中編4
  • 表示切替
  • 使い方

すいません。うちの娘が

music:3

3年ほど前に体験した話である。

当時私は、某ファッション誌のモデルをしていた。

その日は早朝から都内で撮影の仕事が入っていた。

正午過ぎには終わり、暫くモデル仲間との雑談を楽しみ、夕方頃には解散したと思う。

帰りの電車に乗る前に煙草を買おうと思い、足を止めた時の事である。

nextpage

ふいに6、7歳位の女の子が傍に駆け寄ってきたのだ。

「こんにちは」

私は変な子だなと思ったが、一応「こんにちは」と返した。

「何してるんですか」

「何って、煙草買おうとしてるんだけど」

妙に話しかけてくるその子に、つい私はそっけない態度で接していた。

nextpage

私が財布を出し煙草を買い終えるまで、その女の子は「いい天気ですね」「何年生ですか」と、話しかけ続けてきた。

私は適当に答えていた。

私がそこを離れようとすると、その子は「お母さんが呼んでるから来てください」と言って、私の手を引っ張り始めたのだ。

私はいよいよおかしいと感じた。

nextpage

…私に何か用があるとでも言うのだろうか。

何とか誤魔化して帰ろうとしたが、女の子は振り返りもせずに「呼んでますから」と言い続け、私を連れて行こうとするのだ。

私はその執念の様なものに引き摺られるかの様に、女の子の後に付いて行った。

もしかしたら本当に困っているのかもしれない、と思いもした。

nextpage

5分ほど歩くと、少し大きめの公園に到着した。

ブランコやジャングルジム、藤棚やベンチが見える。

夕暮れが近い為か、他に人影は見当たらなかった。

女の子は藤棚の方に私を連れて行った。

その公園の藤棚は、天井の他に側面の2面にも、藤が伸びるようになっていた。

nextpage

恐らく中にはベンチがあるのだろう。

女の子は「お母さん連れてきたよ」と、藤棚の中に向かって呼びかけた。

私からは角度が悪く、そのベンチは見えない。

中を覗きたかったのだが、私の手をしっかり握っている女の子を手を振り解く事は、何だか悪いような気がして出来なかった。

nextpage

「すいません、うちの娘が」

ふと、藤棚の向こうから声がした。

普通の何の変哲もない女の人の声だ。

しかし、その声を聞いた瞬間全身に鳥肌が立ち、何故かヤバいという気持ちになったのだ。

一刻も早く、そこから逃げ出したかった。

nextpage

「わたし、遊んでくる」

唐突に女の子が言い、藤棚のすぐ向こうにあるジャングルジムへ向かって行った。

私はハッと我に返った。

nextpage

「すいません、うちの娘が」

また、あの声がした。

なんの変哲もない声。

今度は鳥肌も立たない。

…気のせいだったのか?

私は意を決して、藤棚の向こう側のベンチが見える場所に、殆ど飛び出すような形で進んだ。

飛び込み様に、ハッとベンチを振り返る。

nextpage

…そこには、少し驚いたような顔をした女性が座っていた。

セミロング丈の黒髪の、30代後半くらいの女性だ。

「すいません、うちの娘が」

彼女は、今度は少し戸惑い気味にそう言った。

nextpage

…なんだ、普通の人じゃないか。

そう思うと急に恥ずかしくなり、私は「いや、いえ、まぁ」などと返すのが精一杯だった。

私はその後、その女の子の母親と軽く世間話をした。

nextpage

天気がどうだの、学校がどうだの…と、どうでも良い話なので省かせて頂く。

母親も言葉は少ないが、普通に話していた。

女の子は藤棚のすぐ隣、私の背後にあるジャングルジムで遊んでいる。

nextpage

そろそろ、日も沈もうかという頃だ。

公園はオレンジ色に染まりつつあった。

私はふと、当初の目的を思い出した。

何故私はここに連れてこられたのか、だ。

そこで「あの、どうして私をここへ…?」と問いかける。

その瞬間だった。

nextpage

「ミノリッ(仮名)!!」

物凄い声で母親が叫んだ。

恐らく、あの女の子の名前だろう。

私はバッと、背後のジャングルジムを振り返る。

nextpage

すると目の前に何かが落ちてきて、鈍い音と何かの砕ける音が足下でした。

ゆっくりと足下に視線を向けると、あの女の子、ミノリという女の子が奇妙に捻じくれて倒れていた。

nextpage

身体は俯せなのに、顔は空を向いている。

見開いた目は動かない。

オレンジ色の地面に赤い血がじわじわ広がっていくのを、私は呆然と見ていた。

警察、救急車、電話…などの単語が頭の中を飛び交ったが、身体が動かなかったのだ。

nextpage

その時、女の子がピクリと動き何か呟いた。

まだ生きてる!と私は駆け寄り、女の子の声を聞き取ろうとした。

「…かあ…さ…」

お母さんと言ってるのか…?

私は藤棚を振り返る。

nextpage

…が、彼女の母親の姿はそこにはなかった。

そういえば、最初に叫んだ時から母親はここへ駆け寄ってもこない。

助けを呼びに行ったのだろうか。

「お…かあ…」

再び女の子が呟いたので、私はそちらの方を向いた。

nextpage

「大丈夫だから。お母さんが助けを呼んでくれるから」と、そんなことを女の子に言ったような気もする。

しかし、気休めだ。

どう見ても首が折れているようにしか見えなかった。

nextpage

私は、今ここにいない彼女の母親に怒りを覚えた。

「おか…さんが……よんで…か…」

女の子はまだ呟く。

…おかあさんが呼んでるから?

私は上の、ジャングルジムを見上げた。

nextpage

そこには、さっきの母親がぶら下がっていた。

濁った目、突き出た舌…あまり書きたくない。

死人の顔だ。

そして、母親の外れた顎がぐりっと動き

「すいません。うちの娘が」

nextpage

その後の事は覚えていない。

きっと気を失ったのだと思う。

私は気付くと夜の公園で呆けていた。

そのジャングルジムは、その後取り壊されたと記憶している。

Normal
閲覧数コメント怖い
1,2760
8
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ