べるからと言いながらボブに目をやった。ボブは口にタバコ5本くわえながらにかっと笑っていたが目が笑っていない。僕は床にはいり虚ろな目をしながらお母さまに回そうと心に決めた。

かろうじの気力を絞りヨシケイの献立を見ると、ビーフカレー。「辛さはお好みで変えれます♥」嗚呼この時確信した。ボブは俺に殺意をちらつかせいたんだと。皆さんはこんなにも辛い者食べた事ありますか?ハバネロ軽く越えています

Normal
閲覧数コメント怖い
8628
3
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意

紫さん

俺とか僕とか紛らわしくてごめんなさい。
紫さんもヨシケイのカレーどうすか?

こんばんは♪紫です(*^-^*)

一人称が、俺だったり僕だったりで少し分かりづらかったです(・_・、)

私は辛いのが苦手で、カレーはバーモントの甘口でいつも作るのでとても無理ですねww
食べてみたいとも思いませんww

aoiさん

なるほど、実に興味深い物ですがもう辛い物はこりごりです。

妹というものが、カレーというものがいままでで一番怖かったです。

ご存じかも知れませんが世界には凄い物があります。
その名は「ブレア氏の午前シリーズ」なるものです。
このシリーズ午前2時から6時まであるのですが
ブレア氏の午前6時は調味料ではなく一種の科学兵器らしく
タバスコの8000倍、ハバネロの53.3倍辛いとの事。
10リットルの水に1滴落とすだけで激辛スープの出来上がり~♪との事。

辛いもの好きな私にとって何気に興味をそそられるものです。

人生的に怖い話さんコメント返信ありがとうございます。
ハバネロなら私は、普通に食べれますよ(笑)
デスソースは二口目で死にかけましたね。
そのデスソースより辛いとなると、物凄く辛いようですね。
それは、食べてみたく無いですね····

Noinさん

コメントありがとうございます。
俺は、今まで辛いと思っていたものをあのセイキョウのカレーによって変えられました

あれは本当に辛かった。
ハバネロ知ってますか?

あれを本当に超えていますよ。
最近、デスソースとか売ってるじゃないですか。
あれよりも辛く感じました。

人生的に怖い話さん初めまして。
私は、辛いもの好きなので
一度食べてみたいと思う気持ちと、
食べたくないと言うか気持ちが
今心の中でごっちゃになっています。
にしても辛味で殺人ですか、凄いこと思い付きますねw
自分も見習いたいものです。