中編2
  • 表示切替
  • 使い方

終電

wallpaper:52

music:4

とある県、俺は、残業を終え、時間は0時を周り、駅へ向かった。

『やっベー、電車ねーじゃん。しょうがない、タクシーで帰るか〜。』

その時は、もう終電から20分は、経っていて、電車があるわけないのでタクシー乗り場に向かおうとした。

wallpaper:55

sound:18

その時だった。アナウンスは、ならなかったんだけど、電車が走って来て、停車したのだ。

俺は、延長したのかと思い、慌てて電車に駆け込んだ。

『プルルル…』の合図で電車は、動く。

wallpaper:166

nextpage

sound:38

『あれ??』

この電車、違和感がある。なんていゆうか、人が居ないのに、人に見られてる感じがするのだ。

俺は、気味が悪く、隣の車両へ移った。

数分後、電車は、次の駅へ近づくが止まる気配がなく通過した。

俺は、降りる駅でもないので、気にも止めなかったが、降りる駅に近づいたのに、またしても、止まる気配がない。

俺は、ふと思った。まさか、回送に乗ったのではないかと。

music:6

運転手の所へ行き、文句を言おうかと、前に行った。そこには、電車が動いてるのに、運転手がいない。

『この電車、誰が運転してるんだ??』

おかしい。俺は、他に誰かいないか最後尾まで探した。が、猫一匹いない。見られてる感じがあるのに。

sound:18

nextpage

もう一度みようと戻ろうとした時、人が、座っていた。

『あれ??』さっきまでいなかったのにまるで、さっきから、座っていたような。

よく見ると、

wallpaper:9

血を流してこちらを向く女性がいた。俺は、とっさに、『大丈夫ですか?』と聞く。が、返事はない。ずっとこちらを見ている。俺は、怖くなり再び、運転席に向かった。後ろから、足跡がコツコツ、、、運転手が来たと思い、後ろに振り返った。

music:6

なんと、さっき座っていた女性がいたのだ。歩く音がするのに足が浮いてる、この世の者じゃない。

どんどん、近づいてくる。

shake

『うわああああーーーーー。』

意識が遠くなっていった。

wallpaper:51

music:3

sound:1

『お客さん!こんな所で寝ると風邪引くよ⁈』

どうやら、駅で寝てたらしい。

俺は、仕事に行く気になれずにタクシーで帰った。

『あんた、昨日、駅がしまってるのに、2人で慌てて入ってどうしたんだい?』

何言ってるんだ、このおじさん。

Normal
閲覧数コメント怖い
6652
2
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意