中編2
  • 表示切替
  • 使い方

「あ〜そ〜ぼ!」

(ピンポーン、ピンポーン)

インターホンが鳴り響く。

nextpage

「カズノリく〜ん!あ〜そ〜ぼ!」

玄関の扉の前でそんな声が聞こえた。

nextpage

…これで一体何日目だ?

そろそろ5日間連続で俺の家にきてるんじゃないのか。

さすがにこれは気が滅入る。

そう思った俺は、

nextpage

「なぁ、今日俺、遊べないんだ。

用事があるからな。」

玄関ごしに少し強めに言った。

nextpage

これはもちろん嘘。

用事なんて本当はない。

nextpage

しかし、そう言うと決まって、

「え〜。じゃあ、仕方ないな〜。また明日来るね〜。」

と、何処かへ去って行くのは彼らしい。

nextpage

ふぅ…。

俺は一つため息をつく。

そして、すぐさま自分の部屋に戻り、布団をかぶった。

nextpage

こんなこと…こんなことはありえない。

nextpage

だってあいつは…

nextpage

6日前に交通事故で死んだ筈なんだから。

nextpage

(ピンポーン、ピンポーン)

nextpage

「ひっ⁉︎」

nextpage

まさか…。

nextpage

「カズノリく〜ん!あ〜そ〜ぼ!」

nextpage

やっぱり…。

遊ぶのさっき断ったばかりじゃないか。

nextpage

「カズノリくん。僕は悲しいよー。だって嘘ついてるんだもんー。」

nextpage

嘘?なんでそんかことが分かるんだよ。

nextpage

「だって、カズノリくん今。お布団の中にもぐってるでしょ?それのどこが用事なの?」

nextpage

全部バレてる…⁉︎俺はとてつもない恐怖を感じた。

nextpage

「だからー。早くあそぼ〜よ!」

nextpage

嫌だ。

nextpage

「カズノリく〜ん!」

nextpage

嫌だ!

nextpage

「あ〜そ〜ぼ!」

nextpage

嫌だ‼︎

nextpage

「じゃあ、お邪魔しまーす!」

nextpage

…今なんて⁉︎

俺はすぐさま布団から飛び出した。

すると、

nextpage

「ほら。お布団もぐってた。」

nextpage

目の前には、どこから入ったのかは知らないが、体の半分を失くした1人の少年の姿が…。

nextpage

「カズノリクン!ア〜ソ〜ボ!」

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
1,00417
9
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

カフェオレさん
怖いありがとうございます

闇神楽さん
怖いありがとうございます

rumiさん
怖いありがとうございます

あきらさん。
コメントありがとうございます。

その発想はなかったですw
いや…想像したらなんかグロいような…

ベアトさん。
怖い&コメントありがとうございます。

まぁ、そうなりますねw

無くなった体を牛肉とホルモンで作ってあげたら成仏しますよ

体半分なくなってる…。
よほど酷い交通事故だったんですね。

アイスクリームさん。
コメントありがとうございます。

あははw
中々強気にいきますね〜w

私にはそんな勇気ありませんよ^^;

ガラさん。
怖い&コメントありがとうございます。

実際こんな場面に立ち会ったらと想像すると…怖いですよね^^;

GENERATIONS102さん。
怖いありがとうございます。

AokiMinoさん
怖いありがとうございます。

怖!!こんなことされたくねぇぇー!!(。>д<)

aoiさん。
怖い&コメントありがとうございます。

この話は、一応
「6日前、カズノリくんの家に遊びに行っている道中、交通事故で死亡」
と、設定してます。

よって死んでいるとは知らずに、ずっとカズノリくんの家に遊びに来ている。

そう解釈してもいいし、

死んでしまった事には気づいているが、1人は寂しいから、カズノリくんを道連れにしようとしている。

こう解釈してもらってもかまいません。

Noinさん。
怖い&コメントありがとうございます。

跳ねたんですかw
そんな人は初めて聞きましたよw

自分が死んでいるのが判らないのか判っていて
やってきているのか・・・
後者ならカズノリくんを道連れにしたいのか・・・
恐ろしい事で・・・

ヤバい。
読んでて最後、
マジで跳ねちゃった·····
恥ずかしい