短編1
  • 表示切替
  • 使い方

マスキングテープ

中学の時の話。

友人が自殺した。

クラス内でいじめられていたことは知っていた。

見つけるたびに私が止めに入っていたが、どうやら見えない所で続いていたらしい。

彼女の部屋に残された日記を読み、初めてこの事実を知った。

いじめの内容、加害者のリスト、恨みつらみが日記には書かれていた。

そして日記の最後、恐らく自殺前に書いたであろう文章を見つける。

それは自分の命を代償に人を呪う術についてだった。

まさか、友人はこれを実行したのでは…

 

1.対象の写真を用意する

2.対象の名前の書かれた紙を用意する

3.己の腹を切り、その血で対象の名前を塗りつぶす

 

きっとそうだ。

それならその写真と紙はどこに…

写真…名前…

部屋の本棚の一冊の本が目に止まる。

小学校の卒業アルバムだ。

背表紙が赤い何かで汚れている。恐る恐る、アルバムを手に取り開く。

真っ赤だ。私と彼女が居たクラスのページが全面真っ赤になっている。

なんで…いじめてた人以外も?

そして…私も?

良く見ると盛り上がっている箇所を見つける。何か貼ってある。

…マスキングテープだ。なるほど。

テープを剥がした所にあった名前は、友人の名前だった。

もう一つあるべきテープが見つからない。

私、あんなに相談も乗ったじゃない。なんで…なんで…

 

 

私は友人の名前を赤で塗りつぶし、アルバムを本棚に戻した。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
44500
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ