崩れた空き家と危険な遊び Part3 〜山の噂と山の空き家〜

短編2
  • 表示切替
  • 使い方

崩れた空き家と危険な遊び Part3 〜山の噂と山の空き家〜

前回のあらすじ

ーーーーーーー

前回雅は僕を助けて地下室から出た。

地下室から出て秘密基地に戻って数分後に僕の意識が戻った。

僕は雅に女の人がこっちに向かって満面の笑みで声も無いに追いかけて来たことを話した。

そこには女はいなかったが声は聞こえたと言う。

おかしい、そんな奴はいなかった…。

と言うことはもしかして…。

長谷川「雅!こうじは!?逃げるぞ!!」

予想通り、こうじの言う女がものすごい形相でこちらに走ってきていた。

ーーーーーーー

僕「やばいやばいやばい!!あの女だ!!!急げ!!逃げるぞ!!」

そして僕たちはすぐさま逃げた。

逃げて逃げて逃げまくった。

気がつくと山から少し遠い学校の付近にいた。

雅「はぁ…はぁ…逃げ切った…のか?」

僕たちは走った後自転車に乗り換えてペダルをこぎまくっていたのでもう疲れ切ってしまっていた。

とりあえずその学校の図書館に行って休むことにした。

それぞれ飲み物を買い、椅子に座ってあれはなんだったのか話し合った。

長谷川「あれなんだったんだろう…。」

僕「それを話し合うためにここに来たんだろ。」

雅「あの防空壕のやつよりやばいことは確かだな。下手したら…殺されるぞ。」

僕・長谷川「うわっ、嫌だわ。」

雅「そんな二人して嫌だわって言われてもなぁ。」

そんな話をしながら数十分後。

宮川「おぉ、おまえらなにやってんだ?」

宮川がきた。

雅・僕・長谷川「おぉ〜、うずき〜!」(僕たちは下の名前で読んでる、これも仮名)

宮川「いいハモりだなw」

僕「ところでうずき、この前話した防空壕のことなんだけど…」

宮川「ごめん、俺ちょっと今塾に遅れそうだからまた今度!」

僕「あ、うん、じゃあね」

僕「……やっぱりまだ根に持ってるのかな………。」

ーーーーーーーー

続く

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
47860
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

Noinさんコメントありがとうございます!

ありがとうございます!w

次回も楽しみにしててください!w

魂歌さんコメントありがとうございます!

心霊スポットとしては僕が言った場所は聞いたこと無い場所ばっかりですね^^;w

でも、なのしれない心霊スポットほど怖いものはありません((((;゚Д゚)))))))

ガラさんコメントありがとうございます!

続き楽しみにしててください!w

面白くなってキタァ!(最初からですが)
続編楽しみに待ってます。

今回も面白い話でしたね。
宮川君の一言も気になりますが、
“防空壕のやつよりヤバい”と言うフレーズに戦慄しました。

私も理系の人間なので、数学と物理学は大好きです。
その反面、既存の数学や物理学では解き明かせない
えんぴつさんが体験されているような不可思議な現象に
挑戦してみたいと言う想いもあります。

しかし…心霊スポットには怖くて近づけません……(涙

続き楽しみにしてます( ^∀^)