うしろのしょうめんだあれ

短編1
  • 表示切替
  • 使い方

うしろのしょうめんだあれ

music:4

俺は、10年ぶりに美咲と、再会した。

『だいちゃん見ないうちに、かっこ良くなったね。』

『そうかあ〜、お前も、随分可愛くなったんじゃね?』

俺たちは、思い出ばかり語り合った。

『そういえば、あつしは、今なにしてんだ?』

『…………。実は、………、』

美咲は、急に、怖い顔しながら話した。

7年前、この地域で、あるものが流行ったのだ。

男達がカゴの中に入り、女の子が周りに並びかごめ〜かごめ〜を歌ってうしろのしょうめんだあれとなったら、後ろに振り向くとキスされるとゆーゲームをやってたらしく、男は、7人女の子は、6人でやっていて、

この場合だと、男は1人だけ、残念な気持ちになるはずなのだが終わった後、あつしの悲鳴と共に、いなくなってたらしく、翌日、学校を不登校になり、うちには帰らず、行方不明となったという。

『そうか……。』

『あっ、私帰らなきゃ行けないからまた明日ね‼︎』

俺は、美咲と別れてあつしの事を考えてた。

『あいつ、どこに行ったんだろ!しょーもないゲームなんかして消えるなんて。なにがうしろのしょうめんだあれだっ!!』

sound:39

女性の悲鳴が響いた。

『美咲⁈』

music:2

俺は、美咲を探した。

木陰の先に、美咲はいた。

『美咲⁇どうした?』

『あっあれ!』

wallpaper:726

〜うしろのしょうめんだあれ〜

いきなり後ろから声がし、振り返った。

wallpaper:726

music:3

言わなきゃよかった。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
6161
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

想像したらぞっとしてしまいました。。
なにを見たんでしょうか。。