中編3
  • 表示切替
  • 使い方

日記

割と最近の話。

正直、まだ心の整理がつかないのと何かあると困るから詳細は省きます。

一応、おおまかな場所を言うと北関東の県のN市です。

暖かくなってきた頃、オカルト大好きな友人と二人で廃墟の遊園地にいったんです。

着いたのはいいけど管理されてて入ることはできませんでした。まあ、友人曰く廃墟巡りにはよくあることだそうです。

私はビビりなので、正直ホッとしてたんですけど、友人はやはりどうしても廃墟を見たいらしく辺りを散策しようと提案してきました。二つ返事でついて行ったのがいま思えば間違いでした。

遊園地のある場所は過疎化が進んだかなりの田舎でした。

かつては団地なんかもあったらしいのですが、今は草木に侵食された家屋が幾つか取り残されている程度です。その家屋も腐敗と老朽化が進んでいてとても入れるようなものはありません。

危険だからと、家屋に侵入しようとする友人を止めながら私は早く帰りたいと、ただそれだけ考えていました。

どれくらい歩いた頃でしょうか。腰ほどまである雑草が茂る中、割りかし造りが新しく綺麗な建物がありました。とはいっても一目で誰も使っていないと分かるレベルです。

友人が嬉しそうに入っていきます。

後ろめたさや不安はありましたが、友人が満足して早く帰れればとおもい、友人の後を追いました。

やはり詳細は省きますが、その建物は住居ではなかったようです。間取りも今思い起こせば異様ですし、土足で入るように造られているようでした。

一番広い間の床にそれは置いてありました。

一冊のキャンパスノート。風化はそれほど進んでおらず、濡れた様子もありません。

友人が躊躇なく手に取り、読みはじめます。

私もなんとなく、ポツンと一冊だけ置かれたそのノートが気になり、横から覗きました。

そのノートの内容を、一部は省きますが載せます。

201※年8月※※日

まちにまった日。

嫌な仕事も邪魔な家族も全部捨ててやった。

これから夢のような日がはじまると思うと、感涙がこみ上げる。

さあ、新しい人生をはじめるぞ。

201※年8月※※日

聞いてかことと違うことが幾つかあった。

それでもみんないい人だ。

多少は目を瞑ろう。

今日は疲れたからゆっくり眠れそうだ。

201※年8月※※日

儀式が前に見たのと違う。

でも感動した。薬は今は落ち着いている。

明日一応5錠ほど売ってもらおうと思う。

・二三ページ破いた跡有。

201※年9月※※日

ここは異常だ。

もう自分に嘘を付くのも辛い。

帰ろうと思う。

ちなみに今日は薬は2錠。

201※年9月※※日

○○○が逃げた。

明らかに錯乱していた様子。

無事に逃げられたといいが。

俺もああなるのだろうか。

・大幅にページを毟った跡有。

201※年9月※※日

だれか助けてくれ。

もうだめだ。自責の念に耐えられない。

逃げる決意は固めた。

201※年9月※※日

脱出失敗。

携帯と財布を没収された。日記は幸いバレず。

△△△は逃げ切れただろうか。

201※年9月※※日

変わり果てた△△△を見た。

これを見た人。関わらないことを勧める。

もはや逃げ切れない。

覚悟は決めた。

流石の友人も青ざめていました。

日記の筆跡は日を経るごとに、乱雑になっていました。

友人が次のページをめくりました。

開きの2ページを使ってそれは書いてありたした。

逃げろ

友人はノートを床に叩きつけ、私の背中を押します。

慌てて私は建物から逃げました。

辺りは薄暗く、日は傾いているころでした。

友人の車まで走り、乗り込みます。

友人が無言で急ぎながらエンジンをかけ、私たちはそこを後にしました。

窓からあの建物を見ます。

私は今も自分の目の良さを呪います。

ハッキリとあの建物の二回の窓から誰かがこちらを見て笑っているのが見えました。

確かに生きた人間です。

廃墟ではなく、ずっと使われているのでしょうか。

私たちが入った時、既に建物にいたのでしょうか。

私たちは見てしまいました。

今は大丈夫ですが、何か起こるのではと今も不安です。

日記の方は無事なのでしょうか。

駄文失礼しました。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
1,0264
4
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意

何を根拠に生きてる人間だと思ったの??

やっぱり生きてる人間が一番怖いっていう一例ですね。

表示
ネタバレ注意