短編2
  • 表示切替
  • 使い方

付き纏うなよ!

俺には先日別れた彼女がいた。

そんな彼女が最近ストーカーするようになってしまった。

nextpage

毎日、毎日。俺の家まで着いてきて。

朝も俺の家の前にいる。

気持ち悪い。

俺はいつもそう思っていた。

その日も朝から仕事で家を出た、すると彼女は電柱の影から俺を見ていた。

nextpage

ため息がでる。

毎日彼女はあんな風にして俺を監視している。いつものように歩いて出勤した。

nextpage

夜、仕事が終わり会社の外へと出るとまた彼女がいた。今日も笑っている。

流石に我慢の限界になった俺は、

「もう付き纏うなよ。」

少しキツ目にいってやった。すると、彼女は笑う。本当に気持ちが悪い。

nextpage

急ぎ足で家に帰る。家に着くと鍵を厳重に閉めた。俺はそのあと風呂、夕飯を済ませリビングでボーっとしていた。

すると...

nextpage

トンットンッ...

sound:14

玄関のドアが叩かれる。

「私だよー?あーけーてー?」

不気味に彼女は言う。俺は寝ていると思わせるため静かに帰るのを待っていた。

nextpage

ドンッドンッ...

sound:14

「あーけーてーよー!ねぇーねぇー!」

次第にドアを叩く音は激しくなる。

ドンッドンッドンッドンッ‼︎‼︎‼︎

sound:14

ガチャガチャガチャガチャ‼︎‼︎‼︎

入ろうとしている...怖い。

しばらくして、ドアを叩く音などは消えて帰ったんだな、と安心した。

が、

nextpage

ガチャ

sound:26

ドアが、開いたのだ。怖くなって俺は動けなくなっていた。するといつの間にか彼女は後ろにいた。俺は怖くなり叫んだ。

「付き纏うなよ!」

nextpage

「ずっと、一緒なんだから、ね?」

nextpage

そのあと彼は遺体で発見された。不可解だった。何故なら犯人は先日に自殺していた女だったからだ。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
5862
3
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

スミマセン。
「やっで」じゃなくて「やっとで」
でした

最後まで読んでやっで意味が分かりました。