短編2
  • 表示切替
  • 使い方

腹話術人形

これは私の仕事にまつわる話でございます。

私は腹話術師をやっているんですが、持っている人形は軽く100を越えておりまして。

いまだに増え続けております。そんな中でも私が初めて手にした人形で、今でも私の一番の相棒がおります。

名は『もっくん』、性は男、歳は12くらいでしょうか。

彼が相棒となってから35年が経ちました。ある日ね、しゃべったんですよ。

物を長く大切に使うと命がやどるとか、付喪神になるだとか話を聞いたことがありました。

これはそういうことかな?もっくんにもついに命が宿ったのか。

いやいや、待て待て。最近仕事もキツイ。睡眠時間も少ないし、休みもあまり取れておりません。

疲れが見せる幻覚なのやも・・・他の人にも見てもらいましょう。

試した結果声が聞こえるのは私だけでした。

やっぱりそうか。その翌週から休みを増やしました。

結果的に私の体の不調を気づけたのだから、これはもっくんの優しさだと思っておきましょう。

さぁ、今日から仕事頑張りましょう。

もっくん「おはよう」

・・・おはよう。まだもっくんが話しかけてきます。これは幻覚、これは幻覚、そう言い聞かせます。

もっくん「今日もお仕事頑張ろうね!」

そうだね。

本当に幻覚なのか?私が作り出した妄想ならば、私の知っていることしか話せないはずでしょう。

もっくん。お友達の人形は何人居るの?

もっくん「う~ん。分んない!一杯!」

12歳ならこんなものか。その後も色々聞いたが、確信を得ることは出来ませんでした。

しかし、もっくんに命が宿っている。そう確信を持てる出来ごとがありました。

それは話せるようになったもっくんの最初のステージでした。

さて、じゃ準備しようか。

もっくん「うん!頑張ろう!」

人形に手を通す。すると悲鳴が聞こえてきた。

もっくん「あぁあ!うぎゃああああ!いやい!いたい!ぬいでぇぇええ!」

しかし、手を入れなければ仕事にならない。そのまま最後まで手を入れ眼球と口の動きをチェックしました。

するともっくんはそれから何も言わなくなってしまいました。

これで確信を得ました。もっくんには命が宿っている!いや、宿っていたになるでしょうかね。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
6400
3
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ