短編1
  • 表示切替
  • 使い方

四面楚歌

僕の周りは、敵だらけ。

味方なんて、いやしない。

欲しいなんても、思わない。

【周りと同じにされたくない。】

nextpage

ある日、僕はこう聞いた。

「どうして、人を殺してはいけないの?」

あの人はこう答えた。

nextpage

「…殺してはいけない?そんなの誰かが勝手に決めたルールじゃない。殺したかった

ら、殺したらいいじゃないの。」

nextpage

僕はひどく納得した。

そうか!確かにそうだ!ありがとう。

nextpage

「…ドス。グチャ…バタンっ…」

「ひっ…助け…ドスっ」

「…ぽタ…ポタ…ポた」

nextpage

僕の周りは、敵だらけ。

全身真っ赤な、敵だらけ。

味方なんて、いやしない。

【周りと同じにされたくない。】

nextpage

【僕と同じにされたくない。】

nextpage

かなりの時間が経った頃だろうか。

何かのサイレンの音が耳に障る。

…そうだ。あの人も殺さないと…。

僕は鏡の前まで歩いて、目の前に立つ。

そこには、全身真っ赤な【敵】が…。

nextpage

「…バイバイ」

僕は手に持っていたナイフを首筋にあてた。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
6285
3
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

サワノクラクラリさん
怖いありがとうございます

ベアトさん
怖いありがとうございます

はなさん
怖いありがとうございます

ちゃあちゃんさん
コメントありがとうございます

味方が誰1人いない、自分でさえ敵としている【僕】。
その心境はどんなものなんでしょうか…