短編1
  • 表示切替
  • 使い方

何者でも無き者(前編)

憑き物回収の仕事の帰り、飛行機に乗ろうとしたときの出来事。

右手に回収対象の狐面、左手にショルダーバッグ(日帰りでしたので)持って、

飛行機に乗ろうとしたら、見事に税関に止められたNoinです。

(税関に止められた話は無視してください)

今回の話はまた地元の話です。

因みに、前作を読んで下さった方が分かりやすいと思います····

※※※

私は、今日も森の中を探検していた。

あの道を見つけて今年で丁度、10年目だ。

つまり、10年間毎日欠かさず森の中を探検した事になる。

そして今日、またあの道を見つけた。

獣道でも、人が作った道でも無い。

でも、少し違った。

木が切られていないのだ。

あの道は木も綺麗に無くなっていたが、

この道は、木だけが残っていた。

まあ私は、その道を進むことにした。

進み初め早10分、その道は洞窟に繋がっていた。

···続く···

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
54940
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

鎮魂歌さんコメントありがとうございます。
考察等は、全然していっても構わないですよ。

こんばんは。
税関…リアルでフラグ回収お疲れさまでした。

前回とは違う道…、
別の世界に繋がってしまったのでしょうか。

今回は“序章”と言う事で、
考察は控えて大人しく続きを楽しみにさせて頂きます。

狐面は被りたいけど、被らない方が安全で良いです。
見えてしまうと、寄って来るかも知れませんからね。

人生的に怖い話さん、コメントありがとうございます。
前作を見てくれた方が
分かりやすいというだけですので、
見ていない人にも分かりやすく書いていこうと思っています。
人生的に怖い話さんの書く作品は私も好きですから、
これからも怖い話、よろしくお願いします。

前作見てないからあまり分からないが、面白そうだからこれからもみようと思う。
頑張ってください。