短編1
  • 表示切替
  • 使い方

なかったことに

今から20年ぐらい前、小学生のときに体験した話で実話です。あんまり怖くないですけど宜しくお願いします。

nextpage

不思議な体験をしたのは習い事の帰りで、時間は夕方5~6時ぐらいだったと思う。自転車で走ってたんだけど、途中車とバイクが5メートルくらい先で衝突した。

nextpage

バイクがバラバラになって乗っていた人が吹っ飛んだのが見えた。私は怖くなって急ブレーキをかけて止まった。そこは人通りの少ない細い道で、目撃者は私しかいなかった。

nextpage

頭がフリーズして止まっていると、車の中から人が出てきて走ってくるのがわかった。その人はバイクの人に駆け寄ることなくこちらをめがけて走ってきた。私に目撃されたから私に何かしようとしたのだろう。

nextpage

私は怖くなって全速力で自転車を飛ばして逃げた。たぶん1分も経ってなかったと思うけど、前に人が歩いているのが見えて助けを求めた。その人に事情を話すと、とにかく現場へ行こう!となって現場へ行ったが、そこには何もなかった。人どころかバイクの部品すら何一つ見あたらない。

nextpage

子供のいたずらか頭のおかしい子と思われたんだろう、その人は私が必死で説明するのを無視して足早に歩き出した。

私は気味が悪くて急いで家に帰ったが、その後は何事もなく生活している。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
6230
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ