中編4
  • 表示切替
  • 使い方

ゴミだらけ

専門学校行ってた時、

実家から学校は遠すぎて学校の寮に入ったんだ。

3階建ての女子寮。

男子禁制で、寮を管理する人も居ないのに、夜中にこっそり彼氏とか連れこむと、何故か次の日学校にバレてて怒られる。

当時彼氏居なかったから、私には縁のない話だったけど…

でも仲の良い友達もすぐできて寮生活は順風満帆だった。

半年位経って、寮で…ていうか私の住んでる階で異臭騒ぎが起きたの。

騒ぎっても、私の友達が騒ぎ立てたんだけどね。

各部屋にベランダあってね、そのベランダ避難用に他の部屋と繋がってて薄い板一枚で隣とは仕切られててね、

そのベランダで友達が、

「隣のベランダから汚い汁が流れてきてる。しかも臭くて洗濯物干せなくて困ってる!」

って言うから、見にいったの。

確に茶色い汁が隣から流れてきてて、

しかも、くっっさい!

ゴミ捨て場の臭い?ってもんじゃなくて…

息をするのが嫌になる様な臭い…。

とりあえずベランダから身を乗り出して汁が出てきてる隣のベランダみたら、

ベランダいっっぱいゴミだらけ!

これはマズイだろ!って事で速攻隣に怒鳴りこみ。

隣に住んでたのは、

クラスは違ったけど、かなり有名な子で。

体型はかなりスマートでちっこい子。

いつも同じゴスロリ服着てて、顔は手入れをしてない素っぴん。

髪もナチュラルな黒髪で何の施しもなく…

何て言うか…ちょっと痛い子で有名だったの。

しかも、友達でき無いのかクラスでは浮いてたみたいだけど、

彼氏がまた別クラスに居て休み時間は彼氏と超ベッタリ…。昼も弁当広げて、二人の世界まっしぐら。

よく寮に彼氏連れこんで先生に怒られてるの何度か見たし、

ちょっと異端な空気出してる子だった。

そんな子の部屋へ行き

インターホン鳴らしたけど出てこなくて。

そしたらドア越しに、

「何か用なの?」

出てきてって言っても今は無理って言うから、ベランダの事話すと、

「ごめんなさい!片付けるよ!」

素直に謝った。

ちゃんとゴミはゴミ捨て場に捨ててよ?って言って戻ったの。

次の日から悪臭もしなくなって、汁流れてこなくなったみたいで、良かったね!って事で一件落着♪

…何て事にはならなかったんだ。

一週間…一ヶ月と日を追う事に、また問題の子の部屋から異臭はしだし、

更に今度はあの茶色い汁がその子の部屋の玄関から流れでて階下に垂れながしっ

もう臭くって臭くて…(涙)

先生に相談したら、私達と寮の子何人かと先生とでその子の部屋見に行く事になったの。

もうかなり想像を絶した。

問題の子の部屋の扉を開けたら、ムァアッと悪臭。

玄関から、廊下、部屋に至るまで、

ゴミゴミゴミゴミゴミゴミゴミゴミゴミゴミゴミゴミゴミゴミゴミ…

人一人通るのがやっとだった。

ゴミ袋に入れてある物はまだ良くて、

コンビニ袋から溢れ出すゴミ、

お菓子の袋や生ゴミが散乱し、袋にすら入っていないゴミ、

キッチンは若干使える程度でゴミだか食糧だかわからないゴミがあるし、

ゴキは走り回ってるし、

風呂場はカビ?だらけで、至るとこ黒く変色してて、

部屋はベットとテレビの周りが若干片付いてるだけで、衣類や下着は散乱し、

ここゴミの集積所?

ってな感じだった。

至る所から茶色い汁が部屋を汚染し、白い壁にはカビが生え始め…下から斑模様になってて…

人が住んでるとは思えない状況だった。

皆、唖然としちゃって…

すると先生が、

「ゴミはいつからあるの?」

って聞いたら、その子

「ここに来てからです。」

じゃあ、ベランダの一件のあと、ゴミは捨てずに中に入れただけ?

って思ったら、問題の子が、

「ゴミの捨てかた分からなくて…」

もう言葉が浮かばなかった。

そしたら、先生が信じられない事を言い出したの!

「人手あるから、皆で片付けよう!」

もう、皆絶句!

興味本意で来てたのもあったから、まさか、このゴミ山、片付けるなんて!

思いもしなかった…

「片付けなかったら臭いままだし、捨て方分からないっていうんだから、この際皆で教えながらゴミ片付けよう!」

言い方が、ヤケクソに聞こえたのは気のせいだと思うけど、

皆片付けてるとき、

同じ事考えたみたい。

(…本当にここに彼氏を入れたのか…?)

まぁ、それは使い終わったティッシュが物語ったけど…

その後は、ちゃんと片付けなさいって先生にお灸を据えられてたけど、

暫くしたら、また異臭騒ぎ。

その子に

「何でゴミ捨てないの?」

って友達がキレ気味に聞いたら、

「皆にゴミをみられたくない」

だって。

そのやりとりの後、その子一人暮らしは大変だからって、実家から通うようになったの。

引越の際、部屋の片付けは全て業者に任せて。

もう本当に

冗談じゃない一件だった。

怖い話投稿:ホラーテラー すごいよ!マサルさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
29100
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ