中編3
  • 表示切替
  • 使い方

救いを求めても(後)

それから、数日間誰かが酷い目に会うことは無かった。

いや、彼の苛めは続いていた。

つまり、彼はまだ酷い目にあっていた。

それから数日後、

苛めの主犯が行方不明になった。

捜索願い等は何故か出されなかったからなのか、

事件にはならなかった。だが、

苛めッ子達が次々不幸な目に会うから、

「青年が彼等に呪いを掛けた。」

と言う噂が立ち始めた。

だが、それは違った。

何故なら次の犠牲者が、

青年を気にかけている彼女だったから。

彼女が青年を気にかけている事は殆どの人が知っていた。

だからこそなのか、彼の苛めが無くなった。

それども、いや、それどころか被害者は増えた。

苛めに加担してた人だけじゃなく、

苛めを見て見ぬふりをしている人も不幸な目に会った。

私はまたしても彼に聞いてみた

私「本当に彼等に呪い等を掛けてないんだな」

青年「掛けてない。」

私「本当に?君が知らない所で・」

青年「知らない!そもそも、

何で僕がこんな目に会わなきゃいけない。僕は何も知らない!」

私「そう、分かったよ。」

それからも不幸な目に会う人は増え続けた。

私「君が彼等に呪い等を掛けたのか?」

彼女「私?じゃあ何故私は怪我をしているの」

私「そりゃそうか。」

それから、数日後。

最後の被害者は青年自身だった。

彼は夜道を歩いてる時、車に轢かれ、体の半分を失った。

青年「惨めだろ。皆を呪った張本人がこんな姿になるなんて。」

私「君は誰も呪ってないだろ」

青年「僕が呪って無いなら誰がこんな事をやったんだよ」

私「じゃあ、彼女はなんだ。無関係だぞ。いや、君を助けようとしてた。」

青年「・・・・・・」

私「分かったよ。」

私は病室を出た。

その際、彼が何か言おうとしてたが、私は振り返らなかった。

そして、彼が学校に来ることもなかった。

···········

それから、数年後

私「彼はどうなったの?」

彼女「さあね、居なくなったから。」

私「居なくなった?」

彼女「自殺よ」

私「そう。」

彼女「バカよね。彼がやった事じゃないのに。

彼は被害者側なのに。」

私「でも、これで良かったんだ。

もし、彼が生きてたら、罪悪感に押し潰されてた。」

彼女「でもっ!」

私「それでいいんだ!。彼は自分の意思で死んでいった。

彼の意思を尊重してやろう」

こんな事を言ったが

私は彼を救えたのに救わなかったという事ばかり考えていた。

私「お前が救いを求めても誰もお前を救えない。」

彼女「なにそれ?」

私「昔見た映画の台詞。でもこれは、間違いだよな。」

彼女「どうして?」

私「君は私に、彼を助けて、と言ったろう。」

彼女「ええ、それが。」

私「その時点で彼を助けていればこんな事には、

ならなかった。」

彼女「それでも、助けられなかったら?」

私「どっちにしろこんな惨事にはならなかった。」

彼女「そうね·····」

私「彼の墓ってどこにあるの」

彼女「すぐ近くよ。なに、墓参りにでも行くの?」

私「まあね、」

私達は彼の墓へと向かった。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
73212
4
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

Diablo616さん、怖い&コメントありがとうございます。
呪いの原因って分からない事だらけですよ。

深い話でしたね。たまにはこういう風に考えさせられる話もいいと思います。結局、何が原因で周りに被害が及んだのかも謎なんですね...。

鎮魂歌さん、怖い&コメントありがとうございます。
実際はこんな事だらけですよ。
たしかに悲しい結末かもしれませんが
それが普通でも有りますから。

aoiさん、怖い&コメントありがとうございます。
奇妙な事でもないですよ。
そう望んだからそうなった、だけです多分。

最後に被害者が自分…と言う事は、
やはり自責の念から自分を呪ってしまったのか、
或いは呪いが返ってきたのか……、
いずれにしても悲しい結末ですね………。

呪いの主が誰であったにしても、
苛められていた側が自責の念に駆られてしまうとは…。
良い人や努力した人、苦労した人が報われるとは限らないのが
現実ですからね。
この世界の厳しさを痛感させられます。

青年が図らずとも呪いをかけたなら「人を呪わば穴2」自分に呪いが返って
来たと言う事でしょうね。
彼女が呪いをかけていたなら呪いの返しが小さいような・・・
偶然がたまたま重なっただけだとするなら凄い確率ですよね

何となく奇妙な事ですよね・・・

ガラさん、コメントありがとうございます。
余談ですが、私はハッピーエンドは苦手です。
嫌いと言う訳では無いのですが、苦手です。
言いたい事は分かりますよね·····

青年は死んでしまったんですね、、、

あきらさん、コメントありがとうございます。
故意に呪った訳ではないですよ。(多分)

ちゃあちゃんさん、怖い&コメントありがとうございます。
それもあると思いますが
結局の所、分からないんですよね。

いじめられていた人は故意に呪ったわけではないって事ですか?
あと、イジメはだーめ(´Д` )

呪いと願いは紙一重。
「自分を苛める人がいなくなりますように」と願うのが呪いへと変わったのか…