中編4
  • 表示切替
  • 使い方

嗤う母

wallpaper:740

友人が体験した話でございます。

nextpage

私はお母さんが嫌いです。

お母さんも私の事が嫌いだと思います。

本当のお母さんじゃないから、私の事が嫌いなんだと思います。

nextpage

「いつからお母さんが嫌いなの?」

「いつからだろう、わからない。本当のお母さんは私が5歳の頃に亡くなったの。それから一年位して新しいお母さんがきて....」

どうしてお母さんが嫌いなのか思い出せない。いつからなんだろう...

nextpage

「お母さんから何かされたの?いじめとか?」

「....うーん。いじめられたような、何もされてないような。」

思い出せない...

私は今も実家暮らしでお母さんとお父さんと妹と住んでいる。

妹は新しいお母さんの子供だから、お母さんに溺愛されている。

nextpage

「妹とは仲良いの?妹と比べられたりするの?」

「妹とは仲良いよ。比べられたりとかは無いかな。でも、お母さんと二人きりの時はいつも緊張していた。」

「どうしてお母さんと二人きりだと緊張するの?」

「怖いから。」

どうして怖いと思うんだろう...

何故、お母さんが怖いの?どうして...

nextpage

「お母さんに嫌な事されたりしたとか?お母さんはどんなお母さんだったの?」

「嫌な事...嫌な事....され....あ」

嫌な事...嫌な事をされた....思いだした。

私はお母さんに嫌な事をされた。

nextpage

「嫌な事をされた....でもなんだっけ..」

「...何か嫌いな物ある?食べ物とかお化けとか虫とか...」

「虫...?....虫....虫!!ああ!!」

思い出したくない映像がフラッシュバックした。鮮明にあの時の記憶が蘇る。

nextpage

小学三年生の春の晩、私とお母さんは二人で留守番をしていた。妹は塾に行っていて家にはいなかった。

「お母さんーお父さんまだかなー」

「....,,」

「ねぇお母さんーお父さん今日も遅いのかなー」

「.....貴方はお父さんが大好きなのね。」

お母さんは洗い物をしながら答えた。

nextpage

「うん。お父さん大好きだよ。...きゃっ」

リビングの床に小さな蜘蛛がいた。

私は虫が大嫌いで、中でも蜘蛛は特に嫌いだった。

「お母さん!蜘蛛!蜘蛛がいるよ!怖いよ取って取ってっ」

お母さんはただニコニコしながら此方をみているだけだった。

「蜘蛛さんだって、貴方が怖いわよ。」

「やだー怖い怖い!」

私はリビングの端へ逃げた。お母さんは終始笑顔で此方を見るだけ。

nextpage

いつの間にかお母さんがキッチンから消えていた。

「お母さん?お母さんどこいったの?」

声をかけるが返事がない。

テレビをつけて画面の映像をぼんやり見つめる。

「ねぇー、来てちょうだい。凄いものがあるわよー」

お母さんの声がする方向へ耳を傾ける。

どうやらお風呂場にいるよだ。

「なにー?お母さんどうしたの?」

お母さんのいるお風呂場へ向かった。

nextpage

「ほらほらー見てよ、これ。」

お母さんはお風呂場で私に背を向けるように立っていた。なにやら右手に何か持っている。気になり私もお風呂場に入った。

「お母さん、どうしたの?」

「ねぇ、見て!ねぇっ!」

そう言ってお母さんは私の方へ振り向き、何かを此方に向かって投げた。

nextpage

「わっ!...お母さん...なんか...なんか顔に...顔についたよ!なにこれ取って!取ってよ!!!」

「あらら、ごめんなさいね。今取ってあげるから動かないでね。」

その時わたしの顔に何がついているのかわからなかった。硬くて薄い毛のような物が顔の皮膚に当たった。

nextpage

「ねぇ、お母さん!早く取って!取って!お母さん!お母さん!」

「あっはははは...今取ってあげるから....それっ!」

お母さんが棒のような物で私の顔を叩いた。すると....

nextpage

ぶわぁああぁあぁああーっ

私の顔についた物から何かがいっせいに飛び出した。

「わぁああああーー!!!」

私の顔についたものは大きな足長蜘蛛で、

お母さんが叩いた事により蜘蛛の子がいっせいに飛び出したのだ。

nextpage

私は叫んだので口の中に数匹入ってしまった。

「あっはははははははははは」

お母さんは私の顔を見ながら笑い、シャワーの冷水をかけた。

私は大嫌いな蜘蛛が顔についていること 口の中に数匹入ったことにより気絶した。

nextpage

「君のお母さん、怖いね....」

「やっと思いだした....だからお母さんが嫌いなの。」

nextpage

あの時お母さんはとても嬉しそうに笑っていた。

お母さんも私の事嫌いなのかな。

nextpage

<おしまい>

Normal
閲覧数コメント怖い
9446
7
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ
表示
ネタバレ注意

い、嫌過ぎますね! …とくにお風呂のくだりが。
あっはははじゃないですよ、お母さん…。
終始ごきげんな母親が怖かったです。

蜘蛛に噛まれたことはありませんが(と言うか触ったことがありませんが…)そんなに痛いものなんですね。

ちゃあちゃんさん コメントありがとうございます。
蜘蛛に噛まれた事あります 地味に痛かったです。虫でも噛まれると痛いもんですね。

子供の頃の1番苦手なムシは、蜘蛛だったのに、気付いたら、蜘蛛を可愛いと思うようになってました。でも、毒のない蜘蛛でも咬まれると結構痛いので、注意して下さい(;^_^A

表示
ネタバレ注意
表示
ネタバレ注意